今週の注目レース

毎日王冠(GⅡ)

東京競馬場 1800メートル(芝)別定 3歳以上オープン

データ分析

秋の大舞台を見据える強豪が集結

秋の東京開催の開幕週を飾るこの一戦は、実績馬の秋の始動戦となることが多く、天皇賞(秋)やマイルチャンピオンシップの前哨戦に位置付けられている。また、菊花賞ではなく中距離路線に進む3歳馬が古馬と初めて顔を合わせる一戦となることも多く、例年ハイレベルなメンバーによって争われている。ここでは過去10年のデータからレース傾向に迫ってみよう。

1番人気の勝率が高い

過去10年の単勝人気別成績では、1番人気が70.0%という高い勝率を記録している。ただ、2着と3着が0回という点は、予想する上で参考にしたいデータだろう。また、6番人気以下からは延べ8頭の3着以内馬が出ているが、近6年に限れば連対がなく、3着が3回だけとなっている。〔表1〕

〔表1〕単勝人気別成績(過去10年)
単勝人気 成績 勝率 連対率 3着内率
1番人気 7-0-0-3 70.0% 70.0% 70.0%
2番人気 0-2-0-8 0% 20.0% 20.0%
3番人気 1-2-1-6 10.0% 30.0% 40.0%
4番人気 1-2-1-6 10.0% 30.0% 40.0%
5番人気 0-1-4-5 0% 10.0% 50.0%
6〜9番人気 1-1-3-35 2.5% 5.0% 12.5%
10番人気以下 0-2-1-31 0% 5.9% 8.8%

若い世代が優勢

年齢別の成績では、若い年齢ほど好走率が高くなっており、3歳と4歳は3着内率が30%を超えている。3着以内の数で見ても、3歳と4歳は合計49頭が出走して3着以内が17回である一方、5歳以上は合計75頭が出走して3着以内が13回となっている。若い世代の馬を重視したい一戦だ。〔表2〕

〔表2〕年齢別成績(過去10年)
年齢 成績 勝率 連対率 3着内率
3歳 3-3-0-11 17.6% 35.3% 35.3%
4歳 4-2-5-21 12.5% 18.8% 34.4%
5歳 2-2-3-22 6.9% 13.8% 24.1%
6歳 1-3-1-18 4.3% 17.4% 21.7%
7歳以上 0-0-1-22 0% 0% 4.3%

過去2走でのGⅠ実績を評価

過去10年の出走馬について、過去2走におけるGⅠ(海外G1を含む)での最高着順別に成績をまとめると、5着以内の実績を有していた馬が延べ32頭出走して7勝を挙げるなど、13頭が3着以内に入っており3着内率は40.6%という高い数値になっている。その一方で、6着以下しかなかった馬は、過去2走でGⅠに出走がなかった馬よりも好走率が低くなっている。過去2走でGⅠに出走して5着以内に入った実績がある馬は高く評価すべきだが、6着以下しかなかった馬は割り引きが必要と言えそうだ。〔表3〕

〔表3〕過去2走におけるGⅠでの最高着順別成績(過去10年)
最高着順 成績 勝率 連対率 3着内率
5着以内 7-4-2-19 21.9% 34.4% 40.6%
6着以下 0-2-2-29 0% 6.1% 12.1%
GⅠ出走なし 3-4-6-46 5.1% 11.9% 22.0%
  • 注記:海外G1を含む
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

直近で出走していたJRAのレースに注目

過去10年の優勝馬はいずれも直近に出走していたJRAのレースが重賞で、そのレースでの単勝人気はGⅠもしくはGⅡに出走していた7頭は5番人気以内、GⅢに出走していた3頭は2番人気以内だった。今年もこれに該当する馬がいたら注目したい。〔表4〕

(河野 道夫)

〔表4〕優勝馬が直近で出走したJRAのレースと、そのレースでの単勝人気(過去10年)
年度 優勝馬 レース名
2011年 ダークシャドウ エプソムC(GⅢ) 1番人気
2012年 カレンブラックヒル NHKマイルC(GⅠ) 1番人気
2013年 エイシンフラッシュ 産経大阪杯(GⅡ) 5番人気
2014年 エアソミュール 札幌記念(GⅡ) 5番人気
2015年 エイシンヒカリ エプソムC(GⅢ) 2番人気
2016年 ルージュバック エプソムC(GⅢ) 1番人気
2017年 リアルスティール 中山記念(GⅡ) 2番人気
2018年 アエロリット 安田記念(GⅠ) 5番人気
2019年 ダノンキングリー 日本ダービー(GⅠ) 3番人気
2020年 サリオス 日本ダービー(GⅠ) 2番人気

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: