今週の注目レース

新潟記念(GⅢ)

新潟競馬場 2000メートル(芝・外)ハンデ 3歳以上オープン

出走馬情報

ザダル

牡5歳

調教師:大竹正博(美浦)

  • 父:トーセンラー
  • 母:シーザシー
  • 母の父:Lemon Drop Kid
ここに注目!

前走のエプソムCで、2着馬とクビ差とはいえ待望の重賞制覇を決めたばかり。勢いに乗って今回に臨めるだろう。重賞連勝を決めることができれば、秋の大舞台に向け、グッと視界が開けるはず。前走と同じ左回りコースで、飛躍を期待させる走りを見せたいところだ。

デビューから3連勝でセントライト記念に挑み、3着に好走した素質馬。2歳時は脚元の弱さなどがあり、時間をかけながら成長を促してきたが、5歳を迎えて本格化の気配を感じさせている。昨年夏のオープン特別・関越S(新潟・芝1800メートル)では、道中5番手からメンバー中最速の上がり3ハロン32秒8(推定)をマークして差し切り勝ち。距離が今回より200メートル短かったとはいえ、同じ新潟で結果を出せている。母シーザシーは1戦で現役を終えたが、祖母Magic Broadはダート1800メートルのアメリカG3で勝利。血統的にも中距離付近に距離適性があるとみてよさそうだ。まだ成長の余地も感じさせるだけに、さらにひと皮むけた姿を見せる可能性もある。

トーセンスーリヤ

牡6歳

調教師:小野次郎(美浦)

  • 父:ローエングリン
  • 母:トーセンガラシャ
  • 母の父:デュランダル
ここに注目!

前走の函館記念を優勝。サマー2000シリーズで現在10ポイントを獲得し、3位タイにつけている。今回が同シリーズの最終戦で、ポイント上位2頭の参戦がないだけに、4着以内に入れば逆転優勝の可能性は大いにある。

ここまで重賞2勝を挙げており、GⅢでは安定した勢力となっている。昨年は、3勝クラス・美浦S(中山・芝1800メートル)を勝った直後に挑んだ新潟大賞典で重賞初制覇。その後は宝塚記念(7着)に参戦するなど強敵相手の競馬を続けてきたこともあり、なかなか白星を挙げることができなかったが、前走の函館記念で待望の重賞2勝目をゲットした。レース自体も、先行策から直線入り口で先頭に立つと力強い伸び脚で抜け出し、2着馬に3馬身差をつける強い内容だった。新潟・芝2000メートルでは、今年の新潟大賞典でも4着とはいえ勝ち馬から0秒1差に駆けており、舞台替わりも問題にすることはないだろう。

ギベオン

牡6歳

調教師:藤原英昭(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:コンテスティッド
  • 母の父:Ghostzapper
ここに注目!

今回は、3走前に金鯱賞を制した時と同じ2000メートルに距離が延びる。同距離の中日新聞杯も制しており、重賞2勝はともに左回りだったことを考えても、合っている舞台と言えそうだ。重賞ウイナーの力を発揮できるだろう。

前走の安田記念は9着に敗れたが、GⅠの強敵を相手に戦ったもので、GⅢならまた違った姿を見せられるだろう。8月25日に栗東CWコースで行われた1週前追い切りでは、6ハロン82秒4、ラスト1ハロン11秒6をマーク。僚馬コラルノクターン(古馬3勝クラス)に1秒も先着する上々の動きを披露した。約3か月の休み明けになるが、レースに向けて順調な調整を消化。重賞初制覇となった中日新聞杯が久々だったことから、休み明けも苦にしない。3歳時にNHKマイルCで勝ち馬とクビ差の2着に入るなど、能力は一級品。成績的に安定感を欠く面こそあるが、能力さえ出し切ることができれば、上位争いに加わる可能性は十分にありそうだ。

ラインベック

牡4歳

調教師:友道康夫(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:アパパネ
  • 母の父:キングカメハメハ
ここに注目!

母は2010年に牝馬三冠を達成し、GⅠ通算5勝の実績を残した。父、母合わせたGⅠ勝利数は「12」にものぼる。デビュー前から注目を集めた素質馬が、約1年ぶりの重賞に駒を進めてきた。血統から、いきなり通用してもいいはずだ。

デビューから2連勝でオープン特別・中京2歳S(中京・芝1600メートル)を制覇。続く東京スポーツ杯2歳で3着に入り、ホープフルSでは4着とGⅠでも力を示した。昨夏以降はダートに矛先を向けて、レパードS(7着)に挑むなど新天地を求めてレースを使われていた。約6か月ぶりとなった前走の3勝クラス・江の島S(東京・芝1800メートル)は、休み明けや久しぶりの芝戦をものともせず、鮮やかに逃げ切り勝ち。今回は初めての新潟・芝コースとはなるが、同じ左回り、直線の長い東京での競馬を見れば、苦にすることはないはずだ。重賞初制覇のチャンスと言えるだろう。

ラーゴム

牡3歳

調教師:斉藤崇史(栗東)

  • 父:オルフェーヴル
  • 母:シュガーショック
  • 母の父:Candy Ride
ここに注目!

母は現役時代にアメリカのG3ファンタジーSを勝つなど活躍を見せた。本馬も血統的な能力の高さをしっかりと受け継ぎ、すでに重賞を1勝。まだ3歳馬で今後の成長も見込めるだけに、さらに実績を重ねそうだ。

今春のクラシックでは、皐月賞が13着、日本ダービーが12着と思うような結果を残せなかった。敗因の一つは、前向きな気性から鞍上との折り合い面で苦労したこと。休養を挟み、精神的な成長が見られるかどうかが今回のポイントとなるだろう。新潟・芝2000メートルの舞台は今回が初めてだが、同じ左回りの中京・芝2000メートルで行われたきさらぎ賞を制しており、条件は好転すると言ってよさそうだ。8月26日には栗東CWコースで6ハロン83秒5の1週前追い切りを消化し、調整も順調そのもの。きさらぎ賞勝ちだけでなく、京都2歳S2着などの実績も残しており、高い能力を持っていることは間違いない。

リアアメリア

牝4歳

調教師:中内田充正(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:リアアントニア
  • 母の父:Rockport Harbor
ここに注目!

1年近く白星から遠ざかっているが、重賞2勝の実績を考えれば、いつ復活してもおかしくはないだろう。芝2000メートルでは昨年のローズS勝ちの結果を残しており、いい方向に働きそうでもある。まだ4歳で、衰えを見せる年齢でもない。

今回は、前走のヴィクトリアマイル(13着)以来約3か月半ぶりの1戦。厩舎スタッフは「前走後に放牧へ出したら1度体調を落とした様子で、一から作り直す調整となりました。いい雰囲気で帰厩できたので、順調に乗り込めています。体重は大幅に増えていましたが、無理に絞るような調整はしていません。ジョッキー騎乗で1週前追い切りを行い、徐々に態勢は整ってくるとみています」と中間の調整についてコメント。8月26日の1週前追い切りでは、栗東CWコースで6ハロン81秒0(ラスト1ハロン11秒7)をマーク。同スタッフは、「調教で動いていてもレースで案外走れないことが見られましたが、この秋は結果を出せるように考えながら調整したいです」と、復活に向けて力を込めていた。

クラヴェル

牝4歳

調教師:安田翔伍(栗東)

  • 父:エピファネイア
  • 母:ディアデラマドレ
  • 母の父:キングカメハメハ
ここに注目!

母は現役時代にマーメイドS、府中牝馬S、愛知杯と重賞を3勝。祖母ディアデラノビアもフローラS、京都牝馬S、愛知杯と重賞を3勝しているように、優れた血筋から生まれてきたことは確か。本馬もいずれ重賞タイトルに手が届きそうだ。

近2走は重賞で安定した走りを見せている。重賞初挑戦となった前々走のマーメイドSでは、逃げたシャムロックヒルがそのまま押し切る流れのなか、ほぼ最後方の位置取りからメンバー中最速の上がり3ハロン34秒6(以下推定)の末脚で猛追し、クビ差の2着まで迫ってみせた。この時は牝馬同士のレースだったが、前走の中京記念では、ハンデ戦とはいえ牡馬を相手に3着と好走。この時もメンバー中最速の上がり3ハロン33秒5をマークして、目の引く伸びを見せている。末脚の威力が現級でも通用することはすでに証明しており、今回も展開次第とはいえ、直線でしっかりとした伸び脚を発揮できるだろう。

ショウナンバルディ

牡5歳

調教師:松下武士(栗東)

  • 父:キングズベスト
  • 母:バノヴィナ
  • 母の父:Redoute's Choice
ここに注目!

オープンクラスに昇級後は勝ち星を挙げていないが、重賞で2着1回、3着1回とあと一歩のところまで来ている。流れや展開次第で、待望のオープンクラス初勝利に手が届いてもいいだろう。良馬場がベストのタイプで、週末の天気も鍵になりそうだ。

この夏は本レースが4戦目。前走の小倉記念から中2週と間隔は詰まっているが、厩舎スタッフは「見た目には変わりないですね。前走を使って、(栗東トレーニング・センターに)帰ってきてからも変わりなくきています。タフになってきたのかなと思います」とコメント。その小倉記念は後方で脚をためた馬たちが上位を占めたように、先行した本馬にとっては不向きな展開だった。それでも、ラストは粘りを見せて5着とあらためて力を証明。今回は新潟に舞台が替わるが、同スタッフは「直線までジッとできるのはいいのかもしれません。もともと中京との相性がよかった馬ですからね。左回りも大丈夫だと思います」と歓迎している。

(山口 大輝)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: