今週の注目レース

シリウスステークス(GⅢ)

中京競馬場 1900メートル(ダート)ハンデ 3歳以上オープン

出走馬情報

サンライズホープ

牡4歳

調教師:羽月友彦(栗東)

  • 父:マジェスティックウォリアー
  • 母:オーパスクイーン
  • 母の父:スペシャルウィーク
ここに注目!

今年に入ってオープンクラス入りを果たし、前々走では現級初勝利も挙げた。層の厚いダート中距離路線だが、これから中心となっていく可能性のある1頭と言っていいだろう。まだ4歳と成長の伸びしろもあり、ここを秋の大舞台に向けての足掛かりとしたい。

1番人気に支持された前走のプロキオンSだったが、6着と期待に応えることはできなかった。ただ、ダート1700メートルのJRAレコードが出るような速い時計での決着になり、重馬場という特殊な馬場状態でもあった。全5勝中3勝を良馬場で挙げている馬で、どちらかというと、乾いた力の要る馬場のほうがベター。週末の天気は影響を与えそうだ。前々走では、今回と同じ中京コースでオープン特別・三宮S(ダート1800メートル)を勝利。ハナを奪い、そのまま押し切る強い内容だった。4走前の3勝クラス・鈴鹿S(中京・ダート1900メートル)でも2着に好走しているように、今回の舞台替わりは本馬にとってプラスに働くことだろう。

ウェスタールンド

せん9歳

調教師:佐々木晶三(栗東)

  • 父:ネオユニヴァース
  • 母:ユーアンミー
  • 母の父:Marquetry
ここに注目!

アンタレスS勝ちやチャンピオンズC2着、東京大賞典(GⅠ。大井・ダート2000メートル)3着など、実績は今回のメンバーでも上位の存在。中京は前述のチャンピオンズCで連対したコース。条件は整っており、持ち前の鋭い末脚をしっかりと見せられるはずだ。

前走のエルムSは、道中最後方の位置取りから徐々にポジションを押し上げ、直線で前を行く馬を猛追。4着とはいえ、メンバー中最速の上がり3ハロン37秒0(推定)をマークした末脚は目を引くものがあった。前々走のプロキオンS(7着)は前を行った馬たちが上位を占める決着となり、後方から脚を伸ばす本馬にとって厳しい展開だったことは確か。敗因ははっきりとしており、条件さえかみ合えば、再び上位争いに加わることも可能だろう。9月16日に栗東坂路を4ハロン53秒5で一杯に追われると、23日にも同52秒4で一杯に追われ、2週連続でしっかりと負荷が掛けられている。中間の調整に抜かりはなく、万全の態勢で出走がかないそうだ。

ゴッドセレクション

牡3歳

調教師:今野貞一(栗東)

  • 父:ノヴェリスト
  • 母:アルティメイトラブ
  • 母の父:シンボリクリスエス
ここに注目!

祖母コイウタは2007年のヴィクトリアマイルでGⅠ初制覇。その他にもクイーンCを制するなどの活躍を見せた。祖母は芝で活躍したが、叔父に2019年のフェブラリーSで3着に入ったユラノトがおり、本馬も高い素質とダート適性を秘めている。

昨年11月の未勝利で初勝利を挙げると、1勝クラス・もちのき賞(ともに阪神・ダート1800メートル)でも3着に好走。その後は、今年2月の1勝クラス(中京・ダート1800メートル)、オープン特別・伏竜S(中山・ダート1800メートル)と連勝を決め、一躍、この世代のダート路線の主役候補に躍り出た。重賞勝ちこそまだないものの、前々走の兵庫チャンピオンシップ(JpnⅡ。園田・ダート1870メートル)で2着に入ると、前走のジャパンダートダービー(JpnⅠ。大井・ダート2000メートル)では勝ち馬とアタマ差の2着。タイトル奪取は目の前まできている。昨年の本レースは3歳馬カフェファラオが勝利し、今年のフェブラリーS制覇へとつなげた。2年連続での3歳馬Vの可能性もありそうだ。

ケイティブレイブ

牡8歳

調教師:清水英克(美浦)

  • 父:アドマイヤマックス
  • 母:ケイティローレル
  • 母の父:サクラローレル
ここに注目!

2017年の帝王賞(JpnⅠ。大井・ダート2000メートル)を勝ち、その後も実績を積み重ねながら8歳秋を迎えた。能力の衰えを感じさせないレースぶりを見せており、まだタイトルを重ねられそうだ。今回は転厩2戦目の上積みも見込めるだろう。

前走のエルムSは6着に敗れはしたが、約1年1か月ぶりの実戦復帰で、馬体重も8キログラム増だったことを考えれば、健闘したと言っていいだろう。9月23日には美浦北Cコースで5ハロン67秒0(ラスト1ハロン12秒1)をマークし、併走馬に4馬身ほど先着。レースを1度使われた上積みを感じさせる調教内容だった。昨年はフェブラリーSで2着に好走すると、続くかしわ記念(JpnⅠ。船橋・ダート1600メートル)でも2着に入り、あらためて底力を示した。中京では勝ち星を挙げていないが、2017年のチャンピオンズCで勝ち馬から0秒3差の4着に駆けているように、まずまずの適性を見せており、持っている力は発揮できるだろう。

ハヤヤッコ

牡5歳

調教師:国枝栄(美浦)

  • 父:キングカメハメハ
  • 母:マシュマロ
  • 母の父:クロフネ
ここに注目!

祖母シラユキヒメから始まる白毛一族。注目度だけでなく、今年の桜花賞をソダシが、チューリップ賞をメイケイエールが制したように、実力も兼ね備えた牝系と言える。今、一番勢いに乗っている血統と言ってもよく、本馬も近親たちに続きたい。

前走のオープン特別・スレイプニルS(東京・ダート2100メートル)では、後方からレースを進め、メンバー中最速の上がり3ハロン35秒6(推定)をマークして差し切り勝ち。持ち前の脚力を存分に発揮し、約8か月ぶりの白星を挙げた。中京では今年の東海Sで6着と敗れているが、今回は当時より100メートル延長の1900メートル戦。古馬となってから挙げた2勝はともにダート2100メートル戦だけに、少しでも距離が延びる点はプラスに捉えていいだろう。全5勝中4勝を左回りで挙げていることからも、前進があってよさそうだ。9月23日には、美浦南Wコースで一杯に追われてラスト1ハロン11秒9をマーク。休み明けでも順調な調整を消化できている。

ダノンスプレンダー

牡5歳

調教師:安田隆行(栗東)

  • 父:ロードカナロア
  • 母:メジロスプレンダー
  • 母の父:シンボリクリスエス
ここに注目!

叔父に重賞4勝のサトノノブレス、半妹に3勝を挙げるシホノレジーナ(父ダイワメジャー、現役)がいる血統。本馬は重賞タイトルにこそ手が届いていないが、近2走は重賞で4着に入っており、勝つだけの素質は備えていると言っていいだろう。

昨年の本レースでは、オープンクラスへの昇級初戦ながら3番人気に支持され、実際、勝ち馬から0秒5差の4着と上位争いに加わった。1着馬カフェファラオは今年のフェブラリーSを制し、3着馬エイコーンは続くみやこSでも3着に好走したように、強敵相手との対戦で残した成績だ。4走前のオープン特別・ポルックスS(中山・ダート1800メートル)でオープンクラス初勝利を挙げ、前々走のアンタレスS、前走のプロキオンSではともに4着とあと一歩の競馬が続いているものの、安定した走りを見せている。ダート1900メートルの距離では1勝、3着1回の成績を残しており、ここはもう一押しが利きそうな条件がそろった印象だ。

アナザートゥルース

せん7歳

調教師:高木登(美浦)

  • 父:アイルハヴアナザー
  • 母:キョウエイトルース
  • 母の父:フジキセキ
ここに注目!

5歳春のアンタレスSで重賞初制覇を果たした本馬も7歳秋を迎えた。ただ、半兄サウンドトゥルー(父フレンチデピュティ)は7歳時にJBCクラシック(JpnⅠ)を制すなど、息の長い活躍を見せた。血統的には、ここからさらなる成長を見せる可能性もある。

昨年12月のチャンピオンズCは13着に敗れたものの、年明け初戦となった東海Sでは2着に好走し、あらためて地力の高さを示した。前々走のダイオライト記念(JpnⅡ。船橋・ダート2400メートル)でも3着を確保。前走のアンタレスSでは16着と大きく着順を落としたが、これは熱中症の影響があったもので、度外視していいだろう。今回は放牧を挟み、休み明けの一戦。ただ、9月23日には美浦南Wコースで5ハロン67秒0(ラスト1ハロン11秒8)をマークし、併走馬に半馬身ほど先着と上々の仕上がりを見せており、立て直した効果が感じられる。3走前と同じ中京なら、存分に力を発揮できるだろう。

ブルベアイリーデ

牡5歳

調教師:杉山晴紀(栗東)

  • 父:キンシャサノキセキ
  • 母:シルクシンフォニー
  • 母の父:ストーミングホーム
ここに注目!

ダート1400メートルを主戦場にしてきたが、前走のBSN賞(リステッド。新潟)でダート1800メートルでの初勝利をマーク。今後の選択肢が広がる大きな1勝となったはずだ。さらに100メートルの距離延長となる今回、重賞でも上位争いができれば、もっと上の舞台が見えてくる。

近4戦連続でメンバー中3位以内の推定上がり3ハロンタイムをマークしているように、安定して上位の末脚を発揮している。前走のBSN賞(リステッド)は距離延長で道中の追走が楽になり、4、5番手を追走しながら、ラストの脚も鈍ることなく3馬身差で快勝。今回は中京に舞台が替わるが、全6勝中4勝を左回りでマークしていることから、なんら問題はないだろう。コンスタントにレースに使われ、今回が今年6戦目。それでも、今年の5戦全てで5着以内を確保しており、抜群の安定感も魅力だ。前走は休み明けの一戦だっただけに、レースを1度使われた上積みも見込める。重賞挑戦とはいえ、前走以上のパフォーマンスが期待できるはずだ。

(山口 大輝)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: