今週の注目レース

秋の2歳単勝馬連 朝日杯フューチュリティステークス(GⅠ)

阪神競馬場 1600メートル(芝・外)馬齢 牡・牝 2歳オープン

データ分析

優秀な2歳馬が集うチャンピオンレース

1949年に創設された2歳馬によるチャンピオンレースが2014年に阪神競馬場へ移設。優勝馬はもちろん、ここで敗れた馬が後のGⅠで活躍することも多く、必見のGⅠである。今回は阪神・芝1600メートルへコースが変わった2014年以降の7年間のデータを中心に傾向を探ってみた。

早生まれの馬が優勢

“2歳戦は早生まれが有利”という競馬格言があるが、過去7年の朝日杯フューチュリティSでもその通りの結果が出ている。2014年以降は、1月から3月生まれの馬が6勝を挙げているのに対し、4月以降生まれの馬はわずか1勝。連対率や3着内率にも大きな差が出ている。まずは出走馬の誕生月を確認したい。〔表1〕

〔表1〕誕生月別成績(過去7年)
誕生月 成績 勝率 連対率 3着内率
1月〜3月 6-7-5-54 8.3% 18.1% 25.0%
4月以降 1-0-2-40 2.3% 2.3% 7.0%

キャリア4戦と5戦の間に分水嶺

キャリア5戦以上で馬券に絡んだ馬は過去7年で1頭もいない。過去10年にさかのぼっても、キャリア5戦以上で3着以内に入ったのは2012年1着のロゴタイプと、2011年3着のレオアクティブだけ。近年の朝日杯フューチュリティSでは、キャリア4戦と5戦の間にきれいな分水嶺があるようだ。馬券の対象にはキャリア4戦以内の馬をピックアップし、キャリア5戦以上の馬は評価を下げたい。〔表2〕

〔表2〕通算出走数別成績(過去7年)
通算出走数 成績 勝率 連対率 3着内率
4戦以内 7-7-7-73 7.4% 14.9% 22.3%
5戦以上 0-0-0-21 0% 0% 0%

2勝以上馬優勢も1勝馬は高配当の使者に

朝日杯フューチュリティSは、1勝クラスの馬でも抽選次第で出走できることが多いGⅠだが、成績が良いのはやはり2勝以上を挙げている馬である。好走率重視なら2勝以上の馬を狙いたいが、1勝馬は2020年7番人気1着のグレナディアガーズ、2019年14番人気3着のグランレイなど、高配当の立役者になることがある。ちなみに、3着以内に入った5頭の1勝馬は全て、1600メートル以外の距離で勝利を挙げていた。〔表3〕

〔表3〕JRAでの通算勝利数別成績(過去7年)
通算勝利数 成績 勝率 連対率 3着内率
2勝以上 5-6-5-51 7.5% 16.4% 23.9%
1勝以下 2-1-2-43 4.2% 6.3% 10.4%

重賞勝利馬は毎年馬券に絡んでいる

過去7年の出走馬のうち、重賞優勝の実績があった馬は毎年馬券に絡んでおり、その成績は〔3・4・4・20〕(3着内率35.5%)とそれなりに優秀。キャリアの浅い2歳馬のGⅠとはいえ、重賞勝ちの実績がある馬は有力だ。〔表4〕

〔表4〕3着以内に入った重賞勝ち馬一覧(過去7年)
年度 着順 馬名 重賞勝ち鞍
2014年 3着 クラリティスカイ いちょうS
2015年 2着 エアスピネル デイリー杯2歳S
2016年 2着 モンドキャンノ 京王杯2歳S
2017年 1着 ダノンプレミアム サウジアラビアRC
3着 タワーオブロンドン 京王杯2歳S
2018年 1着 アドマイヤマーズ デイリー杯2歳S
3着 グランアレグリア サウジアラビアRC
2019年 1着 サリオス サウジアラビアRC
2着 タイセイビジョン 京王杯2歳S
2020年 2着 ステラヴェローチェ サウジアラビアRC
3着 レッドベルオーブ デイリー杯2歳S

ディープインパクト産駒が活躍

阪神・芝1600メートルはディープインパクト産駒の成績が良く、2020年に行われた全64レース中、13レースで優勝している(勝率13.4%、連対率23.7%、3着内率38.1%)。朝日杯フューチュリティSもご多分に漏れず、過去7年で9頭が出走して5頭が馬券に絡んでいる。ちなみに、ディープインパクト産駒が1番人気に支持された場合(4頭)の3着内率は100%だ。逆に、ダイワメジャー産駒は出走頭数がディープインパクト産駒と同数(9頭)となっているが、好走率では大きく見劣っている。〔表5〕

〔表5〕主な種牡馬成績(過去7年)
種牡馬 成績 勝率 連対率 3着内率
ディープインパクト 3-0-2-4 33.3% 33.3% 55.6%
キングカメハメハ 1-1-0-3 20.0% 40.0% 40.0%
ダイワメジャー 1-0-1-7 11.1% 11.1% 22.2%
Frankel 1-0-0-1 50.0% 50.0% 50.0%
ハーツクライ 1-0-0-1 50.0% 50.0% 50.0%
ロードカナロア 0-1-0-4 0% 20.0% 20.0%
キンシャサノキセキ 0-1-0-5 0% 16.7% 16.7%
スクリーンヒーロー 0-1-0-5 0% 16.7% 16.7%
  • 注記:出走頭数が5頭以上、もしくは勝ち馬を出している種牡馬を掲載

内枠がやや優勢

阪神・芝1600メートルは内枠の成績がいいコース。特に1枠の成績が良く、2018年から2020年の3年間で、勝率12.2%、3着内率27.3%の数値を残している。過去7年の朝日杯フューチュリティSでも、2014年ダノンプラチナ、2017年ダノンプレミアム、2020年グレナディアガーズと、1枠から3頭の優勝馬が出ている。〔表6〕

〔表6〕阪神・芝1600メートル戦の枠番別成績(2018年から2020年)
枠番 成績 勝率 連対率 3着内率
1枠 29-17-19-173 12.2% 19.3% 27.3%
2枠 13-19-22-192 5.3% 13.0% 22.0%
3枠 27-19-19-194 10.4% 17.8% 25.1%
4枠 16-21-16-217 5.9% 13.7% 19.6%
5枠 23-19-22-227 7.9% 14.4% 22.0%
6枠 17-28-24-236 5.6% 14.8% 22.6%
7枠 27-23-21-285 7.6% 14.0% 19.9%
8枠 21-25-29-305 5.5% 12.1% 19.7%
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

10月以降のレースを勝って参戦してくる馬を狙え

過去7年の優勝馬は全て前走で1着だった。前走で敗れていた馬はアタマでは狙いづらい。また、7頭の優勝馬は全て10月以降のレースで優勝しており、その中でも前走が条件クラスだった馬は、いずれも11月以降のレースで勝利し、その勢いのままに朝日杯フューチュリティSを優勝している。優勝馬を予想する際は、ここまでのデータに加えて、前走の時期と着順もチェックしておきたい。〔表7〕

(姫園 淀仁)

〔表7〕優勝馬の前走とその着順(過去7年)
年度 優勝馬 前走 前走の着順
2014年 ダノンプラチナ 11月30日ベゴニア賞 1着
2015年 リオンディーズ 11月22日2歳新馬 1着
2016年 サトノアレス 11月27日ベゴニア賞 1着
2017年 ダノンプレミアム 10月7日サウジアラビアRC 1着
2018年 アドマイヤマーズ 11月10日デイリー杯2歳S 1着
2019年 サリオス 10月5日サウジアラビアRC 1着
2020年 グレナディアガーズ 11月7日2歳未勝利 1着

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: