今週の注目レース

スポーツニッポン賞京都金杯(GⅢ)

中京競馬場 1600メートル(芝)ハンデ 4歳以上オープン

データ分析

正月開催を飾る名物マイル重賞

1963年に創設された正月開催の名物重賞。2000年に距離が1600メートルに短縮されて以降は、その年のマイル戦線を占う一戦となっている。京都競馬場の整備工事の影響により、昨年に続き今年も中京・芝1600メートルで開催されるが、今回は過去10年のデータを中心に分析していきたい。

ハンデ56.5キログラム以上の好走率が高い

過去10年の負担重量別成績では、ハンデの軽い馬よりも、56.5キログラム以上のハンデとなった馬の好走率が高い。2021年は上位3頭がいずれも56キログラムだったが、2013年から2018年にかけては毎年56.5キログラム以上の馬が馬券に絡んでいた。中でも、ハンデ56.5キログラム以上で単勝オッズ9.9倍以下に支持された馬は、過去10年で〔3・3・1・8〕(3着内率46.7%)と安定した成績を残している。〔表1〕

〔表1〕負担重量別成績(過去10年)
負担重量 成績 勝率 連対率 3着内率
56kg以下 7-5-8-106 5.6% 9.5% 15.9%
56.5kg以上 3-5-2-29 7.7% 20.5% 25.6%

大型馬の成績がイマイチ

過去10年の馬体重別の成績を調べると、479キログラム以下だった馬の3着内率が27.3%であるのに対し、480キログラム以上だった馬は12.1%とやや低調だ。寒さが厳しくなってくる時季であることに加え、年末年始の変則開催の影響もあって、大型馬が仕上がりにくい面があるのかもしれない。〔表2〕

〔表2〕馬体重別成績(過去10年)
馬体重 成績 勝率 連対率 3着内率
479kg以下 6-5-7-48 9.1% 16.7% 27.3%
480kg以上 4-5-3-87 4.0% 9.1% 12.1%

レース間隔が詰まっている馬が狙い目

好走率が高いのは前走からのレース間隔が詰まっている馬で、頭数は少ないものの、連闘や中1週で出走してきた馬の3着内率が高い。2016年13番人気2着のテイエムタイホー(連闘)の例もあり、人気の有無にかかわらず要注意である。一方、中7週以上の間隔が開くと3着内率がガクンと下がっている。〔表3〕

〔表3〕間隔別成績(過去10年)
間隔 成績 勝率 連対率 3着内率
連闘 0-1-0-2 0% 33.3% 33.3%
中1週 1-0-2-8 9.1% 9.1% 27.3%
中2週 1-1-3-27 3.1% 6.3% 15.6%
中3週 3-3-2-29 8.1% 16.2% 21.6%
中4週〜中6週 3-5-3-44 5.5% 14.5% 20.0%
中7週以上 2-0-0-25 7.4% 7.4% 7.4%

前走1400メートル組に注意

人気薄での好走が目立つのは前走で1400メートルを使われていた馬である。表にあるように、2021年に12番人気で優勝したケイデンスコール、2020年に14番人気で3着のボンセルヴィーソ、2016年に13番人気で2着のテイエムタイホーなど、1400メートルからの距離延長で穴をあけた馬が目立つ。〔表4〕

〔表4〕前走で1400メートル戦に出走していた京都金杯の3着以内馬(過去10年)
年度 着順 馬名 単勝人気
2014年 3着 ガルボ 5番人気
2016年 2着 テイエムタイホー 13番人気
3着 ミッキーラブソング 7番人気
2017年 3着 フィエロ 5番人気
2020年 3着 ボンセルヴィーソ 14番人気
2021年 1着 ケイデンスコール 12番人気
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

4歳から6歳でマイル戦2勝以上の馬に注目

距離が1600メートルに短縮された2000年以降、優勝馬は全て4歳から6歳だった。しかも、ここ6年の優勝馬6頭はマイル戦3勝以上、もしくは2勝+マイル重賞2着以内の実績があった。勝ち馬を予想する際には年齢とマイル実績で絞り込みたい。〔表5〕

(姫園 淀仁)

〔表5〕優勝馬の年齢と1600メートル戦での実績(過去6年)
年度 優勝馬 年齢 1600mでの勝利数 1600m重賞での主な実績
2016年 ウインプリメーラ 6歳 2勝 チューリップ賞2着
2017年 エアスピネル 4歳 2勝 デイリー杯2歳S1着
2018年 ブラックムーン 6歳 5勝 なし
2019年 パクスアメリカーナ 4歳 3勝 アーリントンC2着
2020年 サウンドキアラ 5歳 3勝 なし
2021年 ケイデンスコール 5歳 2勝 新潟2歳S1着

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: