今週の注目レース

3歳重賞馬連 毎日杯(GⅢ)

阪神競馬場 1800メートル(芝・外)別定 3歳オープン

出走馬情報

ドゥラドーレス

牡3歳

調教師:宮田敬介(美浦)

  • 父:ドゥラメンテ
  • 母:ロカ
  • 母の父:ハービンジャー
ここに注目!

芝1800メートルで2戦2勝。前走の勝ち時計1分45秒7は、同じ舞台で行われた昨年の東京スポーツ杯2歳Sの優勝タイムを0秒5上回る好時計だった。今回は初めての右回りコースと関西への遠征に対応できるかがポイントだろう。

今年初戦の1勝クラス・セントポーリア賞(東京・芝1800メートル)を3馬身差で快勝し、デビュー2連勝を飾った。2戦連続でメンバー中最速の推定上がり3ハロンタイムをマーク。非凡な切れ味は初めての重賞でも通用するはずだ。父ドゥラメンテは2015年のセントポーリア賞を勝ち、共同通信杯2着から春のクラシック二冠を制した。また、本馬を管理する宮田敬介厩舎は、昨年の毎日杯にも2戦2勝でセントポーリア賞を制したグレートマジシャンを出走させたが、惜しくもクビ差の2着。のちのダービー馬シャフリヤールにあと一歩のところまで迫った。その雪辱を果たせるのか、注目したい。

コマンドライン

牡3歳

調教師:国枝栄(美浦)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:コンドコマンド
  • 母の父:Tiz Wonderful
ここに注目!

1番人気だった前走のホープフルSは伸びを欠いて12着。エンジンのかかりが遅いタイプで、コーナー通過が4回の舞台は合わなかったようだ。広い阪神の外回りコースなら、持ち味の末脚を生かせるはずだ。

昨年6月のメイクデビュー東京(芝1600メートル)は3馬身差の快勝。単勝オッズ1.1倍の断然人気に応えた。続くサウジアラビアロイヤルCは、早めに動く積極的な立ち回りで後続を完封。3連勝を狙った前走のホープフルSは伸びを欠いて12着に敗れた。騎乗したC.ルメール騎手は「ゲートでチャカつき、スタートで遅れてしまいました。4コーナーでペースが上がって対応できなかったです」と悔しそうに回顧。脚質的にも、阪神の広い外回りコースに替わるのは歓迎だろう。全兄アルジャンナは一昨年の本レースで2着。血統的にもリベンジがかかる一戦だ。

リアド

牡3歳

調教師:友道康夫(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:タイタンクイーン
  • 母の父:Tiznow
ここに注目!

2019年セレクトセールで5億円を超える高額(消費税込み)で取引された良血馬。前走は直線で窮屈なところに入って動きづらかったが、ゴール前で差を詰めて2着に浮上した。デビュー勝ちをした舞台で反撃なるか、注目したい。

JRAでデビューした半兄ストロングタイタン(父Regal Ransom)、同ミラアイトーン(父Lonhro)、半姉ギルデッドミラー(父オルフェーヴル)はオープンクラスまで出世。ディープインパクト産駒の本馬も初戦から素質ある走りを見せた。菊花賞当日のメイクデビュー阪神(芝1800メートル)は、上がり3ハロン33秒5(推定)の末脚で差し切り、3馬身差の快勝。騎乗した福永祐一騎手は「伸びしろを感じる馬ですね」と評価した。前走の若駒S(リステッド。中京・芝2000メートル)は2着に敗れたが、初戦と同じ舞台で即反撃も可能だろう。

テンダンス

牡3歳

調教師:中竹和也(栗東)

  • 父:ジャスタウェイ
  • 母:フレンチリヴィエラ
  • 母の父:French Deputy
ここに注目!

阪神・芝1800メートル戦は2戦2勝と好相性。当舞台の前走は初めて逃げる形になったが、メンバー中最速タイの上がり3ハロン32秒9で後続を完封した。自在性を生かして重賞タイトルを狙う。

半兄カデナ(父ディープインパクト)は2017年弥生賞を勝ち、春のクラシックに出走。血統的に注目された本馬も2戦目で勝ち上がり、重賞初挑戦だった東京スポーツ杯2歳Sでは好位から粘って3着に好走した。今年初戦の京成杯は伸び切れず5着に敗れたが、馬体重12キログラム増と成長を感じさせる姿で登場。前走の1勝クラス・つばき賞(阪神・芝1800メートル)は、前半1000メートル通過タイム1分04秒4のスローペースに持ち込み、そのまま逃げ切った。キャリア5戦でさまざまなレースを経験しており、自在性は武器になる。ここで収得賞金加算をして大舞台へ羽ばたきたい。

ピースオブエイト

牡3歳

調教師:奥村豊(栗東)

  • 父:スクリーンヒーロー
  • 母:トレジャーステイト
  • 母の父:Oasis Dream
ここに注目!

約8か月ぶりだった当舞台の前走は、直線で鋭く伸びて差し切り、芝1800メートルで連勝を飾った。ここまでの2戦は8頭立て、7頭立ての少頭数で勝っており、重賞で頭数が増えた時に対応できるかが鍵になるだろう。

昨年夏のメイクデビュー小倉(芝1800メートル)は好位直後を追走し、直線は手応え通りに伸びて差し切った。騎乗した福永祐一騎手は「初戦としては言うことなしです」と絶賛。その後は放牧で成長を促し、3歳始動戦だった前走の1勝クラス・アルメリア賞(阪神・芝1800メートル)も快勝。直線で外に持ち出すと鋭く伸びて、内から迫った1番人気のジュンブロッサムを抑えた。1分46秒3の勝ち時計も優秀。騎乗した岩田望来騎手も「2戦目でこの競馬ができるのだからポテンシャルは高いです」と評価していた。まだ能力の底を見せておらず、重賞でもチャンスはあるはずだ。

ホウオウプレミア

牡3歳

調教師:奥村武(美浦)

  • 父:ロードカナロア
  • 母:アドマイヤテンバ
  • 母の父:クロフネ
ここに注目!

2019年のセレクトセールで3億円近い高額(消費税込み)で取引された良血馬。デビューから3戦連続で2000メートル戦に出走し、いずれも走破時計は2分02秒台だった。速い時計が出やすい阪神の芝コンディションに対応できるかが鍵になる。

前々走の1勝クラス・百日草特別(東京・芝2000メートル)は、上がり3ハロン33秒1(推定)の末脚でクビ差の2着まで追い上げた。勝ったオニャンコポンは年明けの京成杯も制覇。本馬は京成杯で6着に敗れ、ライバルとの差(0秒8)は広がったが、展開次第では重賞でも通用するはずだ。適度に間隔を空けながらレースに出走し、1戦ごとに馬体は少しずつ成長している。曽祖母エアグルーヴは数々の活躍馬を産んでおり、同じく祖母にアドマイヤグルーヴを持つデシエルトは先週の若葉S(リステッド)を逃げ切った。本馬もここで収得賞金を加算して大舞台を目指す。

セイウンハーデス

牡3歳

調教師:橋口慎介(栗東)

  • 父:シルバーステート
  • 母:ハイノリッジ
  • 母の父:マンハッタンカフェ
ここに注目!

前走は逃げて2着に惜敗。勝ち馬スタニングローズは続くフラワーCも勝っており、強敵相手に接戦を演じた走りは評価できる。200メートルの距離延長を克服できれば、重賞でも通用するはずだ。

3勝クラスまで行った半姉ペイシャノリッジ(父クロフネ)を含め、きょうだい3頭がJRAで挙げた勝ち星は全てダート戦。シルバーステート産駒の本馬は昨年10月のメイクデビュー阪神(芝1400メートル)を好位から抜け出して勝ち上がった。芝向きのスピードは父譲りだろう。左回りだった前々走の1勝クラス・こうやまき賞(中京・芝1600メートル)は直線で前が壁になり、追いづらそうな場面もあって5着。逃げた前走の1勝クラス・こぶし賞(阪神・芝1600メートル)では2着に粘っており、スムーズに運ぶことができれば重賞でも楽しみだ。阪神コースも2戦して1勝、2着1回と相性がいい。

ベジャール

牡3歳

調教師:田中博康(美浦)

  • 父:モーリス
  • 母:エスジーブルーム
  • 母の父:アフリート
ここに注目!

前走時560キログラムの馬体は迫力満点。大型馬だけにエンジンのかかりが遅く、中山のデビュー2戦は5着、2着に敗れた。広い東京コースで勝ち上がりを決めており、阪神の外回りコースでも力を発揮できるだろう。

モーリス産駒は、初年度となる現4歳世代からピクシーナイト、ジャックドールなどの活躍馬が出ている。モーリス自身も現役時代、500キログラムを超える雄大な馬体の持ち主だったが、重賞戦線で活躍する産駒も父から受け継いだ恵まれた馬体が目を引く。本馬は昨年9月に546キログラムでデビューし、その後もレースを使うごとに12キログラム増、2キログラム増とパワーアップ。前走の未勝利(東京・芝1800メートル)ではスタートでつまずくアクシデントがあったが、直線はダイナミックなフォームで差し切った。重賞メンバーに入っても、迫力ある馬体は引けを取らない。

(寺下 厚司)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: