今週の注目レース

東京スポーツ杯2歳ステークス(GⅡ)

東京競馬場 1800メートル(芝)馬齢 2歳オープン

出走馬情報

イクイノックス

牡2歳

調教師:木村哲也(美浦)

  • 父:キタサンブラック
  • 母:シャトーブランシュ
  • 母の父:キングヘイロー
ここに注目!

キタサンブラックの初年度産駒から、いきなり大物誕生の予感だ。好メンバーがそろったメイクデビュー新潟(芝1800メートル)は、好位3番手から鋭く抜け出し、後続を6馬身引き離して勝利。GⅠ7勝の父の背中を追う。

時間が経って評価が高まっている前走のメイクデビュー新潟。3番手で楽に追走すると、直線はムチを入れられることなく後続を6馬身ちぎる圧勝劇だった。騎乗したC.ルメール騎手は「スタートが速くて道中は真面目。直線の反応も良かったし、フットワークも大きいです。まだ腰が細いので、パワーアップしたらすごいことになります」と絶賛した。1秒2離した3着サークルオブライフがすぐに次戦を勝ち上がり、アルテミスSも優勝。1秒5の差をつけた4着サトノヘリオスは次戦を2歳コースレコードで勝っており、メンバーはハイレベルだった。雄大なフットワークはいかにも広くて直線の長い東京コース向き。東京のGⅠを2度制した父キタサンブラックを思い起こさせる大器だ。馬名の意味は「昼と夜の長さがほぼ等しくなる時」。

ダンテスヴュー

牡2歳

調教師:友道康夫(栗東)

  • 父:キングカメハメハ
  • 母:クロウキャニオン
  • 母の父:フレンチデピュティ
ここに注目!

位置取りの悪かったメイクデビュー新潟(芝1800メートル、2着)こそ取りこぼしたが、前走の未勝利(中京・芝2000メートル)は好位から器用に運んでV。きょうだい全12頭がJRAで勝ち上がっている堅実な母系にも注目したい。

前々走のメイクデビュー新潟は、人気薄の逃げ馬が粘り切る決着。スローペースを4コーナー10番手から0秒1差2着まで追い込んだ脚力は、むしろ強さを印象付けた。2戦目の前走は初戦の反省を生かすような好位からの競馬。メンバー中最速の上がり3ハロン35秒8(推定)の末脚で、後続をきっちり2馬身1/2突き放した。半兄カミノタサハラは2013年弥生賞を勝利し、皐月賞でも4着。また1歳上の半兄ヨーホーレイク(ともに父ディープインパクト)も、2020年ホープフルS3着など現役で活躍中だ。特筆すべき安定感を誇るきょうだい達の共通点は、早くから完成度が高いこと。本馬も重賞初挑戦での好走ムードが漂う。馬名の意味は「デスバレーの景勝地」。

トーセンヴァンノ

牡2歳

調教師:小桧山悟(美浦)

  • 父:ヴァンキッシュラン
  • 母:トーセンソニア
  • 母の父:ファンタスティックライト
ここに注目!

前々走のオープン特別・コスモス賞(札幌・芝1800メートル)を勝利し、前走の札幌2歳Sでも3着に好走。1800メートルへ距離延長して良さが出ている。2016年青葉賞を制した父ヴァンキッシュランから受け継いだ豊富なスタミナで、タフな東京の直線をクリアする。

3着に頑張った前走の札幌2歳S。中団後方からしぶとく脚を伸ばした。勝ち馬(ジオグリフ)には離されたものの、2着アスクワイルドモアからは0秒2差。騎乗した山田敬士騎手は「いい脚を使ってくれましたけど、まだ切れる脚はないのかもしれません。トモがちゃんとしてくれば伸びしろがあると思います」と成長に期待していた。今回、札幌2歳Sの上位2頭はエントリーなし。過去10年で2勝(2012年コディーノ、2018年ニシノデイジー)を挙げる札幌2歳S組の中心として、堂々と戦う。中間は美浦南Wコースでしっかりと調教を積んで、パワーアップをアピールしている。馬名の意味は「冠名+行く(伊)」。

スカイフォール

牡2歳

調教師:昆貢(栗東)

  • 父:キングカメハメハ
  • 母:ギーニョ
  • 母の父:サンデーサイレンス
ここに注目!

メイクデビュー札幌(芝1800メートル)は、好位からメンバー中最速の上がり3ハロン35秒1(推定)の末脚で勝利。伯母に2001年エリザベス女王杯を制したトゥザヴィクトリーがいる良血馬で、ポテンシャルは高そうだ。

前走のメイクデビュー札幌は、逃げ馬の後ろで落ち着いた走り。直線は内を突いて鋭く伸びた。3着レッドランメルトはすぐに次戦を勝ち上がり、2着馬、4着馬が次戦で3着以内に好走したレースレベルも評価できる。騎乗した横山典弘騎手は「上手に走ってくれました。直線で行くところがなく間を割る形になったけど、しっかりと伸びてくれました」と、勝負根性を評価していた。母ギーニョは現役時代、12回走った1800メートル戦で連対率50パーセントを記録。伯母に東京・芝1800メートルの2000年府中牝馬Sを制したトゥザヴィクトリーがいる血統背景も頼もしい。10日の1週前追い切りでは併走馬を楽々と突き放す抜群の動きを披露。2戦目の上積みにも期待したい。馬名の意味は「空+落下。この世が終わろうとも」。

レッドベルアーム

牡2歳

調教師:藤原英昭(栗東)

  • 父:ハーツクライ
  • 母:レッドファンタジア
  • 母の父:Unbridled's Song
ここに注目!

半兄が昨年のデイリー杯2歳Sを優勝し、朝日杯フューチュリティSで3着に入ったレッドベルオーブ(父ディープインパクト)という良血馬。本馬もメイクデビュー阪神(芝1800メートル)からの連勝で2歳重賞制覇を目指す。

出世レースのメイクデビュー阪神をV。宝塚記念当日の芝1800メートルの新馬戦勝ち馬は、2017年ダノンプレミアム、2018年ブレイキングドーン、2019年レッドベルジュールがのちに重賞を勝利。昨年も新馬1着のダノンザキッドが東京スポーツ杯2歳S、ホープフルSと3連勝し、2着ワンダフルタウンもその後に京都2歳Sと青葉賞を優勝している。本馬は、その新馬戦を好位からメンバー中最速の上がり3ハロン35秒4(推定)の末脚でV。508キログラムの雄大な馬体での勝利に、藤原英昭調教師は「まだ太くて最後はしんどくなったけど、勝ち切ったのは“持っている”と思います」と評価した。レッドベルジュール、レッドベルオーブの兄たちに続く重賞初挑戦Vを目指す。馬名の意味は「冠名+美しい魂(仏)」。

テンダンス

牡2歳

調教師:中竹和也(栗東)

  • 父:ジャスタウェイ
  • 母:フレンチリヴィエラ
  • 母の父:French Deputy
ここに注目!

半兄に2016年京都2歳S、2017年弥生賞を連勝したカデナ(父ディープインパクト)がいる良血馬。兄と同じ中竹和也厩舎で管理される本馬も、前走の未勝利(阪神・芝1800メートル)で4馬身差Vと、素質の片りんを見せている。

単勝オッズ1.5倍の1番人気に推された前走の未勝利。同クラスにしては締まったラップで流れるなか、中団5番手でリズム良く追走した。メンバー中最速の上がり3ハロン35秒0(推定)の末脚で一気に弾け、1分46秒9のタイムで勝利。2着馬を0秒7突き放す快勝劇だった。2戦目の芝1800メートル戦で初勝利を挙げたのは半兄カデナと同じ歩み。コントレイルが2歳JRAレコードを出した2年前を除けば本レースは1分46秒から47秒台で決着することが多く、コースこそ違うが、前走の勝ち時計は十分にここで通用するメドを立てたことになる。陣営は、2歳と3歳春に重賞を連勝した兄よりも完成度の高さをアピール。来春の大舞台も狙える素質を備えていそうだ。馬名の意味は「流行、トレンド(仏)」。

アルナシーム

牡2歳

調教師:橋口慎介(栗東)

  • 父:モーリス
  • 母:ジュベルアリ
  • 母の父:ディープインパクト
ここに注目!

後方からまくって勝利をもぎ取ったメイクデビュー函館(芝1800メートル)が好内容。418キログラムと小柄な馬体ながら、その勝ちっぷりは実にパワフルだった。しっかりと休養を取った中間の成長にも期待したい。

大物感たっぷりだった前走のメイクデビュー函館。スタートで立ち遅れて後方からの競馬になったが、3、4コーナーで大外を駆け上がり先行集団へ。直線も楽な手応えのままに突き抜けた。2着ブラックボイスが次戦を勝ち上がり、アイビーS(リステッド)で4着に善戦。4着ウインアウォードもすでに勝ち上がっている。騎乗した武豊騎手は「道中はリラックスしていて、3コーナーでゴーサインを出したらすごくスムーズでした。素質がありますね」と高く評価した。叔父に2017年の皐月賞馬アルアイン、今年のダービー馬シャフリヤールがいる良血馬。この中間で馬体はグッと大きくなり、成長は明らかだ。名手が認めた素質馬が、ここでも上位争いを演じる。馬名の意味は「海風(アラビア語)。母名より連想」。

グランシエロ

牡2歳

調教師:武井亮(美浦)

  • 父:ハーツクライ
  • 母:サイマー
  • 母の父:Zoffany
ここに注目!

好メンバーが集ったアイビーS(リステッド。東京・芝1800メートル)で勝ち馬ドウデュースからタイム差なしの2着に好走。メンバー中最速の上がり3ハロン33秒6(推定)を計時した末脚は、ここでも大きな武器となる。

今回と同舞台の前走・アイビーS(リステッド)で2着に好走。最後方から東京の長い直線を生かして一気に加速した。新潟から坂のある東京コースに替わっても、計時した上がり3ハロンタイム(推定)は同じ33秒6。非凡な末脚を示したと言えるだろう。加えて、メイクデビュー東京2着、2戦目の未勝利(新潟)Vに続いて芝1800メートル3戦でオール連対と、高い距離適性も証明している。管理する武井亮調教師は「前走は休み明け(約3か月ぶり)という感じも少しありました。使って良くなっている感じがします。もう少しいい位置で運べればいいですね」と、上昇に期待している。前走時の馬体重が518キログラムの大型馬だけに、1度使った効果は大きそうだ。馬名の意味は「大きな空(伊)」。

(高木 翔平)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: