今週の注目レース

天皇賞(春)(GⅠ)

阪神競馬場 3200メートル(芝外→内)定量 4歳以上オープン

データ分析

各時代の王者が歴代優勝馬に名を連ねる古馬長距離戦線の最高峰

2014年以降の天皇賞(春)における優勝馬延べ8頭中、2018年のレインボーラインを除く7頭は、既にJRAのGⅠを制した実績がある馬だった。GⅠウイナーが2頭しか出走していなかった2021年も、2019年菊花賞の勝ち馬であるワールドプレミアが優勝を果たした。頂点を極めたことのある馬たちが覇を争う、真のチャンピオン決定戦と言えるだろう。今年も昨年に続いて阪神競馬場での開催となるが、過去10年のレース結果から好走馬に共通するポイントを分析してみたい。

前年以降のGⅠ・GⅡを勝っている馬が中心

過去10年の3着以内馬延べ30頭中23頭は、前年以降の2200メートルから3200メートルのGⅠ・GⅡにおいて1着となった経験がある馬だった。一方、この経験がなかった馬は3着内率6.7%と苦戦している。まずは前年以降の実績をチェックした方がよさそうだ。〔表1〕

〔表1〕前年以降の2200メートルから3200メートルのJRAのGⅠ・GⅡにおいて1着となった経験の有無別成績(過去10年)
経験の有無 着度数 勝率 連対率 3着内率
あり 8-9-6-39 12.9% 27.4% 37.1%
なし 2-1-4-98 1.9% 2.9% 6.7%

なお、前年以降のJRAの2200メートルから3200メートルのGⅠ・GⅡにおいて1着となった経験がなかった馬のうち、2200メートルから2500メートルのJRAのGⅠにおいて3着以内となった経験もなかった馬は、3着内率が3.3%にとどまっており、2015年以降の過去7年に限ると〔0・0・0・62〕(3着内率0%)である。〔表1〕で挙げた経験がないうえ、2400メートル前後のGⅠで3着以内に入ったこともない馬は、上位に食い込む可能性が低いとみるべきだろう。〔表2〕

〔表2〕前年以降の2200メートルから3200メートルのJRAのGⅠ・GⅡにおいて1着となった経験がなかった馬の、2200メートルから2500メートルのJRAのGⅠにおいて3着以内となった経験の有無別成績(過去10年)
経験の有無 着度数 勝率 連対率 3着内率
あり 1-1-2-11 6.7% 13.3% 26.7%
なし 1-0-2-87 1.1% 1.1% 3.3%

大敗直後の馬は不振

過去10年の3着以内馬延べ30頭中26頭は、前走の着順が4着以内だった。一方、5着以下もしくは競走中止だった馬は3着内率6.0%と苦戦しており、2017年以降の過去5年に限ると〔0・1・0・34〕(3着内率2.9%)である。直近のレースで5着以下に敗れていた馬は過信禁物とみておきたい。〔表3〕

〔表3〕前走の着順別成績(過去10年)
前走の着順 着度数 勝率 連対率 3着内率
4着以内 8-8-10-74 8.0% 16.0% 26.0%
5着以下、競走中止 2-2-0-63 3.0% 6.0% 6.0%

前走の4コーナー通過順も重要なポイント

過去6年の3着以内馬延べ18頭中17頭は、前走の4コーナー通過順が6番手以内だった。一方、7番手以下だった馬は3着内率2.9%と苦戦している。近年の傾向を重視するならば、前走の4コーナーを中団から後方で通過した馬の扱いには注意したいところだ。〔表4〕

〔表4〕前走の4コーナー通過順別成績(過去6年)
前走の4コーナー通過順 着度数 勝率 連対率 3着内率
6番手以内 6-5-6-45 9.7% 17.7% 27.4%
7番手以下 0-1-0-33 0% 2.9% 2.9%

近年はキャリア19戦以内の馬が好成績

過去5年の3着以内馬延べ15頭中12頭は、通算出走数が19戦以内だった。一方、20戦以上の馬は3着内率7.7%と苦戦している。キャリアが比較的浅い馬を高く評価すべきだろう。〔表5〕

〔表5〕通算出走数別成績(過去5年)
通算出走数 着度数 勝率 連対率 3着内率
19戦以内 4-3-5-27 10.3% 17.9% 30.8%
20戦以上 1-2-0-36 2.6% 7.7% 7.7%

前走の単勝人気に注目

過去5年の3着以内馬延べ15頭中13頭は、前走の単勝人気が4番人気以内だった。一方、5番人気以下だった馬は3着内率5.3%と苦戦している。臨戦過程を比較する際は、前走の単勝人気もチェックしておきたい。〔表6〕

〔表6〕前走の単勝人気別成績(過去5年)
前走の単勝人気 着度数 勝率 連対率 3着内率
4番人気以内 4-4-5-27 10.0% 20.0% 32.5%
5番人気以下 1-1-0-36 2.6% 5.3% 5.3%
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

3歳時に菊花賞で連対していた馬が7連勝中

過去7年の優勝馬延べ7頭は、いずれも菊花賞での着順が2着以内だった。今年も該当する馬がエントリーしてきたら有力とみてよさそうだ。なお、この7頭は前走の着順が4着以内だった点、前走の4コーナー通過順が6番手以内だった点も共通している。〔表3〕、〔表4〕で挙げた傾向も重視すべきだろう。〔表7〕

(伊吹 雅也)

〔表7〕優勝馬の、菊花賞における着順、前走の着順、前走の4コーナー通過順(過去7年)
年次 優勝馬 菊花賞における着順 前走の着順 前走の4コーナー通過順
2015年 ゴールドシップ 1着 1着 2番手
2016年 キタサンブラック 1着 2着 先頭
2017年 キタサンブラック 1着 1着 2番手
2018年 レインボーライン 2着 1着 4番手
2019年 フィエールマン 1着 2着 6番手
2020年 フィエールマン 1着 4着 4番手
2021年 ワールドプレミア 1着 3着 4番手

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: