今週の注目レース

ラジオNIKKEI賞(GⅢ)

福島競馬場 1800メートル(芝)ハンデ 3歳オープン

出走馬情報

ボーデン

牡3歳

調教師:木村哲也(美浦)

  • 父:ハービンジャー
  • 母:ボージェスト
  • 母の父:キングカメハメハ
ここに注目!

前々走の未勝利(東京・芝1800メートル)で1分45秒2の驚異的な勝ち時計をマークし、前走のスプリングSでは、重馬場に脚を取られながらも勝ち馬から0秒3差の3着に入った。地力の高さは折り紙付きだ。

昨年12月のメイクデビュー中山(芝1800メートル)は、評判馬のディオスバリエンテとクビ差の2着に敗れたが、続く未勝利は、好スタートを決め、好位の5番手で折り合いに専念。緩みないペースのなか抜群の手応えで直線を向くと、後続を突き放す一方の独走で6馬身差の快勝劇を演じた。1番人気に支持された前走のスプリングSは、なだめながら好位を追走し、3、4コーナーはインを通って差を詰め、直線は激しい追い比べ。最後は脚色が鈍って3着に敗れたが、あらためて能力の高さを示した。フレグモーネのため皐月賞を見送り、今回は約3か月半の休み明けになるが、1週前追い切りではハードな追い切りを消化。収得賞金加算のためにも、ここは負けられない。

アサマノイタズラ

牡3歳

調教師:手塚貴久(美浦)

  • 父:ヴィクトワールピサ
  • 母:ハイタッチクイーン
  • 母の父:キングヘイロー
ここに注目!

前走の皐月賞(16着)は勝負どころで外を回る競馬になり大敗を喫したが、前々走のスプリングSではアタマ差の2着に好走。前走後は2か月半の休養で立て直しを図って、帰厩後の追い切りでは好調時と遜色のない動きを見せており、仕上げに抜かりはない。

昨年12月のメイクデビュー中山(芝1800メートル)は、1着ディオスバリエンテ、2着ボーデンに離された3着に敗れたが、続く未勝利(中山・芝2000メートル)を4馬身差で快勝。昇級初戦の1勝クラス・水仙賞(中山・芝2200メートル)は、直線でスムーズさを欠き4着に敗れた。前々走のスプリングSは、脚をためて中団の6番手を追走。3コーナー過ぎから外を回って押し上げ、直線はボーデン(3着)を競り落として2着に好走した。前走の皐月賞は直線で失速して16着に大敗したが、3コーナー手前でダノンザキッド(15着)と接触した影響もあっただけに、度外視できる結果だろう。ここは将来性豊かな素質馬がそろったが、本来のパフォーマンスを発揮できれば、巻き返しが濃厚だ。

リッケンバッカー

牡3歳

調教師:西村真幸(栗東)

  • 父:ロードカナロア
  • 母:シティウェルズ
  • 母の父:City Zip
ここに注目!

初勝利に6戦を要したが、前々走のアーリントンCで2着に入り、前走のNHKマイルCでも4着に健闘して、近走の充実ぶりは顕著。デビュー2戦目の未勝利(小倉・芝1800メートル)では6着に敗れたものの、当時より心身ともに成長しており、200メートルの距離延長は克服可能だろう。

デビュー6戦目の未勝利(阪神・芝1600メートル)で初勝利をマーク。続くアーリントンCは、軽く促して中団を追走。直線は狭いスペースを突いて末脚を伸ばし、一完歩ごとに差を詰めて0秒2差の2着に好走した。前走のNHKマイルCは、スッと控えて後方待機策。メンバー中最速となる上がり3ハロン33秒9(推定)の末脚で4コーナー16番手から4着まで追い上げて、能力の高さを示した。マイルがベストの印象で、200メートルの距離延長とコーナー通過4回の福島コースに少し不安はあるが、操縦性が高く、展開に左右されない自在性を兼備しており、主役候補に挙げられる。

ヴァイスメテオール

牡3歳

調教師:木村哲也(美浦)

  • 父:キングカメハメハ
  • 母:シャトーブランシュ
  • 母の父:キングヘイロー
ここに注目!

好メンバーがそろったメイクデビュー東京(芝1800メートル)を快勝。2戦目の京成杯では4着と、将来を嘱望された素質馬だ。レースを使うごとに馬体の緩さがなくなって、青写真通りの成長曲線を描いており、ここは今後の活躍を占う意味でも重要な一戦になる。

前々走の1勝クラス(中山・芝2000メートル)は、スタートで後手を踏み、脚をためて後方待機策。瞬発力のそがれる不良馬場だったが、直線では鋭い末脚を発揮して豪快に突き抜け、3馬身差で快勝した。1番人気に支持された前走のプリンシパルS(リステッド。東京・芝2000メートル)もスタートで出遅れ、後方を追走。スローペースで上位馬とは位置取りの差が出たものの、メンバー中最速となる上がり3ハロン33秒4(推定)の末脚で4着に追い上げ、能力の片りんは示した。2戦続けて出遅れていることから、小回りコースへの対応は鍵になるが、重賞のメンバーに入っても素質は互角以上。水分を含んだ馬場になれば、さらにチャンスが広がりそうだ。

ヴェイルネビュラ

牡3歳

調教師:手塚貴久(美浦)

  • 父:ロードカナロア
  • 母:リングネブラ
  • 母の父:ハーツクライ
ここに注目!

叔父にウェスタールンド(アンタレスS優勝)、伯母にミクロコスモス(阪神ジュベナイルフィリーズ3着)などがいる筋の通った母系の出身で、JRA賞年度代表馬ロードカナロアを配した本馬の血統背景は優秀だ。前走のNHKマイルC(11着)での経験を糧に、今後の飛躍が期待される。

3歳初戦となったジュニアC(リステッド。中山・芝1600メートル)は、脚をためてレース序盤は後方を追走。3コーナー付近から徐々に押し上げ、直線は外から鮮やかに抜け出して2勝目をマークした。2か月半の休養を挟み、前々走のスプリングSは、重馬場に脚を取られながらも、じわじわと脚を伸ばして5着に健闘。前走のNHKマイルCはスタートで後手を踏み、後方のまま11着に敗れたが、好メンバーがそろっていたことを踏まえれば、悲観するレース内容ではない。前走後に戸崎圭太騎手が「ペースが速くて追走が厳しかったです。もう少し距離があってもいいのかもしれません」と語っており、200メートルの距離延長でGⅢのメンバーなら、一変が期待できそうだ。

シュヴァリエローズ

牡3歳

調教師:清水久詞(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:ヴィアンローズ
  • 母の父:Sevres Rose
ここに注目!

母ヴィアンローズはフランスの重賞ウイナーで、リーディングサイヤーのディープインパクトを配した良血馬。本馬は昨年秋に萩S(リステッド。京都・芝1800メートル)を優勝。2度のGⅠ挑戦(ホープフルS5着、皐月賞11着)もあり、経験値では他馬を一歩リードしている。

ホープフルS5着後は約3か月の休養を挟み、3歳初戦となった前々走の若葉S(リステッド。阪神・芝2000メートル)は、脚をためて中団を追走。直線でアドマイヤハダルに突き放されたものの、しぶとく脚を伸ばして2着に入った。前走の皐月賞は、4コーナーで大外を回るロスもあり、直線の伸びを欠いて11着に敗れたが、手綱を取った三浦皇成騎手が「終始のめっていたので、抱えながら運ぶ形になりました。どんどん外へ押し出される形になり、思っていた進路取りでの競馬ができなかったです」とコメント。稍重の馬場も影響した印象で、力負けではないだろう。ここは2か月半の休み明けになるが、追い切りで好タイムをマークして、仕上がりの良さをアピール。念願の重賞タイトル獲得を狙う。

ノースブリッジ

牡3歳

調教師:奥村武(美浦)

  • 父:モーリス
  • 母:アメージングムーン
  • 母の父:アドマイヤムーン
ここに注目!

前走の青葉賞は400メートルの距離延長が影響したのか13着に敗れたが、メイクデビュー中京(芝2000メートル)、1勝クラス・葉牡丹賞(中山・芝2000メートル)を連勝して地力の高さは証明済み。3戦続けてハナを切っており、展開の鍵を握る本馬の動向から目が離せない。

昨年9月のメイクデビュー中京を鮮やかに逃げ切って初陣を飾ると、続く1勝クラス・葉牡丹賞も、好スタートを決めて先手を主張。後続を引きつけてスローペースに持ち込み、メンバー中最速の上がり3ハロン35秒1でまとめて4馬身差で快勝した。馬場差があるとはいえ、同開催のホープフルSの勝ちタイム(2分02秒8)を上回る2分02秒2の走破時計も優秀だった。約5か月の休み明けとなった前走の青葉賞は直線の粘りを欠いて13着に敗れたが、騎乗した横山和生騎手は「坂を上がったあたりからストライドが小さくなってしまいました。ベストは1600から1800メートルかもしれないです」とコメント。600メートルの距離短縮と先行力の生きる福島コースで、あらためて注目したい。

タイソウ

牡3歳

調教師:西園正都(栗東)

  • 父:モーリス
  • 母:セラミックガール
  • 母の父:ダイワメジャー
ここに注目!

特別登録のあった白百合S(リステッド)を見送り、本レースに目標を切り替えて熱心な乗り込みを消化している。フットワークが大きく、福島コースへの対応は鍵になるが、父モーリス譲りのスピードを武器に、重賞タイトル獲得を目指す。

約3か月の休み明けだった前々走のプリンシパルS(リステッド。東京・芝2000メートル)は、大外枠(8枠14番)から一気に前へ取りついて3番手を追走。スローペースで上位2頭とは瞬発力の差が出たが、直線もしぶとく脚を伸ばし、ヴァイスメテオール(4着)の追い上げをアタマ差しのいで3着に好走した。前走の1勝クラス・メルボルンT(中京・芝2200メートル)は、押し出されるようにハナを奪うと、最後までスピードは衰えず、危なげなく押し切って2勝目をマーク。デビュー勝ち直後から果敢に重賞へ挑戦し、京成杯6着、共同通信杯12着と、強敵にもまれてきたことが近2戦の好成績につながっている印象。地力をつけた今なら、ここでも遜色のない競馬ができそうだ。

(京増 真臣)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: