今週の注目レース

京都大賞典(GⅡ)

阪神競馬場 2400メートル(芝・外)別定 3歳以上オープン

出走馬情報

アリストテレス

牡4歳

調教師:音無秀孝(栗東)

  • 父:エピファネイア
  • 母:ブルーダイアモンド
  • 母の父:ディープインパクト
ここに注目!

不良馬場のアメリカジョッキークラブCを勝っているが、走りにパワーを感じるタイプではなく、速い時計が出やすい馬場のほうが合うタイプ。開幕週の芝は間違いなく合っているだろう。阪神コースは雨が降るとタフな状況になりやすいことからも、良馬場で競馬がしたい。

昨年の夏から秋にかけて本格化の兆しを見せ、初のGⅠ挑戦となった菊花賞では、コントレイルを相手にクビ差の2着。三冠馬を苦しめたレースとして、多くの競馬ファンの記憶に残っているはずだ。一方、今年は年明けのアメリカジョッキークラブCを制したものの、その後の3戦では結果を残せず。4番人気に支持された前走の宝塚記念でも、目立った見せ場を作ることなく、勝ったクロノジェネシスから1秒5差の9着に敗れた。強調すべき敗因も見つからないこともあり、陣営は本馬を夏から秋にかけて調子を上げるタイプという判断を下したようで、ゆえに今回の1戦には期待をかけている。再びGⅠの舞台で活躍するためにも、ここは結果を出したいところだろう。

キセキ

牡7歳

調教師:辻野泰之(栗東)

  • 父:ルーラーシップ
  • 母:ブリッツフィナーレ
  • 母の父:ディープインパクト
ここに注目!

さすがに7歳秋。がむしゃらに走る面はすっかりと影を潜め、併せ馬で追い切ることも可能になってきた。秋初戦でもあり、少しふっくらとしたシルエットに見えるが、馬体には年齢を感じさせない張りがある。510キログラム前後なら問題ないだろう。

上半期は3戦を消化。3走前の金鯱賞では勝ち馬から0秒2差の5着に入り、香港へ遠征したクイーンエリザベスⅡ世C(G1・香港。芝2000メートル)は同0秒45差の4着。前走の宝塚記念では、勝ったクロノジェネシスに1秒2もの差をつけられたものの、5着に入って掲示板は確保した。出遅れ癖などがあり、取りたいポジションを取れない場合も少なくないが、近走の成績は意外に堅実であり、それは馬場の状態に大きく左右されることのないキャラクター性も大きいのではないだろうか。2017年の菊花賞が最後の勝利であり、約4年も勝ち星から遠ざかっているが、GⅡレベルなら、現在も主役を張れるだけの力を持っているはずだ。

モズベッロ

牡5歳

調教師:森田直行(栗東)

  • 父:ディープブリランテ
  • 母:ハーランズルビー
  • 母の父:Harlan's Holiday
ここに注目!

昨年の有馬記念(15着)では大敗しているが、本来は休み明けがマイナスにならないタイプ。しかし、今回は放牧先で夏負けになり、それに伴って栗東トレーニング・センターへの帰厩が遅れ、現段階では調教の量も不足気味。その仕上がりはしっかりとチェックしたい。

獲得した重賞タイトルは昨年の日経新春杯の1つだけだが、大レースでの好走が多い馬で、昨年の宝塚記念ではサートゥルナーリア(4着)に先着して3着。2着に好走した今年の大阪杯でも、三冠馬のコントレイル(3着)、現役を代表する名牝グランアレグリア(4着)に先着を果たしている。その2戦に共通するのは、非常にタフな馬場状態であり、非常にタフな展開であったこと。逆にスローの瞬発力勝負のような展開では、掲示板(5着以内)を外すことも少なくない。前走の宝塚記念では8着に敗れているが、大敗からの巻き返しが多いのも本馬の特徴。2勝をマークしている得意の2400メートルなら、久々の重賞勝利も期待できそうだ。

ヒートオンビート

牡4歳

調教師:友道康夫(栗東)

  • 父:キングカメハメハ
  • 母:マルセリーナ
  • 母の父:ディープインパクト
ここに注目!

阪神コースは〔1・5・0・1〕の成績で、芝2400メートルの距離は〔2・2・0・1〕。今回は条件として申し分のない1戦と言えるだろう。上がり最速タイムの常連であり、過去10戦で7回マーク。その決め手は今回のメンバーでも上位のはずだ。

父はダービー馬キングカメハメハ、母は桜花賞馬マルセリーナ、母の父が三冠馬ディープインパクト。自身の競走成績だけでなく、繁殖に上がってからも素晴らしい結果を残してきた上記の馬たちの”結晶”とも言える血統構成。本馬も競走馬としての活躍だけでなく、それ以降の期待も背負っていると言えるだろう。オープンクラス入りまでに時間を要したものの、前々走のオープン特別・大阪―ハンブルクC(阪神・芝2600メートル)と前走の目黒記念はともに2着。その後は夏競馬には出走せず、成長を促した厩舎の方針が功を奏したか、まだまだ反応の鈍かった春とはまるで違う走りを調教で見せている。まずは今回の1戦で重賞初制覇を達成して、目標とするGⅠへと勢いをつけたい。

ヒュミドール

せん5歳

調教師:小手川準(美浦)

  • 父:オルフェーヴル
  • 母:アヴェクトワ
  • 母の父:チチカステナンゴ
ここに注目!

オルフェーヴル産駒で、テンションに難しい面もある。今回も課題は折り合いになるだろう。阪神の芝コースは初挑戦になるが、中山コースでの走りは悪くないタイプ。ゴール前の急坂は本馬にとってプラス材料となるはずだ。

小倉競馬場に滞在しての調整が功を奏したのか、前走の小倉記念では、勝ったモズナガレボシに0秒1差の2着と好走。3コーナー手前から一気にペースが上がり、先行した馬にとって厳しい流れになったこともあるが、本馬自身の状態が戻り切っていないなかで、あれだけのレースができたことは評価していいだろう。前走がオープンクラスでの初連対となったが、2000メートルの距離がベストであるかどうかの判別はまだ難しく、条件クラスは芝で2勝、ダートで2勝。芝2600メートルの長距離戦も勝っている。春の日経賞で4着に入った実績からも、距離延長に対する不安はないと考えていいだろう。重賞初制覇の可能性は十分にありそうだ。

アイアンバローズ

牡4歳

調教師:上村洋行(栗東)

  • 父:オルフェーヴル
  • 母:パレスルーマー
  • 母の父:Royal Anthem
ここに注目!

気持ちの入りやすいタイプであり、今回の調整過程もそれを考慮したもの。当日のテンションには要注目の馬ではあるだろうが、精神面の成長を感じる4歳秋。問題なくクリアできるかもしれない。馬体の見た目はシャープで、かなり仕上がってきている。

アメリカG1を2勝したパレスマリスを半兄に持つオルフェーヴル産駒。若駒のころは気性の難しさを抱え、持てる資質を発揮することができずにいたが、肉体面の成長に伴って気持ちのほうも安定してきたようで、昨年秋以降は凡走がほとんどない。前々走の2勝クラス・白鷺特別(阪神・芝2400メートル)から上村洋行厩舎の管理馬として出走しているが、その白鷺特別も前走の3勝クラス・緑風S(東京・芝2400メートル)も差し切り勝ち。どちらのレースでもメンバー中最速の推定上がり3ハロンタイムをマークするなど、内容の濃い勝ち方でオープンクラスへと出世を果たしている。充実期に入った現在なら、約1年ぶりとなる重賞挑戦でも、実績馬に負けないパフォーマンスを発揮できるはずだ。

ダンビュライト

せん7歳

調教師:音無秀孝(栗東)

  • 父:ルーラーシップ
  • 母:タンザナイト
  • 母の父:サンデーサイレンス
ここに注目!

パドックでもそれなりにイレ込むが、この馬がエキサイトするのは、返し馬から集合前の輪乗りのタイミング。ただ、阪神コースではイレ込むレベルが多少はマシになるという。その過程はチェックしておきたいところだ。

2歳の早い時期から活躍した本馬も7歳の秋を迎えた。本来であれば、能力の減退を気にしなくてはいけないところだが、現在も若々しい性格が抜けない馬で、そのためか馬体にも張りがある。前々走の京都記念では、勝ったラヴズオンリーユーに0秒3差の3着に好走。GⅡを2勝している実績は今回のメンバーでも上位であり、自分の形に持ち込むことさえできれば、ここでも好勝負が可能だろう。12着に敗退した前走の日経賞後は約6か月半という長い休養に入っているが、暑さに極端に弱い点を考慮し、早めの夏休みに入っていた。ちなみに、今回と近い日程が選択された2019年の京都大賞典では、0秒2差の2着に好走している。

ステイフーリッシュ

牡6歳

調教師:矢作芳人(栗東)

  • 父:ステイゴールド
  • 母:カウアイレーン
  • 母の父:キングカメハメハ
ここに注目!

阪神コースの成績は〔0・1・2・4〕。2着は今年の京都記念で、2度の3着は2018年のチャレンジCと2019年の鳴尾記念。ゴール前の急坂は気にしないが、内回りコースで残した実績であることは頭に入れておきたい。上がりの速い決着は歓迎できないタイプだろう。

心房細動のため競走中止となった前々走の札幌記念から約1か月という短い間隔で出走した前走のオールカマーは、この馬らしい走りができるかどうかもさることながら、札幌記念のような状況にならないかどうかを確認する1戦でもあった。無事に走り切っただけでなく、常に勝ち負けを意識できる位置につけ、最後まであきらめずに伸びたパフォーマンスは、6歳秋を迎えた現在でも能力に衰えがないことを示すもの。非常に価値の高い1戦だったと言えそうだ。詰まった日程を苦にする馬ではなく、逆にレースを使うことで調子を上げていくタイプ。2018年京都新聞杯以来となる久々の勝利を期待したいところだ。

(松浪 大樹)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: