今週の注目レース

ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス(GⅢ)

阪神競馬場 2000メートル(芝)馬齢 2歳オープン

データ分析

歴代出走馬から数々の活躍馬が出ている注目の2歳重賞

京都2歳Sは勝ち馬だけを見ても、2004年のフェブラリーSを勝つなどダート路線で大活躍したアドマイヤドン(2001年)、次走で朝日杯フューチュリティSを勝ったエイシンチャンプ(2002年)、2011年のドバイワールドカップなどGⅠ3勝のヴィクトワールピサ(2009年)、2012年の中山大障害を勝ったマーベラスカイザー(2010年)、2014年のジャパンカップなどを勝ったエピファネイア(2012年)など、さまざまなカテゴリのスターホースを輩出してきた。今回はオープン特別として行われた2013年以前を含む、過去10年のレース結果から、好走馬に共通するポイントを分析してみたい。

大敗直後の馬は不振

過去10年の3着以内馬30頭中28頭は、前走の着順が3着以内だった。一方、4着以下だった馬は3着内率7.7%と苦戦している上、重賞に格上げされた2014年以降の過去7年に限ると〔0・0・0・16〕(3着内率0%)である。直近のレースで4着以下に敗れていた馬は過信禁物とみるべきだろう。〔表1〕

〔表1〕前走の着順別成績(過去10年)
前走の着順 着度数 勝率 連対率 3着内率
3着以内 10-8-10-43 14.1% 25.4% 39.4%
4着以下 0-2-0-24 0% 7.7% 7.7%

実績馬とキャリアの浅い馬が中心

重賞となった過去7年の3着以内馬21頭中13頭は、“JRAの1勝クラス以上、かつ1600メートル超のレース”において3着以内に入った経験のある馬だった。該当馬は3着内率が46.4%と優秀な水準に達している。1600メートルを超える距離の重賞、オープン特別、1勝クラスのレースで既に好走したことがある馬は高く評価したい。〔表2〕

〔表2〕“JRAの1勝クラス以上、かつ1600メートル超のレース”において3着以内に入った経験の有無別成績(過去7年)
経験の有無 着度数 勝率 連対率 3着内率
あり 5-4-4-15 17.9% 32.1% 46.4%
なし 2-3-3-31 5.1% 12.8% 20.5%

なお、“JRAの1勝クラス以上、かつ1600メートル超のレース”において3着以内に入った経験がなかった馬で、当レースで3着以内に入った8頭は、いずれも通算出走数が2戦以下だった。これらの条件をクリアしていない馬は評価を下げるべきだろう。〔表3〕

〔表3〕“JRAの1勝クラス以上、かつ1600メートル超のレース”において3着以内に入った経験がなかった馬の、通算出走数別成績(過去7年)
通算出走数 着度数 勝率 連対率 3着内率
2戦以下 2-3-3-15 8.7% 21.7% 34.8%
3戦以上 0-0-0-16 0% 0% 0%

近年は10月以前の距離実績が重要

過去6年の3着以内馬18頭は、いずれも“同年10月以前に行われたJRAの1600メートル超のレース”において優勝経験のある馬だった。近年の傾向を重視するならば、10月以前にJRAの1600メートル超のレースを勝っていなかった馬は割り引きが必要だ。〔表4〕

(伊吹 雅也)

〔表4〕“同年10月以前に行われたJRAの1600メートル超のレース”での優勝経験の有無別成績(過去6年)
経験の有無 着度数 勝率 連対率 3着内率
あり 6-6-6-23 14.6% 29.3% 43.9%
なし 0-0-0-18 0% 0% 0%

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: