今週の注目レース

日経新春杯(GⅡ)

中京競馬場 2200メートル(芝)ハンデ 4歳以上オープン

出走馬情報

ステラヴェローチェ

牡4歳

調教師:須貝尚介(栗東)

  • 父:バゴ
  • 母:オーマイベイビー
  • 母の父:ディープインパクト
ここに注目!

良馬場の速い上がりでの決着にも対応できるが、過去の重賞2勝はどちらも不良馬場。雨のほうが信頼度は増すタイプだろう。今回と同じ舞台で神戸新聞杯を制覇。条件最適なら、ポイントはハンデのみか。

前々走の菊花賞に続き、前走の有馬記念も4着。最後の直線の坂を上がったところで苦しくなってしまった。勝ったエフフォーリアをマークする形で進めたレース運びは完璧だっただけに、現状の力量差を感じたレース結果と言えるだろう。しかしながら、同じバゴ産駒のクロノジェネシスがそうであったように、この馬も4歳になっての成長に期待できそうな雰囲気がある。決して大きくは負けないところも、クロノジェネシスに近いと言えるだろう。4歳となって最初の重賞を勝ちきり、今春のGⅠへと弾みをつけたいところだ。

クラヴェル

牝5歳

調教師:安田翔伍(栗東)

  • 父:エピファネイア
  • 母:ディアデラマドレ
  • 母の父:キングカメハメハ
ここに注目!

中京コースは1戦して4着だが、末脚をためる形が定着している現在と違い、好位からの競馬をして伸びを欠いたもの。コース適性の問題ではないだろう。血統的には時計のかかる馬場コンディションも苦にしないはずだ。

父のエピファネイア、エピファネイアの母シーザリオ、母のディアデラマドレ、祖母のディアデラノビアと、昨年2月に解散した角居勝彦厩舎で活躍した馬の名が並ぶ。どれも能力の高い馬だったが、気性面に課題を残していたのも事実で、それはクラヴェルにも受け継がれているようだ。しかしながら、近走は重賞ばかりを走って4戦連続の3着以内。GⅠ初挑戦だった前走のエリザベス女王杯では3着に好走している。9戦連続で手綱を取り続けている横山典弘騎手も含め、陣営が本馬を手のうちに入れている印象。今回も好勝負は必至だろう。

フライライクバード

牡5歳

調教師:友道康夫(栗東)

  • 父:スクリーンヒーロー
  • 母:シングライクバード
  • 母の父:シンボリクリスエス
ここに注目!

潜在能力は重賞級と陣営から高い評価を受けている馬だが、その一方で気性的な難しさがあり、レースの途中で走るのをやめてしまうこともあるという。今回も集中して走れるかどうかがポイントになる。

調教で見せる動きが素晴らしく、ゆえに出走するときは常に人気を集める馬。キャリア13戦のうちの11戦が1番人気で、そのうちの6戦が単勝オッズ1倍台。過去の重賞戦績は青葉賞の8着と、3着だった前走のアルゼンチン共和国杯の2戦だが、前者が2番人気で後者が3番人気と、重賞挑戦でも評価は落ちなかった。今回も注目を浴びての出走になりそうだ。中京コースは4戦して〔2・1・1・0〕と凡走がなく、2勝クラス・長良川特別(芝2200メートル)では7馬身差の圧勝劇を演じた。得意コースと判断していいだろう。

ヨーホーレイク

牡4歳

調教師:友道康夫(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:クロウキャニオン
  • 母の父:フレンチデピュティ
ここに注目!

休み明けがマイナスになる馬ではないとはいえ、500キログラム台の大型馬で休養の期間も長い。しっかりと乗り込んでくる厩舎だけに、大幅な体重増はなさそうだが、当日の雰囲気はチェックしたいところだ。

多くの活躍馬を輩出している母クロウキャニオン。その真打ちと言われるほどの注目を集めていた本馬だが、昨年春のクラシックは皐月賞が5着、日本ダービーが7着と存在感を出せなかった。もっとも、デビュー当時から晩成傾向が強いと思われていた馬で、順調さを欠いた昨秋は無理な出走を避け、放牧で立て直すことを選択。これも陣営が潜在能力の高さを認識し、これからも重賞レベルで戦っていく馬と考えているからだろう。約7か月半という短くない休み明けがGⅡとハードルは決して低くないが、克服しても不思議はない。

ショウナンバルディ

牡6歳

調教師:松下武士(栗東)

  • 父:キングズベスト
  • 母:バノヴィナ
  • 母の父:Redoute's Choice
ここに注目!

全25戦のうちの20戦が2000メートルへの出走。この距離でこそのイメージがある馬だ。マイペースで運べるかどうかに加え、初めての2200メートルへの対応もポイントとなるだろう。

9度目の重賞挑戦となった前走の中日新聞杯で、念願の重賞初制覇を達成した。レースは果敢に先手を奪い、前半1000メートル通過が1分01秒1、後半1000メートルが58秒7のタイムで逃げ切った。スローペースに持ち込めたことが最大の勝因だろうが、昨年の鳴尾記念2着、七夕賞3着など、重賞での好走実績があった馬。能力の裏付けもあってこその勝利と考えたい。前走の勝利で中京での成績が〔3・1・1・2〕となり、コース相性の良さも後押ししたと言えそうだ。前走に続いての中京コースなら、重賞連勝のシーンも期待できるはずだ。

アフリカンゴールド

せん7歳

調教師:西園正都(栗東)

  • 父:ステイゴールド
  • 母:ブリクセン
  • 母の父:Gone West
ここに注目!

末脚が切れるタイプではなく、ある程度の位置でレースを進めたほうが持ち味を生かせるのかもしれない。1コーナーまでの距離が十分にある中京・芝2200メートルなら、狙った位置を取れそうだ。

2番手からレースを進めた前走の中日新聞杯で、ショウナンバルディの2着に好走。近走の成績がひと息だったこともあって18頭立ての17番人気という人気薄だったが、2019年のアルゼンチン共和国杯では1番人気で3着があり、好走しても不思議がないだけの実績は持っていた。前走のようなスムーズなレース運びができれば、レースレベルの上がるGⅡの舞台でも面白い存在となるはずだ。2200メートルの距離は〔1・1・0・1〕の成績で、着外の1戦は相手が強かった宝塚記念(18着)。この距離が得意な可能性もあるだろう。

マイネルウィルトス

牡6歳

調教師:宮徹(栗東)

  • 父:スクリーンヒーロー
  • 母:マイネボヌール
  • 母の父:ロージズインメイ
ここに注目!

速い時計の出る馬場での瞬発力勝負が苦手な馬。前走の敗戦は度外視していいだろう。ある程度のペースで流れ、上がりの時計を要す展開ならチャンスは十分。不良馬場で圧勝したことがあるので、雨も歓迎材料だ。

昨春の福島民報杯(リステッド。福島・芝2000メートル)では、2着プレシャスブルーに1秒8差をつけて大差勝ち。勝ち味に遅いイメージを一掃するレースぶりを見せたが、重賞にステップアップした近4走は結果を残せていない。しかしながら、強敵相手だった3走前の札幌記念では勝ち馬から0秒4差の4着に入り、オーソリティが制した前々走のアルゼンチン共和国杯でも0秒4差の2着。アルゼンチン共和国杯では今回の1戦にも出走するフライライクバード(3着)に先着している。前走から200メートルの距離延長がプラスに働けば、ここでも互角に戦えるはずだ。

ダノンマジェスティ

牡7歳

調教師:音無秀孝(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:ドバイマジェスティ
  • 母の父:Essence of Dubai
ここに注目!

中京コースは3戦2勝、2着1回。唯一の2着も、4コーナー16番手からメンバー中最速の推定上がり3ハロンタイムをマークして追い込む強烈な内容だった。このコースとの相性は良く、ハンデ戦なら上位進出も狙えるはずだ。

全兄に皐月賞馬のアルアイン、全弟にダービー馬のシャフリヤール。最高レベルの血統背景を持つ馬で、脚部不安による長い休養期間があったため、7歳を迎えた現在でもキャリアは10戦。加齢による能力の衰えよりも、キャリアを積んでいくことによる成長のほうが期待できるはずだ。約6か月半ぶりだった前走のアンドロメダS(リステッド。阪神・芝2000メートル、6着)は最後の直線での伸びを欠いたが、今回は休み明け2戦目。常に脚元と相談して調整されてきた馬だが、この中間は追い切りで強い負荷を掛けられている。変わり身があってもいいはずだ。

(松浪 大樹)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: