今週の注目レース

夏の2歳単勝 函館スプリントステークス(GⅢ)

函館競馬場 1200メートル(芝)別定 3歳以上オープン

出走馬情報

ナムラクレア

牝3歳

調教師:長谷川浩大(栗東)

  • 父:ミッキーアイル
  • 母:サンクイーンⅡ
  • 母の父:Storm Cat
ここに注目!

1200メートルに限れば2戦2勝と無敗を誇る。NHKマイルC、マイルチャンピオンシップとマイルGⅠを2勝した父譲りのスピードを武器に、本馬もここまで活躍を見せている。得意な距離で重賞2勝目を狙う。

メイクデビュー新潟(芝1600メートル)こそ3着に敗れたものの、続くオープン特別・フェニックス賞(小倉・芝1200メートル)を格上挑戦でV。その勢いのまま小倉2歳Sも制覇と、順風満帆な競走生活の船出だった。それ以来、同世代の牝馬トップクラスと切磋琢磨して経験を積み、前走の桜花賞も混戦のなか、勝ち馬スターズオンアースから0秒1差3着の好走を見せた。今回は初めての他世代との対戦になるが、ここまで積み重ねた実績を考えれば、十分渡り合えるはず。現3歳牝馬世代のレベルの高さを証明し、秋のさらなる大舞台に向けて弾みをつけたいところだ。

プルパレイ

牡3歳

調教師:須貝尚介(栗東)

  • 父:イスラボニータ
  • 母:マイジェン
  • 母の父:Fusaichi Pegasus
ここに注目!

今回は初めての1200メートル戦への出走。距離の克服は鍵となるだろう。ただ、叔父のカラヴァッジオはイギリスとアイルランドの芝1200メートルG1を計2勝しており、母系からはこなせる下地はあるといっていいはずだ。

前々走のファルコンSは、中団で脚をため、直線で末脚を爆発。メンバー中2番目に速い上がり3ハロン35秒9(推定)をマークし、2着タイセイディバインに1馬身3/4差をつける完勝だった。それまでも重賞で上位争いを見せていたが、ようやく重賞ウイナーの仲間入りを果たした。前走のNHKマイルCは15着に敗れたものの、GⅠの強敵が相手。また、前々走の内容から距離適性が短めに出てきている可能性もあり、マイルだったことを踏まえれば、ここは見直しが必要だろう。5月25日には栗東坂路で4ハロン53秒0 (ラスト1ハロン11秒9)を計時。中間も順調な調整ぶりを披露している。

ビアンフェ

せん5歳

調教師:中竹和也(栗東)

  • 父:キズナ
  • 母:ルシュクル
  • 母の父:サクラバクシンオー
ここに注目!

連覇がかかる一戦。北海道シリーズの芝1200メートルでは昨年の本レースを含め4戦3勝、2着1回と、洋芝コースに抜群の好相性を見せる。2019年の函館2歳Sも制しており、最も力を発揮できる条件と言っていいだろう。

スタートしてからのダッシュ力は今のスプリント路線でも屈指だろう。前々走のシルクロードSは9着に敗れたものの、勝ち鞍のない左回りだっただけに情状酌量の余地がある。前走のオーシャンSは、8枠14番と外枠だったため先頭を取り切るのに時間がかかったが、その後は約1馬身のリードを保って直線へ。最後まで粘りを見せて3着を確保し、あらためて重賞でも上位争いできる地力を証明した。1日には栗東坂路で4ハロン51秒1(ラスト1ハロン12秒4)を一杯に追われてマーク。調教でも持ち前のスピードを見せており、気配は上々だ。

キルロード

せん7歳

調教師:田村康仁(美浦)

  • 父:ロードカナロア
  • 母:キルシュワッサー
  • 母の父:サクラバクシンオー
ここに注目!

様々な条件でレースを経験し、7歳ながら充実期を迎えている1頭だ。今回は2歳時以来の洋芝コースへの出走となるが、当時も2戦して2着2回と連対率100パーセント。重賞初制覇のチャンスと言えそうだ。

前走の高松宮記念はスタートから流れに乗って、道中は3、4番手を追走。菊沢一樹騎手の手が動きながら直線に向いたが、最後まで粘り腰を見せ、ゴール前横並びの大激戦に加わって3着に好走した。レースの前半600メートル通過タイムが33秒4という速い流れのなか、先行策から上位争いに加わった点は高く評価していいはずだ。実際、後方で脚をためたナランフレグ(1着)が突き抜けたように、決して展開に恵まれての3着ではなく、17番人気の低評価を覆しての激走だった。初めてのGⅠ挑戦で強敵を相手に高い能力を証明しており、GⅢのメンバーならさらに前進があってもいいだろう。

ヴェントヴォーチェ

牡5歳

調教師:牧浦充徳(栗東)

  • 父:タートルボウル
  • 母:ランウェイスナップ
  • 母の父:Distant View
ここに注目!

今回がデビュー10戦目と経験は浅いが、5勝をマーク。9戦全てで5着以内を確保しているように、堅実に自身の力を発揮することができる。相手なりに走れるタイプなので、初めての重賞挑戦でも気後れはないはずだ。

オープンクラス初勝利となった前走の春雷S(リステッド・中山・芝1200メートル)は、2着タイセイビジョンに3馬身差をつけ、走破時計の1分06秒8も優秀。55キログラムのハンデは2着馬より2キログラム軽かったとはいえ、完勝と言える内容で、成長を感じさせるレースぶりだった。今回は初めての重賞挑戦となるが、勢いに乗って臨める点は好材料で、函館・芝1200メートルでは1戦1勝と実績も残している。5月25日には栗東坂路で4ハロン51秒9(ラスト1ハロン12秒2)をマークし、併走馬に約1馬身半先着。勢い、舞台、調整過程と万全の出走態勢が整えられている。

シゲルピンクルビー

牝4歳

調教師:渡辺薫彦(栗東)

  • 父:モーリス
  • 母:ムーンライトベイ
  • 母の父:High Chaparral
ここに注目!

半姉シゲルピンクダイヤ(父ダイワメジャー)は桜花賞2着、秋華賞3着など牝馬三冠戦線で活躍。5歳時にも中日新聞杯で3着に好走し、成長力も見せた。前走で3勝目をマークした本馬も、これからの伸びしろを感じさせる。

前走のオープン特別・鞍馬S(中京・芝1200メートル)は好位でレースを進め、直線で抜け出して1馬身1/4差の完勝。1200メートル5戦目で初勝利を挙げた。昨年の本レースは9着に敗れたが、成長を遂げた今なら、また違った結果を得られるはずだ。その昨年は初めての1200メートルということもあってか、それまでより後方の位置取りでの競馬。直線では進路が開かないシーンもあり、決してこの舞台が合わなかったとは言い切れないだろう。デビュー3戦目でフィリーズレビューを制したように素質の高さは疑いようがない。勢いに乗り、重賞2勝目を狙う。

ライトオンキュー

牡7歳

調教師:昆貢(栗東)

  • 父:Shamardal
  • 母:グレイトタイミング
  • 母の父:Raven's Pass
ここに注目!

7歳の夏を迎えたが、長くスプリント界で強敵相手にもまれてきた1頭で、豊富な経験は今回のメンバーに入っても大きな強みとなるだろう。パワーがあるタイプなので、力の要る洋芝コースも合っているはずだ。

前走の高松宮記念は、レースの前半600メートル通過タイムが33秒4というGⅠを考慮しても速いペースのなか、3番手を追走。直線では伸びを見せられず13着でレースを終えたが、勝ち馬から0秒6差と着順ほどは負けておらず、展開が向かなかったことを踏まえれば悲観する内容ではなかったはずだ。休み明けのほうが力を発揮できるタイプで、前走から2か月半ぶりの臨戦過程もなんら問題ないだろう。5日には函館Wコースで5ハロン65秒8(ラスト1ハロン12秒9)をマーク。現地でも順調な調整を見せており、万全の態勢でレースに臨めそうだ。

レイハリア

牝4歳

調教師:田島俊明(美浦)

  • 父:ロードカナロア
  • 母:ライトリーチューン
  • 母の父:マンハッタンカフェ
ここに注目!

昨年は重賞2勝を含む4連勝と破竹の勢いを見せた。父譲りの豊かなスピードを生かすタイプ。今回も同型馬の存在は鍵になりそうだが、実績を考えれば上位争いに加わるだけの能力はあるだろう。

前々走の京阪杯16着、前走の高松宮記念17着と連敗したが、昨夏のキーンランドCでは好スタートから直線で抜け出して、アタマ差のV。後方から脚を伸ばしたエイティーンガールが2着に入ったように、決して展開に恵まれた勝利ではなかった。洋芝への適性の高さは疑いようがなく、函館替わりはプラスに働きそうだ。重馬場の1勝クラス・雪うさぎ賞(新潟・芝1200メートル)で勝ち星を挙げており、馬場コンディションや天気に左右されない点も強みと言える。4日には函館Wコースで5ハロン71秒0(ラスト1ハロン13秒5)を計時し、レースへ向けて順調に調整を行っている。

(山口 大輝)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: