今週の注目レース

葵ステークス(新設重賞)

中京競馬場 1200メートル(芝)別定 3歳オープン

出走馬情報

ウインマーベル

牡3歳

調教師:深山雅史(美浦)

  • 父:アイルハヴアナザー
  • 母:コスモマーベラス
  • 母の父:フジキセキ
ここに注目!

近5走は〔3・1・0・1〕の成績。ブリンカーを着けた5走前からレースぶりが一変した印象だ。メンバー中で唯一の斤量57キログラムを克服できれば、初重賞タイトル獲得のチャンスだ。

初勝利まで6戦を要したが、その後は芝1200メートル戦の福島2歳S(福島)1着、中京2歳S(中京)2着と、オープン特別で勝ち負けを演じた。今年初戦のファルコンS(15着)は直線でスムーズさを欠く場面があり不完全燃焼に終わったが、同じ舞台の橘S(リステッド・中京・芝1400メートル)で反撃V。管理する深山雅史調教師は「思った以上に強い勝ち方でした。1400メートルの距離はギリギリかと思っていましたが、終いまで脚を使ってくれました」と充実ぶりを口にした。関東馬ながら中京コースへは4戦連続の参戦となり、豊富なキャリアを生かして重賞タイトル獲得に挑む。

コラリン

牝3歳

調教師:木村哲也(美浦)

  • 父:ダイワメジャー
  • 母:モルジアナ
  • 母の父:Dubawi
ここに注目!

近2走は1400メートル戦で4着、3着と上位争い。ともに推定上がり3ハロンタイムはメンバー中2位だった。自慢の末脚はここでも通用するはず。2戦2勝の1200メートルへ距離を短縮して重賞初制覇を狙う。

昨年夏に函館で未勝利(芝1200メートル)を勝ち上がり、続くオープン特別・カンナS(中山・芝1200メートル)も連勝。東京・芝1400メートル戦の京王杯2歳S(4着)、クロッカスS(リステッド、3着)もラストは良く伸びていたが、やはり現状のベストは2戦2勝の1200メートル戦だろう。同じ木村哲也厩舎に所属した母モルジアナもダートで挙げた全4勝が1200メートルというスプリンターだった。本馬はデビューから馬体重が少しずつ増えており、前走から4か月ぶりとなる今回はさらに成長が見込めるはず。得意な距離で重賞制覇のチャンスだ。

カイカノキセキ

牝3歳

調教師:池添学(栗東)

  • 父:キンシャサノキセキ
  • 母:カイカヨソウ
  • 母の父:ティンバーカントリー
ここに注目!

2歳時は先行する形で結果を出していたが、前走は後方で脚をためて推定上がり3ハロン最速の末脚で3着に浮上した。脚質に幅が出たのは好材料。芝では初めてとなる左回りに対応できるかがポイントだ。

昨年夏のメイクデビュー札幌(芝1000メートル)は、非凡なスピードを発揮し、56秒9の2歳コースレコードで逃げ切った。続く函館2歳Sは2着、オープン特別・福島2歳S(福島)は5着と芝1200メートルのオープンクラスで活躍。初めてのマイル戦&ダートに挑戦した全日本2歳優駿(JpnⅠ・川崎・ダート1600メートル)は粘り切れず6着に敗れたが、今年初戦のマーガレットS(リステッド・阪神・芝1200メートル)3着であらためて芝短距離への適性を示した。今回は3か月ぶりとなるが、調教では抜群の動きを披露。18日には栗東坂路で自己ベストを2秒以上も短縮する4ハロン51秒1の好時計をマークした。出走態勢は整いそうだ。

ヴィアドロローサ

牡3歳

調教師:安田隆行(栗東)

  • 父:ロードカナロア
  • 母:ロイヤルストリート
  • 母の父:ディープインパクト
ここに注目!

デビューから2連勝でオープン特別・すずらん賞(札幌・芝1200メートル)を制した素質馬。1200メートルの距離では確実に最後の脚を使っており、差しが決まる決着ならゴール前で浮上する。

デビュー3戦目の京王杯2歳Sは出遅れが響いて8着に敗れたが、メンバー中最速の上がり3ハロン33秒5(推定)をマーク。非凡な切れ味は重賞でも通用するはずだ。昨年暮れの朝日杯フューチュリティS(11着)までは美浦所属だったが、その後は栗東の安田隆行厩舎に転厩した。今年出走した2戦は8着、11着に敗れているが、血統的には中京・芝1200メートルへの舞台替わりは好材料。母ロイヤルストリートは芝1200メートルから1600メートル戦で計4勝を挙げたが、2016年には今回と同じ中京・芝1200メートル戦を1分07秒3のコースレコードで制している。本馬もこの舞台で一変するか、注目だ。

カジュフェイス

牡3歳

調教師:森田直行(栗東)

  • 父:エイシンヒカリ
  • 母:タイキアプローズ
  • 母の父:Devil's Bag
ここに注目!

前走は前が残る展開だったが、2番手追走から粘れず最下位(10着)に敗れた。近走は速い時計での決着に苦戦している印象だが、馬場状態次第では反撃可能だろう。オープン特別Vの実績は侮れない。

昨年10月に出走した中京の未勝利(芝1400メートル)は逃げて後続を突き放し、4馬身差の快勝。続くオープン特別・もみじS(阪神・芝1400メートル)も3馬身1/2差をつけて逃げ切った。香港、フランスのG1を押し切ったエイシンヒカリの産駒らしく、父から非凡なスピードを受け継いでいる。前々走のファルコンS(7着)は前半600メートル通過タイム33秒1のハイペースで逃げると、残り200メートル付近まで先頭で粘り見せ場を作った。マイペースで行けないともろい面はあるが、200メートルの距離短縮で自分の形に持ち込めればチャンスもありそうだ。

ジャスパークローネ

牡3歳

調教師:森秀行(栗東)

  • 父:Frosted
  • 母:Fancy Kitten
  • 母の父:Kitten's Joy
ここに注目!

ここまで逃げたレースでは〔2・1・1・1〕の成績。マイル戦だったアーリントンC(18着)以外は崩れていない。前走は速めのペースで引っ張りながら2着に粘った。ここも自分の形に持ち込めるかが鍵になる。

父フロステッドはダート1600メートルから1800メートルのアメリカG1を3勝したが、非凡なスピードを秘める本馬は短距離戦線で活躍。ここまでの2勝はメイクデビュー新潟、1勝クラス(中山)と芝1200メートル戦での逃げ切りだった。10頭立ての10番人気だった前走の橘S(リステッド・中京・芝1400メートル)は、序盤からハイラップを刻んで逃げると、最後までしぶとく粘って2着に好走。勝ち馬ウインマーベルと先頭争いを演じていた1200メートル通過時のタイムは、1分07秒6の好時計だった。ここも前走ぐらいのラップで走り切れれば、十分チャンスはあるはずだ。

ショウナンマッハ

牡3歳

調教師:茶木太樹(栗東)

  • 父:ショウナンカンプ
  • 母:オーバーレイ
  • 母の父:ダイワメジャー
ここに注目!

昨年夏の小倉2歳S(7着)で1番人気に支持された素質馬。2歳時は不完全燃焼のレースが続いたが、今年に入って1着、2着と軌道に乗った。持ち前のスピードはここでも通用するはずだ。

昨年夏のメイクデビュー小倉(芝1200メートル)はスピードの違いで先頭に立ち、持ったままの手応えで3馬身差の快勝。続く小倉2歳Sは1番人気7着、オープン特別・もみじS(阪神・芝1400メートル)も最下位6着に敗れた。前向きな気性から不完全燃焼のレースが続いたが、今年初戦の1勝クラス・萌黄賞(小倉・芝1200メートル)で逃げ切りV。前走のマーガレットS(リステッド・阪神・芝1200メートル)は前半600メートル通過タイム33秒1のハイペースで逃げ、2着に粘った。ペースが速くなったとしても、リズム良く運ぶことができれば簡単には止まらないはずだ。

5月27日(金曜)9時30分

出走取消

(寺下 厚司)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: