今週の注目レース

小倉大賞典(GⅢ)

小倉競馬場 1800メートル(芝)ハンデ 4歳以上オープン

データ分析

どんな馬にもチャンスがあるハンデ重賞

冬の小倉の名物ハンデGⅢ。ここ4年連続で2桁人気の馬が3着以内に入っている。前走で2桁着順に敗れていたような馬の巻き返しも頻繁に起こり、予想するのが難しい重賞ゆえに、過去のデータを参考にしたいところ。今回は過去10年の結果から、好走馬に共通するポイントを抽出してみた。

ベテランを軽視することなかれ

一般的に、古馬重賞での好走が多いのは4歳馬と5歳馬で、6歳以上になると好走率は大きく下がるもの。しかし、小倉大賞典はそのセオリーが当てはまらず、過去10年で3着内率が最も高いのは7歳馬だ。しかも、2019年に最低人気(14番人気)の9歳馬サイモンラムセスが3着、2020年に10番人気の7歳馬ドゥオーモが2着、2021年には11番人気の7歳馬テリトーリアルが優勝しており、近年は7歳以上の馬が毎年上位に食い込んでいる。〔表1〕

〔表1〕年齢別成績(過去10年)
年齢 成績 勝率 連対率 3着内率
4歳 3-1-1-17 13.6% 18.2% 22.7%
5歳 3-2-6-32 7.0% 11.6% 25.6%
6歳 2-2-0-35 5.1% 10.3% 10.3%
7歳 2-3-2-18 8.0% 20.0% 28.0%
8歳以上 0-2-1-23 0% 7.7% 11.5%

ハンデは重いほうがいい?

過去10年の出走馬のハンデは最軽量が51キログラムで最重量が58キログラム。好走率が高くなっているのは57キログラム以上のハンデを課された馬で、トップハンデとなった馬も〔3・2・1・11〕(3着内率35.3%)と、そこそこ優秀な成績を残している。小倉大賞典に関しては重いハンデを嫌う必要はなく、それだけの実績を残している馬を高く評価すべきだろう。〔表2〕

〔表2〕負担重量別成績(過去10年)
負担重量 成績 勝率 連対率 3着内率
54kg以下 1-3-2-43 2.0% 8.2% 12.2%
55kg 2-1-4-28 5.7% 8.6% 20.0%
56kg、56.5kg 3-2-1-31 8.1% 13.5% 16.2%
57kg、57.5kg 3-3-3-20 10.3% 20.7% 31.0%
58kg 1-1-0-3 20.0% 40.0% 40.0%

内枠がやや優勢

過去10年の馬番別成績を調べると、1番から8番の馬が8勝を挙げているのに対し、9番から16番の馬は2勝どまり。連対率や3着内率にも差があるので、軸馬は馬番が1番から8番となった馬から選びたい。〔表3〕

〔表3〕馬番別成績(過去10年)
馬番 成績 勝率 連対率 3着内率
1〜8番 8-6-4-62 10.0% 17.5% 22.5%
9〜16番 2-4-6-63 2.7% 8.0% 16.0%

前走でGⅠ、GⅡ、中山金杯を使われていた馬が中心

格上挑戦や、オープンクラス昇級初戦となった馬の好走も見られる重賞だが、3着以内馬のほとんどは前走で重賞を使われていた馬たち。その中でも、前走がGⅢだった馬が5勝を挙げているが、そのうち4勝は中山金杯組によるものだった。好相性のローテーションとして、今年も該当馬がいるか確認したい。〔表4〕

〔表4〕前走別成績(過去10年)
前走 成績 勝率 連対率 3着内率
GⅠ 1-0-1-6 12.5% 12.5% 25.0%
GⅡ 1-4-2-16 4.3% 21.7% 30.4%
GⅢ 5-4-6-70 5.9% 10.6% 17.6%
オープン特別 1-1-1-23 3.8% 7.7% 11.5%
条件クラス 2-1-0-9 16.7% 25.0% 25.0%
地方のレース 0-0-0-1 0% 0% 0%
  • 注記:リステッドはオープン特別に含む

前走から馬体重の増減がない馬に注目

馬体重の増減別に成績をまとめると、前走と馬体重が同じだった馬の好走率がやたらと高い。調整が難しい冬場の、しかも遠征や滞在競馬が伴うローカル開催でもあり、体調が安定して馬体重の変動がない馬が好走しやすいのだろうか。ちなみに、2012年10番人気2着のスマートギア、2018年15番人気2着のクインズミラーグロ、2021年11番人気1着のテリトーリアルも前走から馬体重の増減がなかった。〔表5〕

〔表5〕馬体重の増減別成績(過去10年)
馬体重前走比 成績 勝率 連対率 3着内率
減少 4-5-4-60 5.5% 12.3% 17.8%
増減なし 2-4-1-13 10.0% 30.0% 35.0%
増加 4-1-5-52 6.5% 8.1% 16.1%
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

前年の重賞実績と距離実績が重要

過去10年の優勝馬10頭のうち9頭は、前年に重賞3着以内の実績があった。唯一の例外となる2018年の優勝馬トリオンフは、前年に重賞に出走していなかった。また、これら10頭のうち9頭には芝1800メートル以上のレースで3勝以上の実績があった。優勝馬を予想する際の目安にしてもらいたい。〔表6〕

(姫園 淀仁)

〔表6〕優勝馬の前年の主な重賞実績と芝1800メートル以上での勝利数(過去10年)
年度 優勝馬 前年の主な重賞実績 芝1800m以上での勝利数
2012年 エーシンジーライン 朝日チャレンジC2着 4勝
2013年 ヒットザターゲット 新潟大賞典1着 6勝
2014年 ラストインパクト 青葉賞3着 4勝
2015年 カレンブラックヒル ダービー卿チャレンジT1着 1勝
2016年 アルバートドック 京都新聞杯3着 3勝
2017年 マルターズアポジー 福島記念1着 5勝
2018年 トリオンフ 出走なし 4勝
2019年 スティッフェリオ 福島記念1着 6勝
2020年 カデナ 小倉記念2着 3勝
2021年 テリトーリアル 福島記念3着 6勝

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: