今週の注目レース

天皇賞(春)(GⅠ)

阪神競馬場 3200メートル(芝外→内)定量 4歳以上オープン

スペシャル出馬表のカスタマイズ

表示する馬(2頭以上)を選択してください すべて表示

    枠・馬番/馬名/調教師名/血統|性齢/毛色/負担重量/騎手名|過去3走成績(前走/前々走/3走前)
    1
    阪神大賞典 2着
    レース
    パドック
    調教
    ステイヤーズS 2着
    レース
    パドック
    調教
    アルゼンチン共和国杯 6着
    レース
    パドック
    調教

    2022年3月20日

    阪神競馬場

    3:05.1

    石橋脩

    56kg
    2着
    オルフェーヴル

    現役時代の成績 21戦12勝

    主な重賞勝利

    2011年 皐月賞、日本ダービー、菊花賞、有馬記念、2012年 宝塚記念、2013年 有馬記念(以上、GⅠ)

    パレスルーマー

    現役時代の主な重賞勝利

    なし

    母の父Royal Anthem

    現役時代の成績 12戦6勝

    主な重賞勝利

    1998年 加・カナディアンインターナショナル、1999年 英・インターナショナルS、2000年 米・ガルフストリームパークターフH(以上、G1)

    出走馬紹介

    長距離重賞にターゲットを絞った近2走で連続の2着。舞台適性の高さに加え、気性面が成長したことも、走りの安定感が増した理由だ。陣営も認める叩き良化型。重賞未勝利でも侮れない。

    調教師上村洋行(栗東)

    本レースの成績

    初出走

    騎手石橋脩(美浦)

    本レースの成績

    8年ぶり3回目

    優勝:1回

    (1・0・0・1)

    2
    早春S 1着
    レース
    パドック
    ウェルカムS 2着
    レース
    パドック
    阿武隈S 11着
    レース
    パドック

    未出走

    ハーツクライ

    現役時代の成績 19戦5勝

    主な重賞勝利

    2005年 有馬記念(GⅠ)、2006年 ア首・ドバイシーマクラシック(G1)

    レツィーナ

    現役時代の主な重賞勝利

    なし

    母の父キャプテンスティーヴ

    現役時代の成績 25戦9勝

    主な重賞勝利

    1999年 米・ハリウッドフューチュリティ、2000年 米・スワップスS、2001年 ア首・ドバイワールドC、米・ドンH(以上、G1)

    出走馬紹介

    レース間隔を適度に空けながら、素質開花を待っていた馬。キャリアも少なく、年齢よりも見た目は若々しい。GⅠ初挑戦で、3000メートル超のレースも初めてだが、未知の魅力にあふれている。

    調教師国枝栄(美浦)

    本レースの成績

    延べ9頭出走

    優勝:1回

    (1・1・1・6)

    騎手C.ルメール(栗東)

    本レースの成績

    8年連続8回目

    優勝:2回

    (2・0・1・4)

    3
    日経賞 11着
    レース
    パドック
    調教
    ステイヤーズS 1着
    レース
    パドック
    調教
    古都S 4着
    レース
    パドック

    2019年10月20日

    京都競馬場

    3:06.3

    横山典弘

    57kg
    4着
    ワークフォース

    現役時代の成績 9戦4勝

    主な重賞勝利

    2010年 仏・凱旋門賞、英ダービー(以上、G1)

    ツクバビューティ

    現役時代の主な重賞勝利

    なし

    母の父ゼンノロブロイ

    現役時代の成績 20戦7勝

    主な重賞勝利

    2004年 天皇賞(秋)、ジャパンカップ、有馬記念(以上、GⅠ)

    出走馬紹介

    格上挑戦で挑んだ昨年末のステイヤーズSで、重賞ウイナーの仲間入り。長距離適性の高さなら、今回のメンバーでも屈指のものがある。展開に左右されやすい面があり、末脚の生きる流れが理想。

    調教師寺島良(栗東)

    本レースの成績

    延べ1頭出走

    優勝:なし

    (0・0・0・1)

    騎手田辺裕信(美浦)

    本レースの成績

    5年ぶり5回目

    優勝:なし

    (0・0・1・3)

    4
    阪神大賞典 5着
    レース
    パドック
    調教
    有馬記念 9着
    レース
    パドック
    調教
    ジャパンカップ 12着
    レース
    パドック
    調教

    2020年3月22日

    阪神競馬場

    3:03.0

    岩田康誠

    56kg
    1着
    キングカメハメハ

    現役時代の成績 8戦7勝

    主な重賞勝利

    2004年 日本ダービー、NHKマイルC(以上、GⅠ)

    ムードインディゴ

    現役時代の主な重賞勝利

    2009年 府中牝馬S(GⅢ)

    母の父ダンスインザダーク

    現役時代の成績 8戦5勝

    主な重賞勝利

    1996年 菊花賞(GⅠ)

    出走馬紹介

    このレースへの挑戦は4年連続。加齢による瞬発力不足も、経験値が生きる長距離戦では、大きなマイナスとはならないはずだ。休み明けの阪神大賞典は5着。ひと叩きの上積みで上位進出も。

    調教師友道康夫(栗東)

    本レースの成績

    延べ12頭出走

    優勝:2回

    (2・2・1・7)

    騎手藤岡佑介(栗東)

    本レースの成績

    2年連続7回目

    優勝:なし

    (0・0・0・6)

    5
    阪神大賞典 4着
    レース
    パドック
    調教
    万葉S 1着
    レース
    パドック
    江坂特別 1着
    レース

    2022年1月5日

    中京競馬場

    3:04.3

    松山弘平

    52kg
    1着
    ゴールドシップ

    現役時代の成績 28戦13勝

    主な重賞勝利

    2012年 皐月賞、菊花賞、有馬記念、2013年 宝塚記念、2014年 宝塚記念、2015年 天皇賞(春)(以上、GⅠ)

    ミリオンウィッシーズ

    現役時代の主な重賞勝利

    なし

    母の父Darshaan

    現役時代の成績 8戦5勝

    主な重賞勝利

    1984年 仏ダービー(G1)

    出走馬紹介

    左回り巧者であることは確かだが、3走前の江坂特別で勝ち鞍をマークし、前走の阪神大賞典でも4着。阪神コースでも評価は下がらない。父ゴールドシップ譲りの豊富なスタミナで頂点を狙う。

    調教師今野貞一(栗東)

    本レースの成績

    初出走

    騎手松山弘平(栗東)

    本レースの成績

    4年ぶり3回目

    優勝:なし

    (0・0・0・2)

    6
    ダイヤモンドS 13着
    レース
    パドック
    有馬記念 15着
    レース
    パドック
    調教
    古都S 1着
    レース
    パドック

    2020年3月22日

    阪神競馬場

    3:03.4

    岩田望来

    53kg
    5着
    オルフェーヴル

    現役時代の成績 21戦12勝

    主な重賞勝利

    2011年 皐月賞、日本ダービー、菊花賞、有馬記念、2012年 宝塚記念、2013年 有馬記念(以上、GⅠ)

    メーヴェ

    現役時代の主な重賞勝利

    なし

    母の父Motivator

    現役時代の成績 7戦4勝

    主な重賞勝利

    2004年 英・レーシングポストトロフィー、2005年 英ダービー(以上、G1)

    出走馬紹介

    350キログラム前後の小さい馬体ながら、スタミナの必要な長距離戦でも頑張る現役屈指のアイドルホース。3勝をマークしている得意の阪神コースで、最軽量でのGⅠ勝ちを目指す。

    調教師森田直行(栗東)

    本レースの成績

    延べ3頭出走

    優勝:なし

    (0・0・0・3)

    騎手岩田望来(栗東)

    本レースの成績

    2年ぶり2回目

    優勝:なし

    (0・0・0・1)

    7
    ダイヤモンドS 1着
    レース
    パドック
    調教
    尼崎S 1着
    レース
    パドック
    兵庫特別 1着
    レース

    未出走

    リオンディーズ

    現役時代の成績 5戦2勝

    主な重賞勝利

    2015年 朝日杯フューチュリティS(GⅠ)

    メイショウオウヒ

    現役時代の主な重賞勝利

    なし

    母の父マンハッタンカフェ

    現役時代の成績 12戦6勝

    主な重賞勝利

    2001年 菊花賞、有馬記念、2002年 天皇賞(春)(以上、GⅠ)

    出走馬紹介

    1勝クラスから破竹の4連勝をマークし、前走のダイヤモンドSで重賞初制覇を達成。初のGⅠ挑戦でも期待のほうが大きい。キャリア5勝のうちの3勝が阪神。コース相性の高さにも注目だ。

    調教師岡田稲男(栗東)

    本レースの成績

    延べ1頭出走

    優勝:なし

    (0・0・0・1)

    騎手菱田裕二(栗東)

    本レースの成績

    初騎乗

    8
    日経賞 4着
    レース
    パドック
    調教
    アメリカジョッキークラブC 7着
    レース
    パドック
    調教
    七夕賞 14着
    レース
    パドック
    調教

    未出走

    ステイゴールド

    現役時代の成績 50戦7勝

    主な重賞勝利

    2001年 香港ヴァーズ(G1)

    ハイアーラヴ

    現役時代の主な重賞勝利

    なし

    母の父Sadler's Wells

    現役時代の成績 11戦6勝

    主な重賞勝利

    1984年 愛2000ギニー、英・エクリプスS、愛・フィニークスチャンピオンS(以上、G1)

    出走馬紹介

    積極策を取った前走の日経賞が、上位と差のない4着。得意の福島でも結果を出せなかった昨シーズンとは、メンタル面に大きな違いが出ているようだ。血統的に長距離戦は大歓迎のはず。

    調教師林徹(美浦)

    本レースの成績

    初出走

    騎手内田博幸(美浦)

    本レースの成績

    2年連続8回目

    優勝:なし

    (0・1・0・6)

    9
    日経賞 3着
    レース
    パドック
    調教
    中山金杯 3着
    レース
    パドック
    調教
    チャレンジC 2着
    レース
    パドック
    調教

    未出走

    キングカメハメハ

    現役時代の成績 8戦7勝

    主な重賞勝利

    2004年 日本ダービー、NHKマイルC(以上、GⅠ)

    マルセリーナ

    現役時代の主な重賞勝利

    2011年 桜花賞(GⅠ)

    母の父ディープインパクト

    現役時代の成績 14戦12勝

    主な重賞勝利

    2005年 皐月賞、日本ダービー、菊花賞、2006年 天皇賞(春)、宝塚記念、ジャパンカップ、有馬記念(以上、GⅠ)

    出走馬紹介

    重賞勝ちこそないが、目黒記念で2着、日経賞では3着と長距離重賞で存在感を示している。天皇賞(春)で2勝、2着2回と好成績を残す友道康夫厩舎の今年のエース格。初距離でも注目だ。

    調教師友道康夫(栗東)

    本レースの成績

    延べ12頭出走

    優勝:2回

    (2・2・1・7)

    騎手池添謙一(栗東)

    本レースの成績

    3年連続15回目

    優勝:なし

    (0・1・2・11)

    10
    阪神大賞典 7着
    レース
    パドック
    調教
    ダイヤモンドS 3着
    レース
    パドック
    調教
    ステイヤーズS 4着
    レース
    パドック
    調教

    2020年3月22日

    阪神競馬場

    3:03.3

    藤岡康太

    55kg
    2着
    ディープインパクト

    現役時代の成績 14戦12勝

    主な重賞勝利

    2005年 皐月賞、日本ダービー、菊花賞、2006年 天皇賞(春)、宝塚記念、ジャパンカップ、有馬記念(以上、GⅠ)

    カンビーナ

    現役時代の主な重賞勝利

    2011年 アメリカンオークス(G1)

    母の父Hawk Wing

    現役時代の成績 12戦5勝

    主な重賞勝利

    2001年 愛ナショナルS、2002年 英・エクリプスS、2003年 英・ロッキンジS(以上、G1)

    出走馬紹介

    一昨年の天皇賞(春)で5着の実績。前走こそ崩れたが、過去の長距離戦では安定して走ってきた。デビュー時からの課題となっているスタートを決め、流れに乗った競馬をしたいところ。

    調教師加藤征弘(美浦)

    本レースの成績

    初出走

    騎手藤岡康太(栗東)

    本レースの成績

    3年連続3回目

    優勝:なし

    (0・0・0・2)

    11
    アメリカジョッキークラブC 2着
    レース
    パドック
    調教
    中日新聞杯 17着
    レース
    パドック
    調教
    福島記念 8着
    レース
    パドック
    調教

    未出走

    ステイゴールド

    現役時代の成績 50戦7勝

    主な重賞勝利

    2001年 香港ヴァーズ(G1)

    マイネテレジア

    現役時代の主な重賞勝利

    なし

    母の父ロージズインメイ

    現役時代の成績 13戦8勝

    主な重賞勝利

    2004年 米・ホイットニーH、2005年 ア首・ドバイワールドC(以上、G1)

    出走馬紹介

    昨年の新潟記念制覇は12番人気、2着だった前走のアメリカジョッキークラブCは11番人気。意外性こそが一番の武器だ。7歳のステイゴールド産駒。初の長距離戦で一発を狙う。

    調教師手塚貴久(美浦)

    本レースの成績

    延べ3頭出走

    優勝:2回

    (2・0・0・1)

    騎手松岡正海(美浦)

    本レースの成績

    10年ぶり6回目

    優勝:1回

    (1・1・0・3)

    12
    日経賞 5着
    レース
    パドック
    調教
    東海S 14着
    レース
    パドック
    調教
    ベテルギウスS 9着
    レース
    パドック

    未出走

    キングカメハメハ

    現役時代の成績 8戦7勝

    主な重賞勝利

    2004年 日本ダービー、NHKマイルC(以上、GⅠ)

    マシュマロ

    現役時代の主な重賞勝利

    なし

    母の父クロフネ

    現役時代の成績 10戦6勝

    主な重賞勝利

    2001年 NHKマイルC、ジャパンカップダート(以上、GⅠ)

    出走馬紹介

    キャリア5勝のうち4勝をダートでマーク。芝の実績では見劣るが、前走の日経賞では5着に健闘した。時計を要する決着なら、芝のレースでも台頭の余地がある。天候のサポートが欲しい。

    調教師国枝栄(美浦)

    本レースの成績

    延べ9頭出走

    優勝:1回

    (1・1・1・6)

    騎手武豊(栗東)

    本レースの成績

    3年連続28回目

    優勝:8回

    (8・6・4・9)

    13
    御堂筋S 3着
    レース
    パドック
    長久手特別 1着
    レース
    パドック
    1勝クラス 1着
    レース

    2020年10月25日

    京都競馬場

    3:06.6

    伊藤工真

    57kg
    6着
    ルーラーシップ

    現役時代の成績 20戦8勝

    主な重賞勝利

    2012年 香・クイーンエリザベスⅡ世C(G1)

    トウカイメガミ

    現役時代の主な重賞勝利

    なし

    母の父サンデーサイレンス

    現役時代の成績 14戦9勝

    主な重賞勝利

    1989年 米・ケンタッキーダービー、米・プリークネスS、米・BCクラシック、米・スーパーダービー、米・サンタアニタダービー、1990年 米・カリフォルニアンS(以上、G1)

    出走馬紹介

    長期離脱が多く、5歳春の段階でキャリアは8戦。順調に出走してくることが最も大事な馬の中4週は、なによりの強調材料と言える。条件クラスからの格上挑戦も、期待の高さの表れと考えたい。

    調教師林徹(美浦)

    本レースの成績

    初出走

    騎手伊藤工真(美浦)

    本レースの成績

    初騎乗

    14
    ダイヤモンドS 4着
    レース
    パドック
    調教
    ステイヤーズS 8着
    レース
    パドック
    調教
    カシオペアS 7着
    レース
    パドック

    2020年10月25日

    京都競馬場

    3:07.1

    岩田康誠

    57kg
    8着
    ノヴェリスト

    現役時代の成績 11戦9勝

    主な重賞勝利

    2012年 伊・ジョッキークラブ大賞、2013年 英・キングジョージⅥ世&クイーンエリザベスS、仏・サンクルー大賞、独・バーデン大賞(以上、G1)

    ランズエッジ

    現役時代の主な重賞勝利

    なし

    母の父ダンスインザダーク

    現役時代の成績 8戦5勝

    主な重賞勝利

    1996年 菊花賞(GⅠ)

    出走馬紹介

    長期休養があった影響で大成はしていないが、3歳春の青葉賞では、オーソリティにクビ差2着の実績も。秘める素質の高さは見逃せない。前走が復調気配を感じる内容。一発の魅力は十分だ。

    調教師友道康夫(栗東)

    本レースの成績

    延べ12頭出走

    優勝:2回

    (2・2・1・7)

    騎手三浦皇成(美浦)

    本レースの成績

    3年ぶり4回目

    優勝:なし

    (0・0・1・2)

    15
    京都記念 2着
    レース
    パドック
    調教
    中山金杯 4着
    レース
    パドック
    アメリカジョッキークラブC 9着
    レース
    パドック
    調教

    2019年10月20日

    京都競馬場

    3:06.6

    田辺裕信

    57kg
    7着
    オルフェーヴル

    現役時代の成績 21戦12勝

    主な重賞勝利

    2011年 皐月賞、日本ダービー、菊花賞、有馬記念、2012年 宝塚記念、2013年 有馬記念(以上、GⅠ)

    タガノレヴェントン

    現役時代の主な重賞勝利

    なし

    母の父キングカメハメハ

    現役時代の成績 8戦7勝

    主な重賞勝利

    2004年 日本ダービー、NHKマイルC(以上、GⅠ)

    出走馬紹介

    折り合い面に課題はあるものの、古馬のGⅡで2度の2着があるなど、確かな地力を持っている馬。一昨年の万葉Sを3馬身半差で完勝。ステイヤーとしての資質の高さも見逃せない。

    調教師鮫島一歩(栗東)

    本レースの成績

    延べ4頭出走

    優勝:なし

    (0・0・1・3)

    騎手幸英明(栗東)

    本レースの成績

    2年ぶり16回目

    優勝:なし

    (0・0・0・15)

    16
    日経賞 1着
    レース
    パドック
    調教
    有馬記念 5着
    レース
    パドック
    調教
    菊花賞 1着
    レース
    パドック
    調教

    2021年10月24日

    阪神競馬場

    3:04.6

    横山武史

    57kg
    1着
    ドゥラメンテ

    現役時代の成績 9戦5勝

    主な重賞勝利

    2015年 日本ダービー、皐月賞(以上、GⅠ)

    メーヴェ

    現役時代の主な重賞勝利

    なし

    母の父Motivator

    現役時代の成績 7戦4勝

    主な重賞勝利

    2004年 英・レーシングポストトロフィー、2005年 英ダービー(以上、G1)

    出走馬紹介

    マークの厳しかった前走の日経賞でも逃げ切り勝ちを決めるなど、さらに地力を強化している印象の4歳馬。出走馬唯一のGⅠ馬として、昨年の菊花賞に続く2つ目のタイトル獲得に挑む。

    調教師栗田徹(美浦)

    本レースの成績

    初出走

    騎手横山和生(美浦)

    本レースの成績

    2年連続2回目

    優勝:なし

    (0・0・0・1)

    17
    阪神大賞典 3着
    レース
    パドック
    調教
    万葉S 3着
    レース
    パドック
    ステイヤーズS 3着
    レース
    パドック
    調教

    2022年1月5日

    中京競馬場

    3:04.5

    川田将雅

    55kg
    3着
    オルフェーヴル

    現役時代の成績 21戦12勝

    主な重賞勝利

    2011年 皐月賞、日本ダービー、菊花賞、有馬記念、2012年 宝塚記念、2013年 有馬記念(以上、GⅠ)

    エアトゥーレ

    現役時代の主な重賞勝利

    2001年 阪神牝馬S(GⅡ)

    母の父トニービン

    現役時代の成績 27戦15勝

    主な重賞勝利

    1987年 伊・ミラノ大賞、伊・ジョッキークラブ大賞、伊・イタリア共和国大統領賞、1988年 仏・凱旋門賞、伊・ミラノ大賞、伊・イタリア共和国大統領賞(以上、G1)

    出走馬紹介

    3000メートル以上のレースでは、4戦全てで3着。強敵相手の阪神大賞典でも3着に健闘するなど、この条件における安定感は見逃せない。スタミナの生きる展開なら、GⅠでも上位進出が可能だ。

    調教師池江泰寿(栗東)

    本レースの成績

    延べ15頭出走

    優勝:なし

    (0・1・2・12)

    騎手川田将雅(栗東)

    本レースの成績

    3年連続15回目

    優勝:なし

    (0・0・0・14)

    18
    阪神大賞典 1着
    レース
    パドック
    調教
    有馬記念 2着
    レース
    パドック
    調教
    凱旋門賞 14着

    2022年3月20日

    阪神競馬場

    3:05.0

    和田竜二

    57kg
    1着
    キズナ

    現役時代の成績 14戦7勝

    主な重賞勝利

    2013年 日本ダービー(GⅠ)

    ゼフィランサス

    現役時代の主な重賞勝利

    なし

    母の父キングヘイロー

    現役時代の成績 27戦6勝

    主な重賞勝利

    2000年 高松宮記念(GⅠ)

    出走馬紹介

    阪神大賞典を連覇し、今回と同じ設定の昨年はレコード決着に0秒1差の2着。通常よりもタフな阪神競馬場の天皇賞を、最も歓迎している馬だろう。悲願のGⅠ制覇に機も熟している。

    調教師大久保龍志(栗東)

    本レースの成績

    延べ5頭出走

    優勝:なし

    (0・2・1・2)

    騎手和田竜二(栗東)

    本レースの成績

    7年連続18回目

    優勝:2回

    (2・2・1・12)

    100%
    1馬名
    馬名

    (出走馬紹介:松浪 大樹)

    • 注記:
      坂路コース及び2021年7月27日以降の美浦ウッドチップコース及び2021年12月7日以降の栗東ウッドチップコースにおける調教タイムはJRA発表のデータ、その他は「競馬ブック」の提供によるデータとなります。
    • 注記:
      スタンド工事実施に伴い、美浦トレーニング・センターの調教映像は通常と異なる場所から撮影しており、一部ご覧いただきにくいところがあります(2021年11月から2022年3月まで)。
    • 注記:
      芝3200メートルのレースに出走した馬が少ないため、タイム順並び替え機能は芝3000メートルのタイムを採用しました。
    • 注記:
      この出馬表は、4月28日(木曜)14時30分現在のものです。
    • 注記:
      出走取消・騎手変更等が生じる場合がありますので、最新の情報は、「競馬メニュー」の「今週の開催お知らせ」・「出馬表」でご確認ください。

    ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

    ページトップへ戻る
    表示モード: