今週の注目レース

関屋記念(GⅢ)

新潟競馬場 1600メートル(芝・外)別定 3歳以上オープン

出走馬情報

ソングライン

牝3歳

調教師:林徹(美浦)

  • 父:キズナ
  • 母:ルミナスパレード
  • 母の父:シンボリクリスエス
ここに注目!

NHKマイルC(2着)でハナ差の接戦を演じたシュネルマイスターが次走の安田記念で僅差の3着に入ったように、今年の3歳世代はハイレベル。本馬は中間の休養で一段とパワーアップした印象があり、他世代が相手でも、51キログラムの斤量なら主役の座は譲れない。

3歳初戦の紅梅S(リステッド。中京・芝1400メートル)はハイペースのなか先行し、直線で豪快に抜け出して3馬身差の圧勝だった。前々走の桜花賞は15着に敗れたが、鞍上の池添謙一騎手が「外枠からいいポジションを取れたと思ったところで、不利を受けて気持ちが切れてしまいました」と語っており、敗因は明白だ。前走のNHKマイルCは、好スタートから控えて中団を追走し、ラスト200メートルで先頭へ。最後はシュネルマイスター(1着)の瞬発力にハナ差屈したものの、3着以下に2馬身1/2差をつけて“負けてなお強し”を印象づけた。今回は3か月の休み明けになるが、本レースを目標に熱心に乗り込みを消化。他世代相手に好結果を出し、秋の大舞台へ向けて弾みをつけたい。

アンドラステ

牝5歳

調教師:中内田充正(栗東)

  • 父:オルフェーヴル
  • 母:ヴァリディオル
  • 母の父:Dynaformer
ここに注目!

前走の中京記念で待望の重賞タイトルを獲得。新潟・芝の外回りコースでは3勝クラス・パールS(芝1800メートル)を勝ち、昨年の関屋記念でも3着に入るなど、適性は高い。サマーマイルシリーズ・チャンピオンの座を手繰り寄せるためにも、好結果を出したい。

ターコイズS(2着)後に骨折で6か月の休養。5歳初戦となった前々走のマーメイドSは55キログラムのハンデを背負い、馬群が密集して終始外を回るロスがありながらも、好位から直線はしぶとく脚を伸ばして勝ち馬から0秒4差の4着に入った。1番人気に支持された前走の中京記念は、好スタートを決めて先行集団のインを追走。4コーナーで開いた前のスペースを突き、直線半ばで先頭に躍り出ると、カテドラル(2着)以下の追い上げを力強く振り切って重賞ウイナーの仲間入りを果たした。ここは今夏3戦目だが、調教では軽快なフットワークを見せており、好調をキープ。前走を勝った勢いと、キャリア12戦で1度しか掲示板(5着以内)を外していない抜群の安定感で重賞連勝を狙う。

シャドウディーヴァ

牝5歳

調教師:斎藤誠(美浦)

  • 父:ハーツクライ
  • 母:ダイヤモンドディーバ
  • 母の父:Dansili
ここに注目!

今回は初めての新潟コースだが、重賞で3度の連対は全て東京コースで、左回りはベストの舞台。前走のマーメイドSは、ハンデ戦で上位2頭との斤量差も踏まえれば、クビ+クビ差の3着は勝ちに等しい内容だった。今回も上位争いが濃厚だ。

今年初戦となった東京新聞杯は、スッと控えて後方待機策。遅めのペースで瞬発力勝負になったが、直線はカテドラル(2着)と併せるように伸びて、最後は競り負けたとはいえ、牡馬相手に勝ち馬から0秒2差の3着に好走した。続く中山牝馬Sは、脚をためて最後方を追走。不良馬場に脚を取られながらも直線はしぶとく差を詰めて、勝ち馬から0秒3差の5着に健闘した。約3か月の休み明けとなった前走のマーメイドSは、内めの枠(3枠5番)を生かして6番手のインを追走。直線は逃げ粘りを図るシャムロックヒル(1着)の直後から虎視眈々と迫ったが、内にモタれる面もあり、最後はクラヴェル(2着)の強襲にあって3着に惜敗した。中間は本レースを目標に調整されており、仕上げに抜かりはない。

グランデマーレ

牡4歳

調教師:藤岡健一(栗東)

  • 父:ロードカナロア
  • 母:グランデアモーレ
  • 母の父:ネオユニヴァース
ここに注目!

デビュー2戦目の1勝クラス・葉牡丹賞(中山・芝2000メートル、1着)で2歳コースレコードを出して、将来を嘱望された素質馬。骨折で3歳春は出走できず、復帰後も復調に手間取ったが、今春に2連勝を飾って再び上昇ムード。勢いに乗って重賞タイトル奪取を狙う。

骨折明けだった昨年秋の神戸新聞杯は17着、続く2勝クラス・鷹巣山特別(東京・芝1600メートル)も11着と大敗したが、5か月余りの休養で立て直した前々走の2勝クラス・天神橋特別(阪神・芝1600メートル)は3馬身差で快勝した。前走の3勝クラス・ストークS(阪神・芝1600メートル)は、ジワッと前に取りついて3番手を追走。直線は内から迫るアクアミラビリス(2着)との追い比べをクビ差制してオープンクラス入りを決めた。今回は約3か月の休み明けになるが、7月下旬から時計を出し始め、8月4日の1週前追い切りでは栗東坂路の自己ベストタイムを出して仕上がりの良さをアピール。重賞のメンバーに入ってもポテンシャルは互角以上で、復調成った今ならあっさり勝っても不思議はない。

カラテ

牡5歳

調教師:高橋祥泰(美浦)

  • 父:トゥザグローリー
  • 母:レディーノパンチ
  • 母の父:フレンチデピュティ
ここに注目!

初勝利が8戦目で、2勝目はさらに10戦を要した叩き上げだが、昨年12月の2勝クラス(中山・芝1600メートル)から3連勝で今年の東京新聞杯を制し、重賞タイトルを獲得。前走の安田記念は13着に敗れたが、強敵にもまれた経験を糧に、さらなる飛躍を期待したい。

5歳初戦となった3勝クラス・若潮S(中山・芝1600メートル)は、同週のニューイヤーS(リステッド)の勝ち時計を0秒3上回る、1分32秒9の好タイムで3馬身差の快勝。続く東京新聞杯は、好スタートを決めて好位集団を追走。直線は馬群に包まれるシーンもあったが、ラスト200メートル付近で狭いスペースを抜け出すと、カテドラル(2着)との追い比べを制して重賞初勝利を飾った。ダービー卿チャレンジTを挫跖で回避し、4か月の休み明けとなった前走の安田記念は13着も、GⅠ馬6頭の豪華メンバーだったことを踏まえれば、悲観する内容ではないだろう。デビュー当時よりも大きく増えた馬体重が成長力の証明で、調整過程も順調な今回は本来のパフォーマンスが期待できそうだ。

ロータスランド

牝4歳

調教師:辻野泰之(栗東)

  • 父:Point of Entry
  • 母:Little Miss Muffet
  • 母の父:Scat Daddy
ここに注目!

サマーマイルシリーズ初戦の米子S(リステッド。阪神・芝1600メートル)を制し、前走の中京記念では5着に入った。ここは今夏3戦目になるが、引き続き好調をキープ。200メートルの距離短縮は好材料で、前走以上のパフォーマンスが期待できそうだ。

今春に1勝クラス(阪神・芝1600メートル)と、2勝クラス・須磨特別(阪神・芝1800メートル)を連勝し、格上挑戦となった前々走の米子S(リステッド)は、好スタートを決めて3番手を追走。重馬場のタフなコンディションで、ペースも厳しかったが、直線で鮮やかに抜け出し快勝した。前走の中京記念は直線で粘りを欠いて勝ち馬から0秒4差の5着。騎乗した藤岡康太騎手は「初めてのコーナー通過4回の競馬に戸惑ったのか、いつもの手応えではなかったです。馬場も少し硬めだったことも影響してか、直線は伸びあぐねました」と敗因を挙げており、コーナー通過2回の新潟・芝1600メートルへのコース替わりは好材料だろう。速い時計の決着に対応できれば、重賞制覇のチャンスはありそうだ。

マイスタイル

牡7歳

調教師:昆貢(栗東)

  • 父:ハーツクライ
  • 母:ファーストナイナー
  • 母の父:フォーティナイナー
ここに注目!

2019年の函館記念を鮮やかに逃げ切って重賞タイトルを獲得。7歳の夏を迎えたが、1年の長期休養明けとなった前々走のダービー卿チャレンジTで勝ち馬から0秒4差の4着に入り、地力健在をアピールした。今回も展開の鍵を握る本馬の動向から目が離せない。

裂蹄で1年の長期休み明けとなった前々走のダービー卿チャレンジTは、抜群のダッシュ力で同型を制して先手を主張。ハイペースで飛ばしながらも、直線で1度は後続を振り切ってラスト100メートルまで先頭を守り、勝ち馬から0秒4差の4着とあらためて能力の高さを示した。前走の新潟大賞典もハナを奪うが、前半1000メートル通過タイム57秒1というかなりのハイペースで、直線は早々に余力がなくなって14着に敗退した。中間は休養で立て直し、4日の1週前追い切りでは栗東CWコースで5ハロン62秒台の好タイムをマーク。2000メートルの函館記念を勝っているが、前走のレースぶりからは1600メートルがベストの印象。気性面から久々も苦にしないので、巻き返しを期待したい。

サトノアーサー

牡7歳

調教師:池江泰寿(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:キングスローズ
  • 母の父:Redoute's Choice
ここに注目!

昨年の関屋記念を制して、2018年エプソムC以来となる2つ目の重賞タイトルを獲得。その後の成績はやや伸び悩んでいるが、帰厩後は栗東坂路の自己ベストタイムをマークしており、年齢的な衰えは感じられない。父譲りの瞬発力を生かして、上位進出を目指す。

昨年の関屋記念は、発馬で後手を踏み後方2番手から。外枠(8枠17番)スタートながら道中はインに潜り込んで脚を温存し、直線に入って徐々に外へ持ち出すと、メンバー中最速となる上がり3ハロン33秒7(推定)の瞬発力で豪快に突き抜け快勝した。昨秋の富士Sは、良発表ながら雨の影響を受けた馬場に脚を取られて9着。7歳初戦となった京都金杯も、20キログラムの馬体増もあってか12着に敗退した。前走の東京新聞杯はスタートがひと息で、そのまま後方待機策。落ち着いた流れで前も止まらなかったが、4コーナー14番手から勝ち馬と0秒6差の8着まで追い上げており、レース内容は悪くない。帰厩後の調教量は豊富で、立て直した効果は十分に見込めそう。連覇の可能性は十分にあるだろう。

(京増 真臣)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: