今週の注目レース

有馬記念ウィーク馬連 中山大障害(J・GⅠ)

中山競馬場 4100メートル(芝)定量 障害3歳以上オープン

データ分析

障害レースの年末頂上決戦

中山大障害は1934年に創設された歴史ある障害の重賞で、かつては春秋の年2回開催だったが、1999年に春の開催が中山グランドジャンプに変更されたため、以降は年1回の開催となっている。障害の難度は高く、全馬が完走するだけで、スタンドには拍手が巻き起こる。そんなJ・GⅠ中山大障害の傾向を過去10年のデータから探ってみた。

前走3着以内が好走の目安

前走で大敗した馬の巻き返しはあまりないレースで、過去10年の前走の着順別成績では、前走で3着以内だった馬の3着内率が44.8%あるのに対し、4着以下に敗れていた馬は5.0%と、かなり大きな開きが出ている。ちなみに2014年以降は、前走で3着以内に入っていた馬が7連勝中である。軸馬は前走で3着以内に入っていた馬から選びたい。〔表1〕

〔表1〕前走の着順別成績(過去10年)
前走の着順 成績 勝率 連対率 3着内率
3着以内 9-8-9-32 15.5% 29.3% 44.8%
4着以下、競走中止 1-2-1-76 1.3% 3.8% 5.0%

4コーナーを好位で回らないと厳しい

中山大障害は4コーナーで好位にいないと連対が難しいレース。過去10年の連対馬延べ20頭のうち19頭は、4コーナーを4番手以内で通過していた。4コーナーを好位で回れるか否かは、前走の4コーナーの通過順から判断したい。前走で4コーナーを4番手以内で通過した馬の3着内率が35.4%あるのに対し、5番手以下だった馬は低調な数値になっている。これだけ好走率に大きな開きがあるので、前走の4コーナーの通過順はチェックしておきたい。〔表2〕

〔表2〕前走の4コーナーの通過順別成績(過去10年)
前走の4コーナーの通過順 成績 勝率 連対率 3着内率
4番手以内 9-7-7-42 13.8% 24.6% 35.4%
5番手以下 0-3-3-64 0% 4.3% 8.6%
  • 注記:前走で競走を中止していた馬を除く

同年の障害・オープンクラスの勝利実績がほしい

過去10年の3着以内馬延べ30頭のうち24頭は、同年の障害・オープンクラスのレースで勝利経験があった。なお、同年の障害重賞勝利馬に限定すると、〔7・4・6・12〕(3着内率58.6%)と好走率はさらにアップする。参考までに、今年障害重賞を制しているのは、メイショウダッサイ、マーニ、スマートアペックス、トゥルボー、アサクサゲンキ、ラヴアンドポップ、ケンホファヴァルトの7頭である。〔表3〕

〔表3〕同年に行われた障害オープンクラスでの優勝経験の有無別成績(過去10年)
優勝経験の有無 成績 勝率 連対率 3着内率
あり 9-5-10-37 14.8% 23.0% 39.3%
なし 1-5-0-71 1.3% 7.8% 7.8%

勝率が高いのは4歳馬と5歳馬

障害レースといえば年齢を重ねていても活躍できるイメージがあるかもしれないが、過去10年の中山大障害においては、4歳馬と5歳馬の勝率が高い。もちろん6歳以上の馬の好走例もたくさんあるのだが、勝率はそこまで高くない。狙ってみたい4歳馬や5歳馬がいれば、思い切って1着に固定してみるのもアリかもしれない。〔表4〕

(姫園 淀仁)

〔表4〕年齢別成績(過去10年)
年齢 成績 勝率 連対率 3着内率
3歳 0-0-0-1 0% 0% 0%
4歳 3-0-1-10 21.4% 21.4% 28.6%
5歳 4-4-1-31 10.0% 20.0% 22.5%
6歳 1-3-5-20 3.4% 13.8% 31.0%
7歳以上 2-3-3-46 3.7% 9.3% 14.8%

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: