今週の注目レース

京阪杯(GⅢ)

阪神競馬場 1200メートル(芝)別定 3歳以上オープン

出走馬情報

レイハリア

牝3歳

調教師:田島俊明(美浦)

  • 父:ロードカナロア
  • 母:ライトリーチューン
  • 母の父:マンハッタンカフェ
ここに注目!

母は現役時代に未勝利だったものの、伯父のカネトシツヨシオーは4歳冬にオープンクラス入りを決めると、5歳時に同クラスで初勝利を挙げた。成長力がある母系の出身で、本馬もここから先の伸びしろを十分に感じさせる存在だ。

今年3月の未勝利(中山・ダート1200メートル)で初勝利を挙げると、芝に転じた3走前の1勝クラス・雪うさぎ賞(新潟・1200メートル)もV。勢いに乗って、重賞初挑戦となった前々走の葵Sもハナ差の接戦ながら競り勝って、タイトルを手中に収めた。前走のキーンランドCは初めての他世代との対戦という厳しい条件だったが、アタマ差で勝ち星を挙げ、2度目の重賞制覇。まさに破竹の勢いで4連勝を決めた。着差はわずかながら、きっちりと勝ち切っている辺りに、勝負根性を感じさせる。今回は初めての阪神での競馬で、長距離輸送が控えているが、これまでも初物をクリアして実績を重ねてきており、あっさりとこなしてもおかしくはない。

シヴァージ

牡6歳

調教師:野中賢二(栗東)

  • 父:First Samurai
  • 母:Indian Bay
  • 母の父:Indian Charlie
ここに注目!

芝1200メートル戦に限れば、全8戦中7戦でメンバー中最速の推定上がり3ハロンタイムをマーク。残る1戦もメンバー中2位タイの上がりで差しており、この距離なら不発なく末脚を伸ばしてくる。今回もしっかりと力を発揮できるだろう。

今年は飛躍の年となっている。以前は強烈な末脚を発揮するものの差し届かない競馬が多かったが、1月のシルクロードSで1馬身1/4差をつけて重賞初制覇を飾り、前走のスプリンターズSではGⅠの強敵を相手に3着と好走。4コーナー5番手といつもより前めの位置で競馬をして上位争いを演じており、現状の充実ぶりを示す内容となった。それでいて、メンバー中2位の上がり3ハロン33秒4(推定)をマークしており、レースぶりの良化が著しい。17日の栗東CWコースでは、6ハロン81秒2(ラスト1ハロン12秒3)を馬なりでマーク。状態面でも引き続き好調をキープしていると言っていいだろう。5着だった昨年以上の結果も期待できそうだ。

オールアットワンス

牝3歳

調教師:中舘英二(美浦)

  • 父:マクフィ
  • 母:シュプリームギフト
  • 母の父:ディープインパクト
ここに注目!

母は函館スプリントS2着のシュプリームギフト。叔母に京都牝馬Sを制したデアレガーロなど、重賞で活躍した馬が多数いる活気ある牝系の出身。特に活躍馬には牝馬が多く、本馬も重賞ウイナーの仲間入りを果たしている。さらに実績を積み重ねるだけの素質はあるはずだ。

昨年夏のメイクデビュー福島(芝1200メートル)でデビュー勝ちを収め、続くオープン特別・カンナS(中山・芝1200メートル)でも1馬身1/4差の完勝で2連勝。オープン特別・中京2歳S(中京・芝1200メートル)3着、マーガレットS(リステッド。阪神・芝1200メートル)5着と続けて敗れたものの、重賞初挑戦の葵Sで9番人気ながら3着に好走した。前走のアイビスサマーダッシュでは、初めての他世代との対戦ながら重賞初制覇。新潟・直線芝1000メートルとの相性がいい外枠(7枠14番)だったとはいえ、2着ライオンボスに3/4馬身という着差は能力の高さがなせる業だろう。今回は再び1200メートルに距離延長とはなるが、デビューから連勝を決めた距離だけに問題なくこなせるだろう。

ファストフォース

牡5歳

調教師:西村真幸(栗東)

  • 父:ロードカナロア
  • 母:ラッシュライフ
  • 母の父:サクラバクシンオー
ここに注目!

今年のCBC賞を制すと、北九州記念でも2着に入り、サマースプリント王者の座に就いた。ここはスプリンターズS15着から仕切り直しの1戦。スピードは重賞でも通用することを既に証明しているだけに、ここから再び上昇気流に乗っていきたい。

3歳時はJRAで勝ち星を挙げられず、地方競馬に転厩。3勝を挙げたのち、再びJRAに戻って来た。再転入初戦となった昨年7月の1勝クラス(阪神・芝1200メートル)でいきなりJRA初勝利を挙げると、続く2勝クラス・西部スポニチ賞(小倉・芝1200メートル)もクビ差の勝利。3勝クラスでは2戦続けて敗れたが、格上挑戦となった今年のCBC賞を逃げ切って重賞初制覇を決めた。1分06秒0の走破タイムは芝1200メートルのJRAレコード。52キログラムの軽ハンデだったとはいえ、高い能力がなければできない芸当だ。前走のスプリンターズSでは15着と敗れたものの、初めてのGⅠ挑戦や関東圏への長距離輸送があっただけに、勝ち鞍のある阪神なら変わり身が見込める。

ライトオンキュー

牡6歳

調教師:昆貢(栗東)

  • 父:Shamardal
  • 母:グレイトタイミング
  • 母の父:Raven's Pass
ここに注目!

春の高松宮記念17着以来8か月ぶりの実戦を迎える。ただ、一昨年の京阪杯の勝ち馬で、オープン特別も1勝しているように、実績はメンバー中でも上位と言える存在。能力を発揮できれば、上位争いに加わることが可能だ。

前走の高松宮記念は2度目のGⅠ挑戦となったが、17着でレースを終えた。ただ、重馬場で馬場の内めを通っており、厳しい条件になったことも確か。前々走のシルクロードSでは勝ち馬から1馬身1/4差の2着に駆けており、GⅢなら巻き返しの可能性は十分だ。17日には栗東坂路で4ハロン50秒1(ラスト1ハロン12秒9)を一杯に追われてマーク。しっかりと負荷をかけられ、好調教を見せている。関西馬ながら、阪神コースへの出走は2歳時の朝日杯フューチュリティS(12着)以来となるが、当時は未勝利を勝ち上がったばかりでの挑戦だっただけに、重賞ウイナーとなった今なら違った結果が期待できるだろう。

サヴォワールエメ

牝5歳

調教師:辻野泰之(栗東)

  • 父:ダイワメジャー
  • 母:ニアメ
  • 母の父:Pivotal
ここに注目!

かつては芝2000メートルで勝ち星を挙げたこともあるが、近走は芝1200メートル戦に照準を定め、戦績が安定。年齢を重ね、父が伝えるスピードが発現してきたとみていいだろう。再度、芝1200メートル戦の今回は、久しぶりの重賞挑戦でも楽しみが持てそうだ。

3走前の3勝クラス・佐世保S(小倉・芝1200メートル)で3着に好走すると、前々走の3勝クラス・テレQ杯(小倉・芝1200メートル)を1/2馬身差で勝ち、オープンクラス昇級を決めた。前走のオパールS(リステッド。阪神・芝1200メートル)は、昇級直後だったものの、4コーナー3番手から2着に1馬身差をつける快勝でクラスの壁を突破。ただ、この時は51キログラムの軽ハンデだっただけに、54キロでの出走となる点は今回の課題となりそうだ。管理する辻野泰之調教師は「重賞でメンバーは強くなりますが、近3走のように1200メートルで最後まで気持ちを切らさずに走れればいいですね。自分の力を出せれば好勝負ができると思います」と、期待を寄せていた。

アウィルアウェイ

牝5歳

調教師:高野友和(栗東)

  • 父:ジャスタウェイ
  • 母:ウィルパワー
  • 母の父:キングカメハメハ
ここに注目!

昨年のスプリンターズSで3着に入ったように、能力はGⅠ級のものを持っている。成績にムラがあるタイプで、大きな着順になることもあるが、全力を発揮できればここでも上位の力がある。阪神・芝1200メートルは新馬勝ちの舞台で、条件もいい。

前走のスプリンターズSは14着だったが、スプリントGⅠにしてはそこまで前半が速くならなかったぶん、末脚がはまらなかった部分もあるだろう。4コーナー2番手から運んだピクシーナイトがそのまま押し切ったように、後方から運ぶ本馬にとっては厳しい流れだった。3走前のCBC賞ではメンバー中最速の上がり3ハロン33秒2(推定)をマークして3着まで差してきており、ここも展開次第で上位争いが可能だろう。17日には、栗東坂路で4ハロン53秒8(ラスト1ハロン12秒1)を馬なりでマーク。21日の栗東坂路でも終い重点でラスト1ハロン12秒4(4ハロン57秒3)を計時しており、順調に調教を消化している。

ミッキーブリランテ

牡5歳

調教師:矢作芳人(栗東)

  • 父:ディープブリランテ
  • 母:エピックラヴ
  • 母の父:Dansili
ここに注目!

半弟ダノンザキッド(父ジャスタウェイ)は2歳時にホープフルSを制し、今秋はマイル路線に矛先を向けて先週のマイルチャンピオンシップで3着に好走。あらためて、この母系のスピードと能力の高さを証明した。本馬も、弟の活躍に続いて初めての重賞タイトルを狙う。

マイル前後のレースを中心にレースを使われていたが、今年は1200メートルに挑戦。初めての6ハロン戦となった高松宮記念では10着と敗れたものの、初の重馬場という厳しい条件下で勝ち馬から0秒6差と着順ほど負けておらず、十分に適性を示したと言えるだろう。3走前の函館スプリントSでは、勝ち馬ビアンフェとタイム差なしの3着と好走。きっちりと流れに対応してみせた。前走のスプリンターズSは9着だったが、GⅠの強敵相手だったことを考えれば、GⅢの今回は見直しが必要になるはずだ。かつてはニューイヤーS(リステッド。中山・芝1600メートル)勝ちや阪急杯2着があるように、重賞級の能力はすでに証明済み。阪神での成績は〔2・1・2・5〕と、コース適性もある。

(山口 大輝)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: