今週の注目レース

3歳重賞馬連 京都新聞杯(GⅡ)

中京競馬場 2200メートル(芝)馬齢 3歳オープン

データ分析

ダービーを目指す馬が集う重賞

皐月賞に出走できなかった馬や、日本ダービー出走に向けて収得賞金の加算を目指す馬が出走することが多い重賞。過去10年では、2013年の優勝馬キズナ、2019年の2着馬ロジャーバローズが日本ダービーを制している。例年は京都・芝2200メートルで行われるが、今年は京都競馬場が整備工事中のため中京・芝2200メートルで行われる。過去10年の結果と中京・芝2200メートルのデータを中心に、好走馬の共通点を探ってみた。

前走が未勝利戦だった馬は不振

遅れてきた大物が出走することの多い重賞だが、さすがに前走で新馬戦や未勝利戦を勝ち上がったばかりの馬は通用せず、過去10年では3着以内に入ったことがない。また、GⅠからの転戦馬も、2019年タガノディアマンテ(1番人気5着)、2015年ダノンリバティ(3番人気5着)、2013年マズルファイヤー(3番人気12着)など、上位人気の支持に応えられなかったケースが目につく。好走例が多いのは、前走でGⅢを使われていた馬や、1勝クラスを勝利していた馬となっている。〔表1〕

〔表1〕前走別成績(過去10年)
前走 成績 勝率 連対率 3着内率
GⅠ 1-1-0-10 8.3% 16.7% 16.7%
GⅡ 0-1-2-7 0% 10.0% 30.0%
GⅢ 3-0-3-8 21.4% 21.4% 42.9%
オープン特別 0-2-1-12 0% 13.3% 20.0%
1勝クラス 6-6-4-50 9.1% 18.2% 24.2%
新馬・未勝利 0-0-0-30 0% 0% 0%
  • 注記:前走が海外のレースだった馬を除く

前走で2000メートルを超える距離を使われた馬に注目

日本ダービーだけでなく秋の菊花賞も視野に入れた馬が出走するレースなので、前走も2000メートルを超える距離だった馬の好走率が高い。中でも前走が1勝クラスの2200メートルから2400メートルのレースだった馬は、人気にかかわらず馬券によく絡んでいる。芝1800メートルから2000メートルだった馬が3着以内に20頭入っているが、好走率では目立つ数値ではない。〔表2〕

〔表2〕前走の距離別成績(過去10年)
前走の距離 成績 勝率 連対率 3着内率
芝1600m 0-1-1-3 0% 20.0% 40.0%
芝1800m〜2000m 6-7-7-79 6.1% 13.1% 20.2%
芝2200m〜2400m 4-2-2-23 12.9% 19.4% 25.8%
芝2400m超 0-0-0-1 0% 0% 0%
ダート 0-0-0-12 0% 0% 0%

勝利数と好走率は比例している

通算勝利数が多い馬ほど好走率も高い。もしも3勝以上を挙げている馬が出走しているようなら素直に信用したい。3勝以上の馬の出走がない場合、馬券の中心は2勝馬になる。特に前走で1番人気から3番人気に支持されて1着になった2勝馬の成績は〔5・4・0・13〕で連対率は40.9%と高く、連軸として信用できる。〔表3〕

〔表3〕通算勝利数別成績(過去10年)
勝利数 成績 勝率 連対率 3着内率
3勝 2-0-0-2 50.0% 50.0% 50.0%
2勝 5-7-7-44 7.9% 19.0% 30.2%
1勝 3-3-3-72 3.7% 7.4% 11.1%

中京・芝2200メートルは外枠優勢

中京競馬場がリニューアルされた2012年から2021年3月末までの期間で、中京・芝2200メートルの枠番成績を調べると、外枠優勢の傾向が顕著に出ている。直線が長くて速い上がりを使える馬が結果を出しやすいコースなので、6枠から8枠に入った速い上がりを使える馬に注目したい。〔表4〕

(姫園 淀仁)

〔表4〕中京・芝2200メートルコースの枠番別成績(2012年から2021年3月末)
枠番 成績 勝率 連対率 3着内率
1枠 12-10-15-188 5.3% 9.8% 16.4%
2枠 17-11-16-186 7.4% 12.2% 19.1%
3枠 15-17-17-188 6.3% 13.5% 20.7%
4枠 21-17-13-198 8.4% 15.3% 20.5%
5枠 13-24-20-210 4.9% 13.9% 21.3%
6枠 21-26-20-212 7.5% 16.8% 24.0%
7枠 32-29-26-256 9.3% 17.8% 25.4%
8枠 28-26-31-281 7.7% 14.8% 23.2%

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: