今週の注目レース

カペラステークス(GⅢ)

中山競馬場 1200メートル(ダート)別定 3歳以上オープン

データ分析

多彩な活躍馬を輩出しているダート短距離重賞

昨年のカペラSで2着に入ったレッドルゼルは、今春の根岸Sで重賞初制覇を果たし、秋にはJBCスプリントでJpnⅠ初制覇を果たした。今後のダート短距離戦線を占う重要な一戦について、今回は過去10年のレース結果から、好走馬に共通するポイントを分析してみたい。

前走のパフォーマンスに注目

過去10年の3着以内馬延べ30頭中26頭は、前走の着順が9着以内だった。一方、10着以下もしくは競走中止だった馬は3着内率9.1%と苦戦しており、2016年以降の過去5年に限ると〔0・0・1・24〕(3着内率4.0%)である。前走で10着以下に敗れていた馬は評価を下げるべきだろう。〔表1〕

〔表1〕前走の着順別成績(過去10年)
前走の着順 着度数 勝率 連対率 3着内率
9着以内 9-9-8-88 7.9% 15.8% 22.8%
10着以下、競走中止 1-1-2-40 2.3% 4.5% 9.1%

なお、2016年以降の出走馬のうち、前走が海外のレースだった馬を除いて前走の4コーナーの通過順別成績を調べると、3着以内馬延べ15頭はいずれも前走の4コーナーの通過順が10番手以内だった。前走好走馬であっても、後方からレースを進めていた馬は割り引きが必要だ。〔表2〕

〔表2〕前走の4コーナーの通過順別成績(過去5年)
前走の4コーナーの通過順 着度数 勝率 連対率 3着内率
10番手以内 5-5-5-45 8.3% 16.7% 25.0%
11番手以下、競走中止 0-0-0-18 0% 0% 0%
  • 注記:前走が海外のレースだった馬を除く

牝馬は不振

過去10年の3着以内馬延べ30頭中28頭は、牡・せん馬だった。一方、牝馬は3着内率9.5%と苦戦している。3着以内に入ったのは、2011年1着のケイアイガーベラと2016年3着のコーリンベリーのみである。今後も牝馬は過信禁物とみておきたい。〔表3〕

〔表3〕性別成績(過去10年)
着度数 勝率 連対率 3着内率
牡・せん 9-10-9-109 6.6% 13.9% 20.4%
1-0-1-19 4.8% 4.8% 9.5%

近年は前走との間隔が中3週以上の馬が中心

過去5年の3着以内馬延べ15頭中12頭は、前走との間隔が中3週以上だった。一方、中2週以内だった馬は3着内率10.3%とやや苦戦している。臨戦過程に余裕がある馬を重視すべきだろう。〔表4〕

〔表4〕前走との間隔別成績(過去5年)
前走との間隔 着度数 勝率 連対率 3着内率
中2週以内 2-1-0-26 6.9% 10.3% 10.3%
中3週以上 3-4-5-39 5.9% 13.7% 23.5%

なお、前走との間隔が中2週以内だった馬のうち、前走の着順が3着以下だった馬は全て4着以下に敗れている。臨戦過程に余裕がなく、直近のレースで連対できなかった馬は、苦戦する可能性が高いようだ。〔表5〕

〔表5〕前走との間隔が中2週以内だった馬の、前走の着順別成績(過去5年)
前走の着順 着度数 勝率 連対率 3着内率
2着以内 2-1-0-4 28.6% 42.9% 42.9%
3着以下 0-0-0-22 0% 0% 0%

オープンクラスでの勝ち鞍や当時の脚質がポイント

過去5年の3着以内馬延べ15頭中10頭は、JRAのオープンクラスのレースにおいて“1着、かつ上がり3ハロンタイム(推定)順位が3位以内”となった経験のある馬だった。該当馬は3着内率が34.5%と優秀な水準に達している。末脚を生かす競馬でオープンクラスのレースを勝ったことがある馬は高く評価したい。〔表6〕

〔表6〕JRAのオープンクラスのレースにおいて“1着、かつ上がり3ハロンタイム(推定)順位が3位以内”となった経験の有無別成績(過去5年)
経験の有無 着度数 勝率 連対率 3着内率
あり 3-4-3-19 10.3% 24.1% 34.5%
なし 2-1-2-46 3.9% 5.9% 9.8%

なお、JRAのオープンクラスのレースにおいて“1着、かつ上がり3ハロンタイム(推定)順位が3位以内”となった経験がなかった馬のうち、年齢が5歳以上の馬は3着内率2.9%と苦戦している。この経験を持たない5歳以上の馬は、評価を下げるべきだろう。〔表7〕

〔表7〕JRAのオープンクラスのレースにおいて“1着、かつ上がり3ハロンタイム(推定)順位が3位以内”となった経験がなかった馬の、年齢別成績(過去5年)
年齢 着度数 勝率 連対率 3着内率
4歳以下 2-1-1-12 12.5% 18.8% 25.0%
5歳以上 0-0-1-34 0% 0% 2.9%
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

近年は5歳以上の馬が勝っていない

過去5年の優勝馬延べ5頭は、いずれも年齢が4歳以下だった。たとえ実績上位であっても、5歳以上の馬は割り引きが必要だ。また、この5頭は前走の着順が9着以内だった点、前走の4コーナーの通過順が10番手以内だった点、牡・せん馬だった点も共通している。〔表1〕〔表2〕〔表3〕で挙げた傾向も重視したい。〔表8〕

(伊吹 雅也)

〔表8〕優勝馬の、年齢、前走の着順、前走の4コーナーの通過順、性別(過去5年)
年度 優勝馬 年齢 前走の着順 前走の4コーナーの通過順 性別
2016年 ノボバカラ 4歳 9着 3番手
2017年 ディオスコリダー 3歳 1着 7番手
2018年 コパノキッキング 3歳 1着 5番手 せん
2019年 コパノキッキング 4歳 2着 先頭 せん
2020年 ジャスティン 4歳 8着 10番手

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: