今週の注目レース

フェアリーステークス(GⅢ)

中山競馬場 1600メートル(芝・外)別定 (牝) 3歳オープン

データ分析

春のGⅠ戦線を占う3歳最初の牝馬限定重賞

フェアリーSは2009年から3歳牝馬限定の芝1600メートル戦として行われており、2020年スマイルカナ、2021年ファインルージュとここ2年の優勝馬は桜花賞で3着に好走。2017年2着のアエロリットはNHKマイルCを制している。春のGⅠにつながる重要な一戦にはどのような傾向があるのかを探るべく、過去10年の結果を分析する。

前走もマイル戦に出走していた馬が中心

過去10年の3着以内馬30頭中19頭は、前走でも芝1600メートルのレースに出走していた。前走で同じ距離を走っていたという点はアドバンテージになるようだ。なお、3着内率は芝1800メートル以上だった馬の方が高く、そのうち2着に入った4頭は全て単勝8番人気以下だった点は覚えておきたい。〔表1〕

〔表1〕前走の距離別成績(過去10年)
前走の距離 成績 勝率 連対率 3着内率
芝1500m以下 1-1-4-36 2.4% 4.8% 14.3%
芝1600m 9-5-5-69 10.2% 15.9% 21.6%
芝1800m以上 0-4-0-12 0% 25.0% 25.0%
ダート戦 0-0-1-13 0% 0% 7.1%

前走との間隔も要チェック

過去10年の前走との間隔別成績を見ると、3着内率は間隔が空いている馬ほど高くなっている。昨年は約2か月半ぶりの出走だったファインルージュが優勝、2018年には約3か月ぶりだったプリモシーンが勝利を収めている。一方、中2週以下だった馬で3着以内に入ったのは2019年1着のフィリアプーラのみ。間隔が詰まっている馬は割り引きが必要だろう。〔表2〕

〔表2〕前走との間隔別成績(過去10年)
前走との間隔 成績 勝率 連対率 3着内率
中2週以下 1-0-0-25 3.8% 3.8% 3.8%
中3週 2-1-2-23 7.1% 10.7% 17.9%
中4週〜中8週 3-7-6-57 4.1% 13.7% 21.9%
中9週以上 4-2-2-25 12.1% 18.2% 24.2%

初勝利を挙げたばかりの馬も侮れない

過去10年の3着以内馬30頭のうち、JRAのオープンクラスのレースに出走経験があった馬は8頭にとどまっている。該当馬は3着内率も13.3%といまひとつで、2018年以降は当レースがオープンクラス初出走となった馬が4連勝中だ。また、そのうち3頭は前走で未勝利戦を勝ったばかりで、初勝利直後の馬でも十分通用する一戦となっている。〔表3〕

〔表3〕JRAのオープンクラスへの出走経験の有無別成績(過去10年)
経験の有無 成績 勝率 連対率 3着内率
あり 4-2-2-52 6.7% 10.0% 13.3%
なし 6-8-8-78 6.0% 14.0% 22.0%
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

デビュー戦が多頭数で3番人気以内だった馬に注目

過去5年の優勝馬はデビュー戦で単勝3番人気以内に支持されており、デビュー前から評判が高かったことがうかがえる。また、この5頭はデビュー戦の出走頭数が15頭以上だった点も同じ。過去10年のいずれの年もフルゲートで行われているフェアリーSでは、デビュー戦から多頭数のレースを経験していたような馬に注目したい。〔表4〕

(高那実 マヤ)

〔表4〕優勝馬のデビュー戦での単勝人気と出走頭数(過去5年)
年度 優勝馬 デビュー戦での単勝人気と出走頭数
2017年 ライジングリーズン 2番人気 16頭
2018年 プリモシーン 1番人気 16頭
2019年 フィリアプーラ 3番人気 15頭
2020年 スマイルカナ 2番人気 18頭
2021年 ファインルージュ 1番人気 17頭

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: