今週の注目レース

3歳重賞馬連 優駿牝馬(オークス)(GⅠ)

東京競馬場 2400メートル(芝)定量 (牝) 3歳オープン

出走馬情報

ソダシ

牝3歳

調教師:須貝尚介(栗東)

  • 父:クロフネ
  • 母:ブチコ
  • 母の父:キングカメハメハ
ここに注目!

デビューから無傷の5連勝。白毛馬として史上初めてとなる芝の重賞(札幌2歳S)勝利、GⅠ(阪神ジュベナイルフィリーズ)勝利、クラシック(桜花賞)勝利と、レースを使うごとに記録を打ち立てているスーパーホースだ。史上3頭目となる無敗の牝馬二冠制覇に挑む。

昨年の阪神ジュベナイルフィリーズは、ピタリと折り合って好位集団を追走。直線は狭いスペースを突いて馬群を抜け出し、サトノレイナス(2着)の追い上げをハナ差しのいでGⅠタイトルを獲得した。約4か月の休養を挟み、ぶっつけ本番で臨んだ前走の桜花賞は、好スタートを決めて、スッと先行集団を追走。後続が早めに動いてくる厳しい流れだったが、直線の入り口で進路を確保すると、早め先頭から力強く押し切り、1分31秒1のコースレコードで牝馬三冠一冠目を制した。クロフネ産駒の牝馬はマイル以下に良績が多く、距離延長に少し不安はあるが、優れた操縦性と、競り合いに強い勝負根性が魅力。けがれなき純白の女王が、オークスの舞台でさらなる輝きを放つ。

ファインルージュ

牝3歳

調教師:木村哲也(美浦)

  • 父:キズナ
  • 母:パシオンルージュ
  • 母の父:ボストンハーバー
ここに注目!

前々走のフェアリーSで重賞タイトルを獲得。前走の桜花賞では3着に入り、世代トップクラスの実力を証明した。父キズナはダービー馬だが、母パシオンルージュは現役時代に全3勝を1200メートル以下で挙げたスプリンター。今回は800メートルの距離延長が鍵になりそうだ。

前々走のフェアリーSは、脚をためて後方待機策。3コーナー付近から徐々に押し上げ、直線は外から豪快に抜け出して2馬身1/2差で快勝した。3か月の休み明けとなった前走の桜花賞は、直線でソダシ(1着)の直後から虎視眈々と迫り、最後までじわじわと差を詰めて0秒1差の3着に好走。騎乗した福永祐一騎手は「勝った馬とは現時点での完成度の違いだと思います。その中で僅差のレースをしてくれましたし、将来的に期待の持てる走りでした」と、素質の高さに太鼓判を押している。折り合いがついて操縦性も高く、レースセンスに優れており、800メートルの距離延長は十分に克服可能だろう。強敵にもまれた前走の経験を糧に、オークス制覇を狙う。

アカイトリノムスメ

牝3歳

調教師:国枝栄(美浦)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:アパパネ
  • 母の父:キングカメハメハ
ここに注目!

前々走のクイーンCで重賞初制覇を達成。母アパパネは牝馬三冠を含むGⅠ5勝を挙げた名牝で、父にリーディングサイヤーのディープインパクトを配した良血馬だ。東京コースでは3戦3勝と負け知らずで、距離延長も歓迎材料。桜花賞4着からの逆転を狙う。

今年初戦のクイーンCはスタートで出負けしたが、すぐに二の脚で挽回して6番手を追走。勝負どころで外を回る正攻法のレース運びからラスト200メートルで力強く抜け出し、最後はアールドヴィーヴル(2着)の追い上げをクビ差振り切って優勝した。前走の桜花賞は、スッと前に取りつき、手応え良く好位集団を追走。4コーナーでスムーズに外へ出すと、直線もしぶとく差を詰めて勝ち馬ソダシから0秒2差の4着に入った。自身の走破時計1分31秒3も従来のコースレコード(1分31秒9)を上回っており、キャリアを重ねるごとに地力をつけていることは明らかだ。レース後の回復が早く、中間の調整も順調。牝馬三冠を達成した母アパパネから、距離延長はプラスに働きそうだ。

アールドヴィーヴル

牝3歳

調教師:今野貞一(栗東)

  • 父:キングカメハメハ
  • 母:イサベル
  • 母の父:ディープインパクト
ここに注目!

デビュー2戦目のクイーンCで僅差の2着、前走の桜花賞では5着に健闘しており、ポテンシャルの高さは折り紙つき。レースを使うごとに馬体重が減り、422キログラムの前走は少し寂しく見えただけに、関東遠征の今回は当日の気配がポイントになりそうだ。

約4か月の休み明けに加え、デビュー2戦目での重賞初挑戦となった前々走のクイーンCは、脚をためて中団後方を追走。キャリアが浅く、勝負どころで反応の鈍さはあったが、アカイトリノムスメ(1着)の直後から馬群を抜け出すと、最後はクビ差2着まで追い上げて能力の片りんを示した。前走の桜花賞では、上位争いからは離されたものの、直線の入り口で他馬と接触しながら、しぶとく脚を伸ばして5着に入っており、レース内容は悪くなかった。父キングカメハメハ、母の父ディープインパクトが共にダービー馬なら、距離延長は望むところ。強敵にもまれた前走の経験を生かすことができれば、ここでも遜色のない競馬が可能だろう。

ククナ

牝3歳

調教師:栗田徹(美浦)

  • 父:キングカメハメハ
  • 母:クルミナル
  • 母の父:ディープインパクト
ここに注目!

ディープインパクト産駒の母クルミナルは桜花賞2着、オークス3着の活躍馬。父にリーディングサイヤー2度のキングカメハメハを配した血統背景は一級品で、距離延長は歓迎の部類だろう。2歳時のアルテミスSでソダシの2着に入っており、ここでも能力は引けを取らない。

3歳初戦のシンザン記念は、牡馬相手に4コーナー10番手からしぶとく脚を伸ばして4着。2着ルークズネスト(ファルコンS)、3着バスラットレオン(ニュージーランドT)はその後に重賞を勝っており、レースレベルも上質だった。前々走のクイーンCは、スタートで後手を踏んだものの、直線で狭いスペースから抜け出しを図り、最後は激しい追い比べに持ち込んで勝ち馬から0秒1差の3着に入った。前走の桜花賞は、じっくり脚をためて最後方を追走。上位争いからは離されたが、2着サトノレイナスに次ぐ上がり3ハロン33秒2(推定)の末脚で6着まで追い上げており、レース内容は悪くない。ここも瞬発力の生きる展開になればチャンスがありそうだ。

ユーバーレーベン

牝3歳

調教師:手塚貴久(美浦)

  • 父:ゴールドシップ
  • 母:マイネテレジア
  • 母の父:ロージズインメイ
ここに注目!

昨年の阪神ジュベナイルフィリーズでは、メンバー中最速となる上がり3ハロン33秒6(推定)の末脚を発揮。勝ち馬ソダシから0秒1差の3着に追い上げたレース内容は秀逸だった。ゴールドシップ産駒で、オークスの舞台は最適だろう。

出走を予定していたチューリップ賞を疝痛のため見送り、今年初戦となった前々走のフラワーCは、スタートで後手を踏み、そのまま控えて後方待機策。スローペースで不向きな展開だったが、3コーナー手前から外を回ってジワッと押し上げると、直線も長くいい脚を使って3着に入った。前走のフローラSは、五分のスタートを決めて中団馬群を追走。緩い流れで上位2頭とは位置取りの差が出たが、メンバー中最速となる上がり3ハロン33秒2(推定)の末脚で勝ち馬から0秒2差の3着に追い上げ、“負けてなお強し”を印象づけた。桜花賞馬ソダシと2度接戦を演じた実力馬。オークスに照準を合わせて一戦ごとに状態面は上向いており、目が離せない存在だ。

クールキャット

牝3歳

調教師:奥村武(美浦)

  • 父:スクリーンヒーロー
  • 母:メジロトンキニーズ
  • 母の父:ダンスインザダーク
ここに注目!

母メジロトンキニーズはダイヤモンドS2着の活躍馬で、産駒には重賞3勝のトリオンフ(父タートルボウル)がいる。本馬は折り合い面から距離延長は鍵になるが、母系から豊富なスタミナを受け継いでおり、フローラSを制した勢いに乗ってビッグタイトル獲得を目指す。

3歳初戦となった3走前のフェアリーSは、前半600メートル付近から一気に動いてハナを奪ったが、直線の粘りを欠いて10着に敗退。前々走のフラワーCでは、スタートで後手を踏みながらも、メンバー中最速となる上がり3ハロン35秒0(推定)の末脚で懸命に差を詰めて、勝ち馬から0秒3差の5着に入った。前走のフローラSは、外枠(8枠15番)からジワッと前に取りついて4番手を追走。抜群の手応えで直線を向き、ラスト200メートル付近で先頭に躍り出ると、最後は追いすがるスライリー(2着)を力でねじ伏せて1馬身差で勝利した。ソダシを筆頭に、ハイレベルだった桜花賞組は強敵だが、本馬もポテンシャルの高さでは見劣りしないはずだ。

ステラリア

牝3歳

調教師:斉藤崇史(栗東)

  • 父:キズナ
  • 母:ポリネイター
  • 母の父:Motivator
ここに注目!

前走の忘れな草賞(リステッド。阪神・芝2000メートル)を1分58秒0の好タイムで快勝。忘れな草賞の優勝馬から、過去10年で3頭(2011年エリンコート、2015年ミッキークイーン、2019年ラヴズオンリーユー)のオークス馬が誕生しており、本馬も侮れない存在だ。

3歳初戦となった前々走のクイーンCは、スタートでつまずいて流れに乗り切れなかったが、直線で大外から懸命に差を詰めて勝ち馬から0秒3差の6着に入り、レース内容は悪くなかった。前走の忘れな草賞(リステッド)は、脚をためて中団を追走。4コーナーでスムーズに外へ出されると、直線で鮮やかに抜け出して2勝目をマーク。同開催の3勝クラス・京橋Sの勝ちタイム(1分58秒5)を上回る、1分58秒0の走破時計も優秀だった。2000メートルでグンとパフォーマンスを上げたように、2400メートルへの距離延長も好材料。デビュー2戦目から5戦続けてメンバー最速の推定上がり3ハロンタイムをマークしており、ここでも瞬発力は互角以上だろう。

(京増 真臣)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: