今週の注目レース

3歳重賞馬連 桜花賞(GⅠ)

阪神競馬場 1600メートル(芝・外)定量 (牝) 3歳オープン

データ分析

近年も歴史的名牝が次々と誕生している注目の大一番

2020年の桜花賞でGⅠ初制覇を果たしたデアリングタクトは、オークスと秋華賞も制し、史上初となる無敗での牝馬三冠を達成した。また、2019年の優勝馬グランアレグリアは2020年の安田記念、スプリンターズS、マイルチャンピオンシップを3連勝して、同年のJRA賞最優秀短距離馬に選出された。さらに、2018年の優勝馬アーモンドアイは、牝馬三冠を含むJRAの芝GⅠ8勝という、歴代最多記録を塗り替えた。近年の優勝馬は3歳時だけでなく、古馬になってからも活躍を続けている。今回は過去10年のレース結果から、好走馬に共通するポイントを分析してみたい。

チューリップ賞組と前走好走馬が中心

過去10年の3着以内馬30頭中18頭は、前走がチューリップ賞だった。該当馬は3着内率も39.1%と優秀な水準に達している。今年もまずはチューリップ賞組に注目すべきだろう。〔表1〕

〔表1〕前走別成績(過去10年)
前走 着度数 勝率 連対率 3着内率
チューリップ賞 5-7-6-28 10.9% 26.1% 39.1%
チューリップ賞以外 5-3-4-120 3.8% 6.1% 9.1%

一方、前走がチューリップ賞以外だった馬のうち、前走の着順が4着以下だった馬は全て桜花賞でも4着以下に敗れている。チューリップ賞以外のレースを経由してきた馬に関しては、前走の着順で評価するのがよさそうだ。〔表2〕

〔表2〕前走がチューリップ賞以外だった馬の、前走の着順別成績(過去10年)
前走の着順 着度数 勝率 連対率 3着内率
1着 3-3-3-37 6.5% 13.0% 19.6%
2着、3着 2-0-1-34 5.4% 5.4% 8.1%
4着以下 0-0-0-49 0% 0% 0%

前走で人気薄だった馬は不振

過去10年の3着以内馬30頭中29頭は、前走の単勝人気が5番人気以内だった。一方、6番人気以下だった馬は3着内率1.9%と苦戦している。前走を比較する際は、単勝人気にも注目してみたい。〔表3〕

〔表3〕前走の単勝人気別成績(過去10年)
前走の単勝人気 着度数 勝率 連対率 3着内率
5番人気以内 10-10-9-97 7.9% 15.9% 23.0%
6番人気以下 0-0-1-51 0% 0% 1.9%

キャリアの浅い馬が優勢

過去10年の3着以内馬30頭中23頭は、通算出走数が4戦以内だった。一方、5戦以上だった馬は3着内率6.8%と苦戦している。キャリア5戦以上の馬は過信禁物とみるべきだろう。〔表4〕

〔表4〕通算出走数別成績(過去10年)
通算出走数 着度数 勝率 連対率 3着内率
4戦以内 8-8-7-52 10.7% 21.3% 30.7%
5戦以上 2-2-3-96 1.9% 3.9% 6.8%

なお、通算出走数が5戦以上だった馬のうち“同年のJRAの1600メートルの重賞”において4着以内に入った経験のない馬は、3着内率が2.9%にとどまっている。3着以内に入ったのは2013年3着のプリンセスジャックが最後である。キャリア5戦以上の馬を比較する際は、年明け以降のマイル重賞での実績を重視したいところだ。〔表5〕

〔表5〕通算出走数が5戦以上だった馬の、“同年のJRAの1600メートルの重賞”において4着以内に入った経験の有無別成績(過去10年)
経験の有無 着度数 勝率 連対率 3着内率
あり 2-2-1-30 5.7% 11.4% 14.3%
なし 0-0-2-66 0% 0% 2.9%

戦績の安定感がポイント

過去10年の3着以内馬30頭中28頭は、“JRAの新馬・重賞以外のレース”において2着以下となった経験のない馬だった。一方、この経験があった馬は3着内率2.5%と苦戦している。未勝利、1勝クラス、オープン特別のレースで敗れたことがある馬は、思い切って評価を下げたい。〔表6〕

〔表6〕“JRAの新馬・重賞以外のレース”において2着以下となった経験の有無別成績(過去10年)
経験の有無 着度数 勝率 連対率 3着内率
あり 0-1-1-77 0% 1.3% 2.5%
なし 10-9-9-71 10.1% 19.2% 28.3%

コース適性の高い馬は堅実

過去10年の3着以内馬30頭中18頭は、“阪神・芝1600メートルの重賞”において3着以内に入った経験のある馬だった。一方、この経験がなかった馬は3着内率8.8%と苦戦している。阪神ジュベナイルフィリーズやチューリップ賞をはじめとする、阪神・芝1600メートルの重賞で好走したことがある馬は高く評価すべきだろう。〔表7〕

〔表7〕“阪神・芝1600メートルの重賞”において3着以内に入った経験の有無別成績(過去10年)
経験の有無 着度数 勝率 連対率 3着内率
あり 6-7-5-23 14.6% 31.7% 43.9%
なし 4-3-5-125 2.9% 5.1% 8.8%

なお、“阪神・芝1600メートルの重賞”において3着以内に入った経験がなかった馬のうち、同年1月もしくは2月に“JRAのオープンクラスのレース”において1着となった経験のなかった馬は、3着内率が2.9%にとどまっている。ちなみに、2014年以降の過去7年に限れば〔0・0・1・70〕(3着内率1.4%)とさらに好走率が下がっている。阪神・芝1600メートルの重賞で好走したことがない馬同士を比較する際は、年明け以降、かつチューリップ賞より前に行われた重賞やオープン特別を勝っている馬に注目したいところだ。〔表8〕

〔表8〕“阪神・芝1600メートルの重賞”において3着以内に入った経験がなかった馬の、同年1月もしくは2月に“JRAのオープンクラスのレース”において1着となった経験の有無別成績(過去10年)
経験の有無 着度数 勝率 連対率 3着内率
あり 4-3-2-26 11.4% 20.0% 25.7%
なし 0-0-3-99 0% 0% 2.9%
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

馬格のない馬が勝ち切れていない

過去7年の優勝馬7頭は、いずれも前走の馬体重が464キログラム以上だった。これより馬体重が軽い馬は、勝ち切る可能性が低いとみておきたい。また、この7頭は前走の単勝人気が3番人気以内だった点、“JRAの新馬・重賞以外のレース”において敗れた経験がなかった点も共通している。〔表3〕や〔表6〕で挙げた傾向も重視すべきだろう。〔表9〕

(伊吹 雅也)

〔表9〕優勝馬の、前走の馬体重、前走の単勝人気、“JRAの新馬・重賞以外のレース”における戦績(過去7年)
年次 優勝馬 前走の馬体重 前走の単勝人気 “JRAの新馬・重賞以外のレース”における戦績
2014年 ハープスター 476kg 1番人気 出走なし
2015年 レッツゴードンキ 468kg 2番人気 出走なし
2016年 ジュエラー 498kg 1番人気 出走なし
2017年 レーヌミノル 468kg 1番人気 出走なし
2018年 アーモンドアイ 464kg 1番人気 1戦1勝
2019年 グランアレグリア 482kg 1番人気 出走なし
2020年 デアリングタクト 466kg 3番人気 1戦1勝

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: