今週の注目レース

新潟大賞典(GⅢ)

新潟競馬場 2000メートル(芝・外)ハンデ 4歳以上オープン

データ分析

春の新潟開催における伝統のハンデキャップ重賞

春の新潟開催唯一の重賞が、この新潟大賞典だ。ハンデキャップレースでもあり、予想する際にはさまざまな切り口があるだろう。ここでは、過去10年の結果から、好走馬に共通するポイントを探っていこう。

過去10年で1、2番人気が0勝

過去10年の単勝人気別成績では、1、2番人気が共に0勝ということに注目したい。しかも、2番人気は3着以内が1回だけと、かなりの苦戦傾向にある。その一方で、6番人気以下の3着以内馬が延べ15頭と、伏兵馬の台頭が多い点に注目したい。ハンデ戦だけあって、下位人気馬にもチャンスがある重賞だといえそうだ。〔表1〕

〔表1〕単勝人気別成績(過去10年)
単勝人気 成績 勝率 連対率 3着内率
1番人気 0-2-3-5 0% 20.0% 50.0%
2番人気 0-1-0-9 0% 10.0% 10.0%
3番人気 3-2-0-5 30.0% 50.0% 50.0%
4番人気 0-0-1-9 0% 0% 10.0%
5番人気 3-0-0-7 30.0% 30.0% 30.0%
6〜9番人気 2-2-4-32 5.0% 10.0% 20.0%
10番人気以下 2-3-2-60 3.0% 7.5% 10.4%

前走のクラスに注目

過去10年の前走別成績を見ると、出走馬のほとんどがGⅡ、GⅢ、オープン特別のいずれかに出走していたが、その中でもGⅡ組の3着以内馬が最も多く、3着内率でもGⅢ組やオープン特別組を上回っている。また、GⅠ組も出走数は5頭と少ないながら2頭が連対している。まずは前走で格の高いレースに出走していた馬を上位に評価すべきだろう。その一方で、前走が3勝クラスだった馬も14頭が出走し、5頭が3着以内に入っているが、その5頭はいずれも前走で勝利を挙げていた。条件クラスを勝ち上がってきた馬の勢いも軽視できない。〔表2〕

〔表2〕前走別成績(過去10年)
前走 成績 勝率 連対率 3着内率
GⅠ 1-1-0-3 20.0% 40.0% 40.0%
GⅡ 1-5-3-30 2.6% 15.4% 23.1%
GⅢ 3-2-2-49 5.4% 8.9% 12.5%
オープン特別 3-1-3-36 7.0% 9.3% 16.3%
3勝クラス 2-1-2-9 14.3% 21.4% 35.7%
  • 注記:リステッドはオープン特別に含む

近走の着順にも注目

過去10年の出走馬の近走の成績を調べると、過去3走で3着以内に1回以上入っていた延べ83頭の成績は〔8・7・8・60〕で、3着内率は27.7%となっている。これに対し、過去3走で3着以内に1回も入っていなかった馬は延べ74頭が出走し、3着内率9.5%と劣勢だ。また、勝率と連対率では3着以内の回数が多いほど数値が高くなっている。近走の成績を比較する際は、過去3走での3着以内の回数に注目したい。〔表3〕

〔表3〕過去3走における3着以内の回数別成績(過去10年)
回数 成績 勝率 連対率 3着内率
3回 3-2-2-9 18.8% 31.3% 43.8%
2回 3-2-1-20 11.5% 19.2% 23.1%
1回 2-3-5-31 4.9% 12.2% 24.4%
0回 2-3-2-67 2.7% 6.8% 9.5%
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

過去2走のレース結果、単勝人気は要チェック

2017年以降の優勝馬5頭の過去2走の着順と、勝ち馬とのタイム差、単勝人気を見ると、いずれも過去2走の着順が6着以内、かつ勝ち馬とのタイム差が0秒6差以内だった。さらに、いずれかのレースで2着以内に入った経験も有していた上、前走・前々走共に単勝7番人気以内に支持されていた。今年の出走馬にこれらの条件を満たした馬がいる場合は、大いに注目してみたい。〔表4〕

(河野 道夫)

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表4〕優勝馬の過去2走の成績(過去5年)
年度 優勝馬 前々走の着順(タイム差)、単勝人気 前走の着順(タイム差)、単勝人気
2017年 サンデーウィザード 1着、1番人気 3着(0秒2)、1番人気
2018年 スズカデヴィアス 2着(0秒0)、4番人気 3着(0秒6)、4番人気
2019年 メールドグラース 1着、1番人気 1着、3番人気
2020年 トーセンスーリヤ 3着(0秒1)、6番人気 1着、1番人気
2021年 サンレイポケット 2着(0秒1)、2番人気 6着(0秒2)、7番人気

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: