今週の注目レース

3歳重賞馬連 毎日杯(GⅢ)

阪神競馬場 1800メートル(芝・外)別定 3歳オープン

データ分析

クラシックとの関連性が深まってきた一戦

かつては「皐月賞の東上最終便」と言われた重賞で、遅れてきた大物がここで賞金を加算してクラシック出走を目指す、という位置付けだった。近年も2017年の優勝馬アルアインは次走で皐月賞を優勝、2021年の優勝馬シャフリヤールも次走で日本ダービーを制しているように、春のクラシックレースの前哨戦という位置付けは変わらない。今年もここからクラシックホースが誕生するのか。過去10年のデータから好走馬の傾向を探ってみた。

2勝馬もしくは重賞好走歴のある1勝馬が主役

過去10年の毎日杯では、地方競馬デビューの馬を除いて3勝以上挙げていた馬の出走はなく、2勝馬と1勝馬による争いとなっている。その2勝馬と1勝馬で成績が良いのは2勝馬の方で、過去10年で2勝馬が連対しなかったのは2015年の1度だけ。1勝馬は馬券に絡んだ馬の半数以上に、重賞で5着以内に入った実績があった。〔表1〕

〔表1〕JRAでの勝利数別成績(過去10年)
勝利数 成績 勝率 連対率 3着内率
2勝 7-5-4-27 16.3% 27.9% 37.2%
1勝以下 3-5-6-58 4.2% 11.1% 19.4%

秋デビューの馬が優勢で早期デビューの馬は近年大不振

過去10年の出走馬の成績を、デビュー戦の時期別に調べると、3着以内馬の多くは秋競馬でデビューしていた。特に、2016年以降は連対馬全てが秋デビューの馬だった。近年は早期デビューの馬が注目を集めることもあるが、夏以前にデビューした馬は好走率が低く、2016年以降は1頭も馬券に絡んでいない。〔表2〕

〔表2〕デビュー戦の時期別成績(過去10年)
時期 成績 勝率 連対率 3着内率
夏以前 2-1-2-37 4.8% 7.1% 11.9%
秋競馬 8-7-7-40 12.9% 24.2% 35.5%
年明け以降 0-2-1-6 0% 22.2% 33.3%
地方競馬デビュー 0-0-0-2 0% 0% 0%

ディープインパクト産駒が強い

毎日杯はとにかくディープインパクト産駒が強く、2021年に3着以内を独占するなど、過去10年間で5勝を挙げている。さらにその中でも2番人気以内に支持された馬が好成績で、〔5・5・2・2〕(3着内率85.7%)と好走率も非常に高くなっている。〔表3〕

〔表3〕父別成績(過去10年)
成績 勝率 連対率 3着内率
ディープインパクト 5-6-6-12 17.2% 37.9% 58.6%
ディープインパクト以外 5-4-4-73 5.8% 10.5% 15.1%

遠征してきた関東馬に注目

一般的に関西で行われる重賞は関西馬の成績が良くなりがちだが、毎日杯に関しては関東馬の好走率が高い。クラシックレースへの出走を目指し、関東から実力馬や素質馬が賞金の加算を狙って遠征してくるケースが多いようだ。関東馬の出走があれば要注目だ。〔表4〕

(姫園 淀仁)

〔表4〕所属別成績(過去10年)
所属 成績 勝率 連対率 3着内率
美浦 3-3-1-11 16.7% 33.3% 38.9%
栗東 7-7-9-73 7.3% 14.6% 24.0%
地方競馬 0-0-0-1 0% 0% 0%

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: