今週の注目レース

有馬記念ウィーク馬連 阪神カップ(GⅡ)

阪神競馬場 1400メートル(芝)定量 3歳以上オープン

データ分析

暮れの仁川で強豪短距離馬が激突

阪神Cは、1400メートルで行われることもあって、スプリント路線を歩んできた馬とマイル路線を歩んできた馬が集結する。過去10年で単勝1番人気馬が1勝3着2回と苦戦しているが、それぞれの路線を歩んできた馬同士の力量比較が難しい一戦だけに、そこに波乱の要因があるのかもしれない。ここでは過去10年のデータから、レースの傾向を分析する。

近年は5歳以下の馬が優勢

過去10年の年齢別成績では、優勝馬はいずれも6歳以下で、7歳以上の馬は苦戦気味だ。また、3着内率を見ると5歳以下と6歳以上の間に大きな差が生じている。特に近年は5歳以下の馬の活躍が顕著で、過去3年の3着以内馬9頭は全て5歳以下の馬となっている。近年の傾向から、5歳以下の馬を重視するのがよさそうだ。〔表1〕

〔表1〕年齢別成績(過去10年)
年齢 成績 勝率 連対率 3着内率
3歳 2-3-3-23 6.5% 16.1% 25.8%
4歳 2-1-3-25 6.5% 9.7% 19.4%
5歳 3-4-3-38 6.3% 14.6% 20.8%
6歳 3-1-0-30 8.8% 11.8% 11.8%
7歳 0-1-1-18 0% 5.0% 10.0%
8歳以上 0-0-0-8 0% 0% 0%

前走でGⅠに出走していた馬に注目

過去10年の前走別成績を見ると、出走馬のほとんどが前走でオープンクラスのレースに出走しており、3着内率ではより格が高いほど数値が高くなっている。その中でも、3着以内馬延べ30頭中17頭を前走GⅠ組が占めている。臨戦過程を比較する際は、前走がGⅠだった馬に注目したい。〔表2〕

〔表2〕前走別成績(過去10年)
前走 成績 勝率 連対率 3着内率
GⅠ 5-7-5-48 7.7% 18.5% 26.2%
GⅡ 2-0-2-14 11.1% 11.1% 22.2%
GⅢ 1-1-2-28 3.1% 6.3% 12.5%
オープン特別 2-1-1-44 4.2% 6.3% 8.3%
3勝クラス 0-0-0-6 0% 0% 0%
地方のレース 0-1-0-2 0% 33.3% 33.3%
  • 注記:リステッドはオープン特別に含む

近走の実績も要チェック

過去10年の出走馬について、過去3走における芝重賞での最高着順別に成績を調べると、3着以内馬延べ30頭中15頭は、過去3走以内に芝重賞で2着以内に入った実績を持つ馬だった。最高着順が6着から9着だった馬からも優勝馬が出ているが、10着以下だった馬は連対できていない。また、過去5年に限れば、3着以内馬延べ15頭全てが過去3走以内に芝重賞で5着以内に入った実績を持っていた。近走の実績についてもチェックしておきたい。〔表3〕

(河野 道夫)

〔表3〕過去3走における芝重賞での最高着順別成績(過去10年)
最高着順 成績 勝率 連対率 3着内率
1着 1-4-4-22 3.2% 16.1% 29.0%
2着 3-2-1-13 15.8% 26.3% 31.6%
3着 1-0-1-9 9.1% 9.1% 18.2%
4着 1-0-0-10 9.1% 9.1% 9.1%
5着 1-1-3-12 5.9% 11.8% 29.4%
6〜9着 2-3-0-35 5.0% 12.5% 12.5%
10着以下 0-0-1-22 0% 0% 4.3%
不出走 1-0-0-19 5.0% 5.0% 5.0%

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: