今週の注目レース

東海テレビ杯東海ステークス(GⅡ)

中京競馬場 1800メートル(ダート)別定 4歳以上オープン

データ分析

春のダート王へ大きな弾みとなる一戦

東海Sは2013年に開催時期が1月に移ってからは、2月に行われるGⅠフェブラリーSの前哨戦に位置付けられている。ここでは、京都競馬場で開催された2020年を含め、1月に行われるようになった2013年以降の過去9年の結果を分析する。

5歳馬が優勢

過去9年の年齢別成績では5歳が3着内率で41.4%と他を圧倒する数値をマークしている。また、3着内率が2番目に高いのは4歳の25.0%で、年齢の若い馬が上位争いに加わる率が高くなっている。一方、6歳以上の馬は延べ11頭が3着以内に入っているが、そのうち6頭が6番人気以下だった。人気薄の馬を狙う場合は6歳以上の馬を候補に入れてみるのも面白いだろう。〔表1〕

〔表1〕年齢別成績(過去9年)
年齢 成績 勝率 連対率 3着内率
4歳 1-1-2-12 6.3% 12.5% 25.0%
5歳 6-3-3-17 20.7% 31.0% 41.4%
6歳 1-0-4-36 2.4% 2.4% 12.2%
7歳 1-4-0-26 3.2% 16.1% 16.1%
8歳 0-1-0-11 0% 8.3% 8.3%
9歳以上 0-0-0-5 0% 0% 0%

前走重賞出走馬が上位

過去9年の前走別の成績を見ると、3着内率で前走GⅠ組がトップ、それに続くのはGⅢ・JpnⅢ組で、GⅡ・JpnⅡ組の数値が低いのは気になるものの、前走で重賞に出走していた馬の好走率が上位となっている。オープン特別組は8頭が3着以内に入りながら好走率では低調な数値にとどまる一方、3勝クラス組は出走頭数は少ないが、3着内率ではGⅢ・JpnⅢ組と遜色ない数値になっている。〔表2〕

〔表2〕前走別成績(過去9年)
前走 成績 勝率 連対率 3着内率
GⅠ 4-4-4-19 12.9% 25.8% 38.7%
GⅡ・JpnⅡ 0-1-0-7 0% 12.5% 12.5%
GⅢ・JpnⅢ 1-2-1-12 6.3% 18.8% 25.0%
オープン特別 3-2-3-62 4.3% 7.1% 11.4%
3勝クラス 1-0-1-7 11.1% 11.1% 22.2%
  • 注記:リステッドはオープン特別に含む

過去4走の着順に注目

過去9年の出走馬の過去4走の着順を調べると、過去4走の全てで3着以内に入っていた馬の3着内率が75.0%と、非常に高くなっている。全体的に見ても、過去4走での3着以内の回数が多いほど好走率が高くなる傾向にあり、ここ3年に限れば3着以内馬延べ9頭は全て過去4走で2回以上3着以内に入っていた。過去4走で3着以内が1回以下の馬は、やや割り引いて考えた方がよさそうだ。〔表3〕

〔表3〕過去4走における3着以内数別成績(過去9年)
3着以内数 成績 勝率 連対率 3着内率
4回 3-1-2-2 37.5% 50.0% 75.0%
3回 3-2-2-17 12.5% 20.8% 29.2%
2回 2-1-4-24 6.5% 9.7% 22.6%
1回 1-3-1-40 2.2% 8.9% 11.1%
0回 0-2-0-24 0% 7.7% 7.7%
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

近走のダート1800メートル戦での着順は要チェック

2017年以降の過去5年の優勝馬は、いずれも過去2走以内にダート1800メートルのレースを勝利していた上、敗れていたとしても2着で、3着以下に敗れていなかった。優勝馬を予想する際には、近走のダート1800メートル戦での着順をチェックしておきたい。〔表4〕

(河野 道夫)

〔表4〕優勝馬の過去2走におけるダート1800メートル戦での着順(過去5年)
年度 優勝馬 過去2走のダート1800m戦での着順
2017年 グレンツェント 前走1着、前々走2着
2018年 テイエムジンソク 前走2着、前々走1着
2019年 インティ 前走1着、前々走1着
2020年 エアアルマス 前々走1着
2021年 オーヴェルニュ 前走1着

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: