今週の注目レース

阪神大賞典(GⅡ)

阪神競馬場 3000メートル(芝)別定 4歳以上オープン

データ分析

大舞台を目指すステイヤーが仁川に集結

2021年の阪神大賞典で自身2度目の重賞制覇を果たしたディープボンドは、次走の天皇賞(春)で2着に入ったほか、下半期にはフランスへ遠征しG2のフォワ賞を制した。なお、グレード制が導入された1984年から2019年にかけては、単勝1番人気馬が〔20・8・4・4〕(3着内率88.9%)とかなり堅実な成績を残していたものの、2020年と2021年は共に7着と結果を残せていない。2022年の古馬長距離戦線を占う重要な一戦について、過去10年のレース結果から、好走馬に共通するポイントを分析してみたい。

長距離重賞における実績がポイント

過去10年の3着以内馬延べ30頭中29頭は、2200メートル以上のJRA重賞において4着以内となった経験のある馬だった。一方、この経験がなかった馬は3着内率3.1%と苦戦している。2200メートル以上のJRA重賞で4着以内に入ったことがない馬は、評価を下げるべきだろう。〔表1〕

〔表1〕2200メートル以上のJRA重賞において4着以内となった経験の有無別成績(過去10年)
経験の有無 着度数 勝率 連対率 3着内率
あり 10-9-10-45 13.5% 25.7% 39.2%
なし 0-1-0-31 0% 3.1% 3.1%

前走での位置取りや着順に注目

過去10年の3着以内馬延べ30頭中14頭は、前走が国内、かつ前走の4コーナー通過順が10番手以下だった。該当馬は3着内率が42.4%と優秀な水準に達している。前走で後方からレースを進めていた馬は、上位に入る可能性が比較的高いとみてよさそうだ。〔表2〕

〔表2〕前走が国内だった馬の、前走の4コーナー通過順別成績(過去10年)
前走の4コーナー通過順 着度数 勝率 連対率 3着内率
9番手以内 5-6-5-56 6.9% 15.3% 22.2%
10番手以下 5-4-5-19 15.2% 27.3% 42.4%

一方、前走が国内、かつ前走の4コーナー通過順が9番手以内だった馬のうち、前走の着順が4着以下だった馬は、3着内率が11.4%にとどまっている。前走で4コーナーを9番手以内で通過しながら上位に入れなかった馬は、過信禁物とみておきたい。〔表3〕

〔表3〕前走が国内、かつ前走の4コーナー通過順が9番手以内だった馬の、前走の着順別成績(過去10年)
前走の着順 着度数 勝率 連対率 3着内率
3着以内 5-3-3-17 17.9% 28.6% 39.3%
4着以下 0-3-2-39 0% 6.8% 11.4%

前年以降のGⅠで11着以内がある馬が中心

過去8年の3着以内馬延べ24頭中18頭は、前年以降のJRA・GⅠにおいて11着以内となった経験がある馬だった。該当馬は3着内率が51.4%と優秀な水準に達している。2021年のGⅠで11着以内となった経験のある馬は、高く評価するべきだろう。〔表4〕

〔表4〕前年以降のJRA・GⅠにおいて11着以内となった経験の有無別成績(過去8年)
経験の有無 着度数 勝率 連対率 3着内率
あり 6-6-6-17 17.1% 34.3% 51.4%
なし 2-2-2-44 4.0% 8.0% 12.0%

一方、前年以降のJRA・GⅠにおいて11着以内となった経験がなかった馬のうち、前走の着順が4着以下だった馬は、3着内率が5.4%にとどまっている。2021年のGⅠで11着以内がなく、前走でも上位に入れなかった馬は、割り引きが必要だ。〔表5〕

〔表5〕前年以降のJRA・GⅠにおいて11着以内となった経験がなかった馬の、前走の着順別成績(過去8年)
前走の着順 着度数 勝率 連対率 3着内率
3着以内 2-2-0-9 15.4% 30.8% 30.8%
4着以下 0-0-2-35 0% 0% 5.4%

前走の距離が明暗を分けそう

過去8年の3着以内馬延べ24頭中21頭は、前走の距離が2000メートルから2500メートルだった。一方、1800メートル以下だった馬が3着以内に入った例はなく、2600メートル以上だった馬も3着内率が13.0%にとどまっている。臨戦過程を比較する際は、前走の距離にも注目しておきたい。〔表6〕

〔表6〕前走の距離別成績(過去8年)
前走の距離 着度数 勝率 連対率 3着内率
1800m以下 0-0-0-8 0% 0% 0%
2000m〜2500m 8-7-6-33 14.8% 27.8% 38.9%
2600m以上 0-1-2-20 0% 4.3% 13.0%
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

7歳以上の馬は2010年を最後に優勝例なし

過去8年の優勝馬延べ8頭は、いずれも6歳以下だった。7歳以上で優勝を果たしたのは、2010年のトウカイトリック(8歳)が最後である。7歳以上の馬は勝つ可能性が低いとみるべきだろう。なお、この8頭は2200メートル以上のJRA重賞において2着以内に入った経験があった点、前走の距離が2000メートルから2500メートルだった点も共通している。〔表1〕〔表6〕などで挙げた傾向も重視したいところだ。〔表7〕

(伊吹 雅也)

〔表7〕優勝馬の、年齢、2200メートル以上のJRA重賞における最高着順、前走の距離(過去8年)
年次 優勝馬 年齢 2200m以上のJRA重賞における最高着順 前走の距離
2014年 ゴールドシップ 5歳 1着(2013年宝塚記念ほか) 2500m
2015年 ゴールドシップ 6歳 1着(2014年宝塚記念ほか) 2200m
2016年 シュヴァルグラン 4歳 2着(2016年日経新春杯) 2400m
2017年 サトノダイヤモンド 4歳 1着(2016年有馬記念ほか) 2500m
2018年 レインボーライン 5歳 2着(2016年菊花賞) 2500m
2019年 シャケトラ 6歳 1着(2019年アメリカJCCほか) 2200m
2020年 ユーキャンスマイル 5歳 1着(2019年ダイヤモンドS) 2400m
2021年 ディープボンド 4歳 1着(2020年京都新聞杯) 2000m

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: