今週の注目レース

共同通信杯(GⅢ)

東京競馬場 1800メートル(芝)別定 3歳オープン

データ分析

数多くのヒーローが駆け抜けたクラシックの登竜門

共同通信杯は、優勝馬だけでなく上位に入った馬にも、日本競馬界の歴史を彩る数々の名馬の名が連なっている。クラシックを目指す3歳馬にとって登竜門ともいえるこの一戦にはどのような傾向があるのか。過去10年のデータを分析する。

4番人気以内の馬に安定感

過去10年で単勝1番人気馬の勝利は1回だけだが、2番人気から4番人気の馬はいずれも複数回優勝している。また、3着内率では1番人気から4番人気が50%以上となっている。過去10年の平均出走数が10.8頭と多頭数になりにくいレースであるため、紛れが起きることは少ないと考えられる。馬券の軸はある程度上位人気の馬から選んだ方がよさそうだ。〔表1〕

〔表1〕単勝人気別成績(過去10年)
単勝人気 成績 勝率 連対率 3着内率
1番人気 1-3-1-5 10.0% 40.0% 50.0%
2番人気 2-1-3-4 20.0% 30.0% 60.0%
3番人気 3-2-2-3 30.0% 50.0% 70.0%
4番人気 2-1-2-5 20.0% 30.0% 50.0%
5番人気 0-1-0-9 0% 10.0% 10.0%
6〜9番人気 2-2-1-33 5.3% 10.5% 13.2%
10番人気以下 0-0-1-19 0% 0% 5.0%

JRAで2勝以上挙げている馬が優勢

過去10年の出走馬のJRAでの勝利数をまとめると、3勝以上挙げていた馬は3着内率が50.0%、2勝馬が同32.3%で、1勝馬の25.7%を上回っている。また、2勝以上挙げていた馬について、直近で勝利していた月を調べると、10月以前だった馬の3着内率が16.7%、11月以降だった馬が同43.5%となっている。11月以降に勝利している通算2勝以上の馬がいたら、軽視は禁物だろう。〔表2〕

〔表2〕JRAでの通算勝利数別成績(過去10年)
勝利数 成績 勝率 連対率 3着内率
3勝以上 1-1-0-2 25.0% 50.0% 50.0%
2勝 4-3-3-21 12.9% 22.6% 32.3%
1勝 5-6-7-52 7.1% 15.7% 25.7%
0勝 0-0-0-3 0% 0% 0%

9月デビューと10月デビューの馬が一歩リード

過去10年の出走馬のデビュー月を調べると、3着内率が高いのは9月デビューと10月デビューの馬。その中でも10月デビュー馬は優勝こそ1回だけだが、2着5回、3着4回と2、3着の回数が多くなっている。なお、同じ秋競馬でデビューした馬の中でも11月デビューと12月デビューの馬は、好走率や3着以内の回数で大きく下回っている点は覚えておきたい。〔表3〕

〔表3〕デビュー月別成績(過去10年)
デビュー月 成績 勝率 連対率 3着内率
6月以前 1-1-0-11 7.7% 15.4% 15.4%
7月 2-1-1-12 12.5% 18.8% 25.0%
8月 2-1-2-13 11.1% 16.7% 27.8%
9月 3-1-2-9 20.0% 26.7% 40.0%
10月 1-5-4-16 3.8% 23.1% 38.5%
11月 0-1-1-8 0% 10.0% 20.0%
12月 1-0-0-7 12.5% 12.5% 12.5%
1月以降 0-0-0-2 0% 0% 0%
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

前走の競馬場、クラス、着順は要チェック

過去5年の優勝馬は、前走がいずれも関東圏の競馬場だった(中山3頭、東京2頭)。また、前走のクラスは4頭が1勝クラス、1頭がオープンクラスで、いずれも3着以内に入っていた。これらのパターンに当てはまる馬が出走してきたら、注目しておきたい。〔表4〕

(河野 道夫)

〔表4〕優勝馬の前走の競馬場、クラス、着順(過去5年)
年度 優勝馬 前走の競馬場、クラス、着順
2017年 スワーヴリチャード 東京、オープンクラス、2着
2018年 オウケンムーン 中山、1勝クラス、1着
2019年 ダノンキングリー 中山、1勝クラス、1着
2020年 ダーリントンホール 中山、1勝クラス、3着
2021年 エフフォーリア 東京、1勝クラス、1着

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: