今週の注目レース

マイルチャンピオンシップ(GⅠ)

阪神競馬場 1600メートル(芝・外)定量 3歳以上オープン

出走馬情報

グランアレグリア

牝5歳

調教師:藤沢和雄(美浦)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:タピッツフライ
  • 母の父:Tapit
ここに注目!

2006年、2007年のダイワメジャー以来のマイルチャンピオンシップ連覇を狙う。阪神・芝1600メートルでは、昨年の本レース優勝を含め、GⅠのみの出走で3戦2勝、3着1回と好相性を誇っている。全8勝中6勝を挙げるマイルへの距離短縮もプラスになる。

今年は、初の2000メートル戦となった大阪杯で始動戦を迎えた。重馬場もあってか4着に敗れたが、距離を含め、対応できなかった部分もあったのだろう。次走のヴィクトリアマイルではきっちりとV。4馬身差の快勝で、牝馬同士なら能力が違うことを印象付けた。続く安田記念は2着も、メンバー中最速の上がり3ハロン32秒9(推定)をマーク。レースの前半600メートル通過タイムが34秒9とゆったりした流れだったことを考えれば、展開面に敗因を求めることもできるはずだ。秋初戦の天皇賞(秋)3着を経て、ここは巻き返しを図る1戦。久々を使われた上積みが見込めるだけに、GⅠ6勝目に向け視界良好だ。距離短縮になるぶん、道中の位置取りも後ろになりそうで、展開も重要になる。

シュネルマイスター

牡3歳

調教師:手塚貴久(美浦)

  • 父:Kingman
  • 母:Serienholde
  • 母の父:Soldier Hollow
ここに注目!

初めての他世代との対戦となった安田記念では3着に敗れたものの、秋初戦の毎日王冠では勝ち星を挙げた。秋のマイル王決定戦となるここで安田記念のリベンジを果たし、日本のマイル路線を引っ張っていく存在となれるのか。まだ3歳で、これからの成長も期待できる。

母セリエンホルデが独オークス馬という良血馬。母は2200メートルのG1を勝ったが、父キングマンはマイル路線でG1を4勝しており、本馬は父の血が色濃く出たとみていいだろう。メイクデビュー札幌(芝1500メートル)でデビュー勝ちを飾ると、1勝クラス・ひいらぎ賞(中山・芝1600メートル)も連勝。距離延長となった弥生賞ディープインパクト記念こそ2着に敗れたものの、再びマイルに戻ったNHKマイルCをハナ差で制し、3歳マイル王に輝いた。10日の1週前追い切りでは、美浦南Wコースで5ハロン66秒8(ラスト1ハロン11秒2)をマーク。併走馬に2馬身ほど先着を果たし、順調な調整ぶりをアピールしている。秋2戦目ということもあって、上り調子で本番を迎えられそうだ。

インディチャンプ

牡6歳

調教師:音無秀孝(栗東)

  • 父:ステイゴールド
  • 母:ウィルパワー
  • 母の父:キングカメハメハ
ここに注目!

2019年度のJRA賞最優秀短距離馬に輝いたマイル王も6歳秋を迎えた。昨年の読売マイラーズC以来白星から遠ざかっているが、GⅠで上位争いを続けており、衰えは感じさせない。4戦1勝、2着2回の阪神・芝1600メートルが舞台なら、勝ち負けになるはずだ。

今年はスプリント戦に矛先をむけた年でもあり、選択肢を広げる春の戦いでもあった。年明け初戦の阪急杯を勝ち馬から0秒4差の4着にまとめると、前々走の高松宮記念は初めての1200メートル戦がいきなりのGⅠという厳しい条件ながら3着に好走。勝ち馬ダノンスマッシュから0秒1差と、際どい勝負に持ち込んだ。マイル戦に戻った安田記念も4着に敗れたが、勝ち馬ダノンキングリーから0秒2差なら着順ほど負けておらず、展開や流れ次第でさらに上の着順もあったはずだ。叔父のリアルインパクトは、3歳時に安田記念を制しながら、7歳時にオーストラリアのG1・ジョージライダーSを制覇。血統的にも、もうひと花咲かせてもおかしくない。

サリオス

牡4歳

調教師:堀宣行(美浦)

  • 父:ハーツクライ
  • 母:サロミナ
  • 母の父:Lomitas
ここに注目!

3歳で挑んだ昨年のマイルチャンピオンシップは5着に敗れたが、勝ち馬グランアレグリアとは0秒4差。大外枠(8枠17番)からのスタートで外々を回ったように、展開的にも厳しかった印象だ。1年を経て、同じ舞台で成長した姿を見せたい。

今年初戦の大阪杯は、先行策から粘り込みを図ったが5着という結果。ただ、昨年の三冠馬コントレイル(3着)やグランアレグリア(4着)などの強敵が相手だっただけに、悲観する内容ではなかったはずだ。続く安田記念では、直線で進路が塞がるシーンがあっての8着で敗因は明らかだ。今回は仕切り直しの秋初戦。これまでも休み明けから結果を残しているように、いきなりの本番も問題なくこなせるだろう。半姉サラキア(父ディープインパクト)は5歳秋の府中牝馬Sで重賞初制覇を飾ると、続くエリザベス女王杯と有馬記念では2着に好走。GⅠタイトルには手が届かなかったが、豊かな成長力を見せた。血統的には、本馬もさらに実績を積み重ねることができるはずだ。

グレナディアガーズ

牡3歳

調教師:中内田充正(栗東)

  • 父:Frankel
  • 母:ウェイヴェルアベニュー
  • 母の父:Harlington
ここに注目!

母はBCフィリー&メアスプリント(G1・アメリカ)を制覇。父はイギリスのG1を10勝しており、血統的にはまだまだ上を目指せる好素材と言える。本馬もすでにGⅠ馬の仲間入りを果たしているが、さらに実績を積み重ねる可能性は高いだろう。

メイクデビュー新潟(芝1400メートル)が2着、2戦目の未勝利(中京・芝1600メートル)では4着と敗れたものの、昨年11月の未勝利(阪神・芝1400メートル)で初勝利。続く朝日杯フューチュリティSは、未勝利勝ち直後ということもあってか7番人気と評価は高くなかったが、2着馬に3/4馬身差をつけ、1分32秒3の2歳コースレコードでGⅠ勝利を果たした。それ以来白星から遠ざかっているが、全て3着以内で走っており、安定感は抜群だ。春のNHKマイルCでは、負けはしたものの3着に入り、あらためてGⅠで戦える底力を発揮した。この秋はアメリカ遠征というプランもあったが、国内に専念。まずは他世代の強敵たちを撃破したい。

ダノンザキッド

牡3歳

調教師:安田隆行(栗東)

  • 父:ジャスタウェイ
  • 母:エピックラヴ
  • 母の父:Dansili
ここに注目!

半兄ミッキーブリランテ(父ディープブリランテ)は、全5勝中3勝を1600メートルでマーク。本馬にとっては前走に続き2度目のマイル戦となるが、血統的にはこの距離で新たな一面を見せても不思議はない。GⅠ馬の地力の高さを示したいところだ。

メイクデビュー阪神(芝1800メートル)を勝ち、2戦目で挑んだ東京スポーツ杯2歳Sを快勝。2着タイトルホルダーに1馬身1/4差をつけ、世代の主役候補に躍り出た。勢いのまま臨んだホープフルSでも、2着オーソクレースに1馬身1/4差をつける完勝でGⅠ初制覇。3戦全てでメンバー中最速の推定上がり3ハロンタイムをマークしたように、末脚の破壊力は抜群だ。年明け初戦の弥生賞ディープインパクト記念で3着と初めての黒星を喫し、皐月賞も15着と着順を大きく落とすと、日本ダービーへ向けての調教後に骨折が判明して休養に入った。初めてのマイル戦、他世代との初対戦だった富士Sを4着にまとめ、上々の内容で前哨戦を終えた。レースを1度使われた上積みも見込めるだけに、前進がありそうだ。

カテドラル

牡5歳

調教師:池添学(栗東)

  • 父:ハーツクライ
  • 母:アビラ
  • 母の父:Rock of Gibraltar
ここに注目!

2019年のNHKマイルCで3着に好走したように、GⅠでも上位争いができる存在。思うような結果を残せなかった時期もあったが、今年は重賞で1勝、2着3回と安定した走りを披露しており、今の勢いは見逃せない。

祖母Animatriceは現役時代にフランスの重賞を2勝。近親に愛オークス(G1)やオペラ賞(G1・フランス)で2着に入ったFleeting、伯母にロワイヨモン賞(G3・フランス)を勝ったSadler’s Flagがおり、世界的にも有力な血筋だ。半兄のジェベルムーサ(父アグネスタキオン)は5歳時のエルムSで重賞初制覇。父ハーツクライも年齢を重ねて成長をみせる産駒が多く、父系、母系ともに成長力が豊富と言っていいだろう。阪神コースでは3戦1勝、2着1回と好成績を残しており、レース条件も本馬に合う。阪神・芝1600メートルは3歳時とはいえ、アーリントンCで2着と重賞でも好走を見せた。しぶとい末脚が身上で、直線の急坂が合うのだろう。

サウンドキアラ

牝6歳

調教師:安達昭夫(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:サウンドバリアー
  • 母の父:アグネスデジタル
ここに注目!

京都で全7勝中6勝をマークしていることから、京都巧者のイメージが強いが、阪神でも8戦して〔1・3・2・2〕と大きく崩れていない。京都から阪神への開催変更も苦にしないだろう。しっかりと持っている力を発揮できるはずだ。

今年の春は初めての1200メートル戦となった高松宮記念で始動。6着に敗れたものの、スプリント界の強豪相手に勝ち馬から0秒4差なら善戦と言っていいだろう。本来の適性距離であるマイルに戻った前々走のヴィクトリアマイルは11着。ただ、昨年のヴィクトリアマイルで2着があるとはいえ、ここまで〔0・1・2・4〕の左回りに対し、右回りでは〔7・4・2・4〕と適性の差は歴然。実際、前走のスワンSでは勝ち馬から0秒1差の2着に好走しており、力を発揮できる条件なら、6歳を迎えてもなお一線級で戦える能力があるとみていいだろう。母サウンドバリアーは現役時代にフィリーズレビューを勝利。血統的にもこの阪神コースは合っていると言ってよさそうだ。

(山口 大輝)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: