今週の注目レース

阪神ジュベナイルフィリーズ(GⅠ)

阪神競馬場 1600メートル(芝・外)馬齢 (牝) 2歳オープン

出走馬情報

ウォーターナビレラ

牝2歳

調教師:武幸四郎(栗東)

  • 父:シルバーステート
  • 母:シャイニングサヤカ
  • 母の父:キングヘイロー
ここに注目!

ここまで無敗の3連勝でGⅠに挑む。父は現役時代に5戦4勝。屈腱炎によって重賞挑戦はかなわなかったが、高い能力をレースで見せていた。現2歳世代が初年度産駒で、本馬が初の重賞制覇を達成。今度は初めてとなるGⅠタイトルをプレゼントしたい。

ここまでデビューから無敗の3連勝で、GⅠの大舞台に駒を進めてきた。8月のメイクデビュー札幌(芝1500メートル)では、抜群のスタートでハナを奪うと、道中もリズムよく走り、2着馬に1馬身3/4差をつけて快勝。逃げる競馬でありながら、上がり3ハロンもメンバー中最速タイの34秒8をマークするという完勝ぶりだった。2戦目の1勝クラス・サフラン賞(中山・芝1600メートル)では、道中2番手追走から、同じくメンバー中最速タイの上がり3ハロン33秒6(推定)を記録して1馬身1/4差のV。勢いのまま挑んだファンタジーSでも2番手追走から抜け出し、重賞初制覇を飾った。先行策から速い上がりを使うレースセンスあふれる競馬を続けており、今回も大崩れはなさそうだ。

サークルオブライフ

牝2歳

調教師:国枝栄(美浦)

  • 父:エピファネイア
  • 母:シーブリーズライフ
  • 母の父:アドマイヤジャパン
ここに注目!

母は現役時代に3勝をマーク。3歳1月のオープン特別を制すなど、仕上がりの早さも見せた。父は三冠牝馬デアリングタクトやGⅠ2勝のエフフォーリアを送り出している。本馬がデビュー3戦目で重賞制覇を果たしたのも納得の血統背景で、GⅠ制覇を狙える素質はあるだろう。

決め手は、2歳牝馬の頂点を決める今回のメンバーに入っても勝るとも劣らないはずだ。メイクデビュー新潟(芝1800メートル)こそ3着と負けはしたものの、勝ち馬イクイノックスは続く東京スポーツ杯2歳Sを制覇。4着のサトノヘリオスもすでに勝ち上がっているように、メンバーレベルは高かったと言える。2戦目の未勝利(中山・芝1600メートル)は、メンバー中最速の上がり3ハロン35秒4(以下推定)をマークし、2着馬に2馬身1/2差をつけて初勝利。前走のアルテミスSでは7番人気の評価だったものの、重賞の舞台でもメンバー中最速の上がり3ハロン33秒5をマークしてタイトルをつかんだ。ここまでの内容なら、GⅠでも通用していいだろう。

ステルナティーア

牝2歳

調教師:木村哲也(美浦)

  • 父:ロードカナロア
  • 母:ラルケット
  • 母の父:ファルブラヴ
ここに注目!

全兄ステルヴィオは3歳時にマイルチャンピオンシップを制覇。朝日杯フューチュリティSでは2着と、2歳GⅠでも活躍した。その他のきょうだいも堅実な走りを見せており、血統的な素質はメンバー中でも上位の存在だ。

初陣となったメイクデビュー新潟(芝1600メートル)で見せた競馬ぶりが圧巻だった。五分のスタートから無理にポジションを取りに行くことなく、流れに乗って折り合いに専念し、抜群の手応えを保ったまま勝負の直線へ。馬なりのまま先頭に並びかけると、残り300メートル付近からスパートを開始。鋭い反応であっという間にトップスピードに乗ると、2着以下を一瞬で突き放して3馬身差のVを飾った。牡馬混合の重賞に挑んだ前走のサウジアラビアロイヤルCでも2着を確保。先に抜け出した勝ち馬コマンドラインこそ捕まえられなかったが、メンバー中2位タイの上がり3ハロン33秒4(推定)をマークしており、重賞でも通用する能力は十分に示したと言っていいだろう。

ベルクレスタ

牝2歳

調教師:須貝尚介(栗東)

  • 父:ドゥラメンテ
  • 母:ベルアリュールⅡ
  • 母の父:Numerous
ここに注目!

須貝尚介厩舎は2012年ローブティサージュ、2013年レッドリヴェール、2020年ソダシと、本レースで3勝を挙げている。半姉で厩舎の先輩でもあるアドマイヤリード(父ステイゴールド)はヴィクトリアマイルを制覇。血統的にもマイル適性は高く、今回の条件は合いそうだ。

デビューから3戦を経験して、そのうち2戦でメンバー中最速の推定上がり3ハロンタイムをマーク。また、3戦全てで1600メートル戦に使われており、キャリアの浅い2歳馬同士の戦いにおいて距離の経験値も大きな武器となるはずだ。今回は初めて右回りコースとなるが、管理する須貝尚介調教師は「これまでの調教の動きなどを見ていても、右回りに替わるのは逆にプラスに働くのではないかとみています」と力強い。GⅠウイナーの半姉アドマイヤリードとの比較では、「リードに比べて扱いやすいですね。おりこうさんで、優等生という感じ。体質の弱さなどもないです」と話す。前走のアルテミスSで2着と重賞級の能力を証明。姉に続き、GⅠウイナーの仲間入りを果たしたい。

ナムラクレア

牝2歳

調教師:長谷川浩大(栗東)

  • 父:ミッキーアイル
  • 母:サンクイーンⅡ
  • 母の父:Storm Cat
ここに注目!

今回はデビュー戦で3着に敗れた1600メートル戦。距離克服が課題となるが、半兄ナムラヘイハチロー(父ディープインパクト)は2200メートル、同ナムラショウグン(父ヴィクトワールピサ)は1800メートルでV。母系からは、距離をこなせる下地があるとみていいだろう。

デビュー前の段階から栗東坂路で4ハロン51秒1(ラスト1ハロン12秒3)をマークするなど、調教で高い能力を示していた。メイクデビュー新潟(芝1600メートル)は3着。2戦目は未勝利の身ながらオープン特別・フェニックス賞(小倉・芝1200メートル)に出走し、メンバー中最速の上がり3ハロン36秒4(不良馬場、以下推定)の末脚で差し切って初勝利を挙げた。続く小倉2歳Sでもメンバー中最速の上がり3ハロン33秒9を記録して、2着馬に2馬身差をつける快勝。前走のファンタジーSは、1番人気の支持を受けたが2着。それでも、メンバー中最速の上がり3ハロン34秒6をマークしており、距離延長でも末脚が鈍ることがなかったのは収穫だろう。

ナミュール

牝2歳

調教師:高野友和(栗東)

  • 父:ハービンジャー
  • 母:サンブルエミューズ
  • 母の父:ダイワメジャー
ここに注目!

曽祖母のキョウエイマーチは1997年の桜花賞馬。叔母マルシュロレーヌは先月にブリーダーズCディスタフ(G1・アメリカ)を制しており、勢いのある母系の出身。本馬もGⅠで戦えるだけの底力を持っていそうだ。無傷の3連勝で2歳牝馬の頂点に立つ可能性はあるだろう。

中2週での臨戦過程となるが、管理する高野友和調教師は「牧場とも話をして、問題ないということで出走を決めました」と説明した。メイクデビュー中京(芝1600メートル)で、2着馬に2馬身差をつけて初陣を飾ると、前走の1勝クラス・赤松賞(東京・芝1600メートル)では、メンバー中最速の上がり3ハロン33秒0(推定)の末脚で差し切り、1馬身3/4差で完勝した。同調教師は「いい競馬だったと思います。決め手を使える馬だなと感じました。トップスピードでのスピード値が高いですね」と素質を高く評価する。デビューから2戦は左回りだったが、今回は右回りの阪神競馬場。それでも「調教で右回りでも左回りでも走らせていますが、特に癖もないですし、問題ないと思います」と意に介さない。

ラブリイユアアイズ

牝2歳

調教師:黒岩陽一(美浦)

  • 父:ロゴタイプ
  • 母:オープンユアアイズ
  • 母の父:ヴィクトワールピサ
ここに注目!

祖母アーヴェイはアメリカ芝G1の勝ち馬。母は現役時代1勝だが、故障による引退だっただけに、素質を全て出し切ったとは言いづらい。本馬はここまで3戦して2勝、3着1回と安定感を見せており、GⅠでも上位争いができるだけの血統背景を持っている。

父ロゴタイプは函館で新馬勝ちを収めると、当時は中山開催だった朝日杯フューチュリティSを制覇。仕上がりの早さを見せて2歳チャンピオンに輝くと、翌年は皐月賞馬の座にも就いた。6歳時には安田記念を制するなど、優れたスピードを発揮。その速力は産駒にもしっかりと伝わっており、本馬もメイクデビュー札幌(芝1200メートル)を1馬身1/4差の快勝。続くオープン特別・クローバー賞(札幌・芝1500メートル)も2馬身1/2差をつけて勝利し、能力の高さを示した。前走の京王杯2歳Sでは、牡馬混合の重賞で3着。牝馬同士の戦いなら、GⅠでも上位争いが可能だろう。初めてのマイル戦となるが、折り合いに難のあるタイプではなく、問題なさそうだ。

(山口 大輝)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: