今週の注目レース

京成杯(GⅢ)

中山競馬場 2000メートル(芝)別定 3歳オープン

出走馬情報

アライバル

牡3歳

調教師:栗田徹(美浦)

  • 父:ハービンジャー
  • 母:クルミナル
  • 母の父:ディープインパクト
ここに注目!

新潟2歳Sでセリフォスと0秒2差の2着。そのセリフォスは続くデイリー杯2歳Sを連勝し、朝日杯フューチュリティSでも2着に入った。互角の走りをした本馬もかなりの素質馬と判断できる。ここは重賞初制覇の好機だ。

メイクデビュー東京(芝1600メートル)は出負けしたが、サッと挽回して先団へ。追い出されてから反応するまでにやや時間を要したものの、伸び出してからは抜群の鋭さを見せた。悠々と差し切って2着馬には2馬身1/2差。ゴール前は鞍上が抑えるシーンもあった。見た目のインパクトもさることながら、レースのラスト2ハロンのラップが11秒3、11秒4の流れを差し切っており、数字上でも非凡さがはっきり見て取れる。2戦目の新潟2歳S(2着)は、前を捕らえる勢いで伸びてきたところがゴール。あの内容なら2000メートルでさらに良さが出そうだ。適度に時計を要す今の馬場コンディションも合う。

ヴェールランス

牡3歳

調教師:藤岡健一(栗東)

  • 父:キタサンブラック
  • 母:ジュエラー
  • 母の父:ヴィクトワールピサ
ここに注目!

新馬戦で退けたテンダンスが東京スポーツ杯2歳Sで3着。本馬も素質馬がそろった1勝クラス・エリカ賞(阪神・芝2000メートル)で2歳コースレコード決着のクビ差2着と、かなりの能力を秘めた馬であることは間違いない。競馬がうまく、初の中山でも好勝負になりそうだ。

特筆すべきは前走の1勝クラス・エリカ賞。2歳戦とは思えぬほどのハイラップで流れたなか、好位のインで置かれることなく追走して直線も馬場の内へ。結果、外から伸びたサトノヘリオスの差し切りを許したものの、着差はクビで、ペースを思えば勝ち馬以上の評価も可能だろう。エリカ賞から京成杯への臨戦は2010年のエイシンフラッシュ、2015年のベルーフなどが連勝を決めており、本馬はエリカ賞2着とはいえ、それらを優にしのぐ時計で走破した点に価値がある。母は2016年の桜花賞を勝ったジュエラー。素質の裏付けはもちろん、早くから能力発揮がかなう血筋とみていいだろう。当然、重賞でも十分に通用するはずだ。

テンダンス

牡3歳

調教師:中竹和也(栗東)

  • 父:ジャスタウェイ
  • 母:フレンチリヴィエラ
  • 母の父:French Deputy
ここに注目!

初戦はヴェールランスに敗れたが、2戦目は4馬身差の快勝。前走の東京スポーツ杯2歳Sは初勝利直後ながら、ペースの違い、初の東京などをクリアして3着に好走した。能力に加えてセンスの高さも一級品と見てよさそう。今回も上位争いが可能だろう。

2戦目を楽勝して臨んだ前走の東京スポーツ杯2歳Sは、相手強化、初めての関東への遠征など厳しい条件がそろっていたが、サッと好位に収まると、直線で1度は先頭に立とうかという勢いを見せた。最後は勝ち馬から0秒5離されたとはいえ、上位2頭は後ろで脚をためていた組。先行勢では一番と思える頑張りで、中身の濃い3着だった。中山は初めてだが、無理なく先行できる出脚とラストでもうひと伸びできる末脚は、直線の短いコースでこそ最大限に発揮されそう。半兄カデナ(父ディープインパクト)は、本レースと同舞台の弥生賞の勝ち馬。血統的な背景からも、適性と成長力を感じさせる。

オニャンコポン

牡3歳

調教師:小島茂之(美浦)

  • 父:エイシンフラッシュ
  • 母:シャリオドール
  • 母の父:ヴィクトワールピサ
ここに注目!

メイクデビュー中山、1勝クラス・百日草特別(東京)と芝2000メートルで連勝。2戦とも先行策からラストに速い脚を使っての後続完封で、力がなければできない競馬内容だった。前走のホープフルS(11着)は直線で後退したが、レース巧者ぶりを含めて見直しが必要だ。

デビュー戦はレースの1000メートル通過タイム1分04秒2と遅い流れだったが、しっかりと折り合って勝負どころでも反応良し。4コーナーで他馬を突き放した時点で“勝負あり”の競馬だった。前半が遅かったとはいえ、直線に急坂のある中山でラスト2ハロン11秒2、11秒1の加速ラップはなかなか出せるものではなく、このあたりが素質の証と言えそうだ。東京に舞台の替わった1勝クラス・百日草特別ではラスト2ハロン11秒0、11秒6のラップで押し切り勝ち。2着馬とはクビ差でも、直線まで追い出しを待つ余裕があり、着差の印象以上に危なげなかった。前走のホープフルS(11着)は一気の相手強化に加えてペースも違った。GⅢであらためて期待したい。

トーセンヴァンノ

牡3歳

調教師:小桧山悟(美浦)

  • 父:ヴァンキッシュラン
  • 母:トーセンソニア
  • 母の父:ファンタスティックライト
ここに注目!

初勝利がオープン特別・コスモス賞(札幌・芝1800メートル)。続く札幌2歳Sでも3着と力を見せた。東京スポーツ杯2歳S(10着)はひと息だったが、中山に替わった前走のジュニアC(リステッド。芝1600メートル)で5着と前進。やはり小回りコースこそが本領のようだ。

デビュー戦、未勝利を連続2着したのち函館2歳Sへ向かい、勝ち馬から0秒5差の6着に入った。距離を延ばしたコスモス賞では、積極的なレースを展開。4コーナーで早めに先頭へ立つと、最後は激しい追い比べを制して見事、初勝利をオープン特別で挙げた。続く札幌2歳Sは勝ち馬に離された3着だったが、2着馬とは0秒2差。重賞でも通用する力を持っていることを示した。ひと息入った東京スポーツ杯2歳Sは二桁着順(10着)だったが、そもそも決め手勝負は不得手の印象。中山に戻ったジュニアC(リステッド、5着)で内容が良くなったことから、コース適性は高そうだ。冬場ゆえレース間隔を詰めて使える点も強調材料になる。

ホウオウプレミア

牡3歳

調教師:奥村武(美浦)

  • 父:ロードカナロア
  • 母:アドマイヤテンバ
  • 母の父:クロフネ
ここに注目!

前走の1勝クラス・百日草特別(東京・芝2000メートル、2着)は、オニャンコポンにクビ差及ばなかったものの、推定上がり3ハロンタイムはデビュー戦に続いてメンバー中最速だった。反応面を含めて成長途上の印象を受けるが、それだけ伸びしろは大きいはずだ。

祖母はアドマイヤグルーヴ。エアグルーヴ、ダイナカールへとさかのぼる日本でも指折りの名牝系の出身で、2019年のセレクトセールにおいて2億9160万円(消費税込み)で落札された。注目を集めた新馬戦は鞍上が促しつつの追走となったが、3コーナー手前で勢いがつくと、直線入り口では先頭に立とうかというところまで進出。サンストックトン(2着)の粘りに手を焼いたものの、追うごとに差を詰めて、最後はねじ伏せるような形で初陣を飾った。前走はもう少し早く伸び出していればという2着。それ以来の実戦になるが、中間の調教では力強い動きを披露しており、パワーアップした姿を見られそうだ。

サンストックトン

牡3歳

調教師:鹿戸雄一(美浦)

  • 父:ワールドエース
  • 母:シナル
  • 母の父:キングカメハメハ
ここに注目!

ともに2着だったとはいえ、デビュー戦も2戦目もタイム差は0秒1だった。特に、2戦目の走破タイムは同日のオープン特別・芙蓉Sの勝ち時計を上回るもの。この時点でオープンクラス通用の素地を示していた。従って前走は順当勝ちと言える結果。重賞でも見劣りはしない。

初戦も2戦目も勝ちに等しい内容。とりわけ初戦は優にクラス突破レベルの時計だった。加えて強調したいのが、初勝利を挙げた前走。差して2着以下を突き放した勝ち方も評価できるが、それまでのレースぶりとは一転、中団で脚をためる競馬を試みて一発で結果を出したあたりに、操縦性と学習能力の高さがうかがえる。半兄のサンアップルトン(父ゼンノロブロイ)は、一昨年のアルゼンチン共和国杯の3着馬。父がワールドエースに変わった分、その兄よりは成長が早そうで、距離適性も中距離向きと判断できる。いずれにしても成長が見込める血統。まだまだ良くなりそうだ。

ヴェローナシチー

牡3歳

調教師:佐々木晶三(栗東)

  • 父:エピファネイア
  • 母:アモーレエテルノ
  • 母の父:ゼンノロブロイ
ここに注目!

休み明けで臨んだ前走の未勝利(阪神・芝2000メートル)は、出遅れたうえに前半は集中力を欠いた走り。それでも3コーナー手前から進出を開始すると、直線のマッチレースを制して初勝利を挙げた。若さを見せながらも勝てたことが能力の証左。ここでも侮れない。

デビュー戦は夏の小倉。前進気勢が乏しく向正面では最後方に位置していたが、メンバー中最速タイの推定上がり3ハロンタイムで3着に入った。新馬前の調教から年上の馬と併せて先着をしており、素質の片りんを見せていた1頭。立て直された前走で、荒削りながらその一端を見せた格好だ。1月5日には栗東CWコースで7ハロン96秒7の好時計をマーク。古馬2勝クラスの併走馬を1秒以上追走して0秒4先着を果たすなど、あらためて脚力を示すとともに、前走以上の調教内容と言ってよさそうだ。勝ってさらに状態が上向いている印象。幼さを残す現状だが、台頭するだけの資質は十分にうかがえる。

(山下 健)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: