今週の注目レース

高松宮記念(GⅠ)

中京競馬場 1200メートル(芝)定量 4歳以上オープン

データ分析

波乱の決着が目立ってきた上半期の古馬最強スプリンター決定戦

2019年が3連単449万7470円、2020年が3連単21万7720円と、ここ2年の高松宮記念はいずれも高額配当決着になった。過去10年の高松宮記念において単勝1番人気の支持を集めた馬のうち、連対を果たしたのは2013年1着のロードカナロアと2016年1着のビッグアーサーのみである。前評判の高い馬はもちろん、大仕事をやってのけそうな伏兵馬にも注目しておきたい一戦だ。今回は過去10年のレース結果から、好走馬に共通するポイントを分析してみたい。

過去の戦績に注目

過去10年の3着以内馬延べ30頭中28頭は、“前年以降に4大場(東京・中山・京都・阪神)で行われた芝の重賞”において2着以内に入った経験のある馬だった。一方、この経験がなかった馬は3着内率2.7%と苦戦している。ちなみに、2015年1着のエアロヴェロシティは香港からの遠征馬で、JRAのレースに出走した経験がなかったものの、2014年の香港スプリント(G1)を優勝した実績があった。2019年以前のレース、ローカル場(札幌・函館・福島・新潟・中京・小倉)のレース、ダートのレース、オープン特別や条件クラスのレースでしか連対を果たしていない馬は、評価を下げるべきだろう。〔表1〕

〔表1〕“前年以降に4大場(東京・中山・京都・阪神)で行われた芝の重賞”において2着以内に入った経験の有無別成績(過去10年)
経験の有無 着度数 勝率 連対率 3着内率
あり 9-10-9-76 8.7% 18.3% 26.9%
なし 1-0-1-71 1.4% 1.4% 2.7%

前走6着以下の馬は不振

過去10年の3着以内馬延べ30頭中26頭は、前走の着順が5着以内だった。一方、6着以下だった馬は3着内率5.4%と苦戦している。前走好走馬が強いレースといえそうだ。〔表2〕

〔表2〕前走の着順別成績(過去10年)
前走の着順 着度数 勝率 連対率 3着内率
5着以内 9-9-8-77 8.7% 17.5% 25.2%
6着以下 1-1-2-70 1.4% 2.7% 5.4%

なお、前走の着順が6着以下だった馬のうち、“今回と同じ競馬場(2011年は阪神、2012年以降は中京)の重賞”を優勝した経験のない馬は3着内率1.6%とより苦戦している。コース実績のある馬でない限り、前走6着以下の馬は過信禁物とみておきたい。〔表3〕

〔表3〕前走の着順が「6着以下」だった馬の、“今回と同じ競馬場(2011年は阪神、2012年以降は中京)の重賞”において優勝した経験の有無別成績(過去10年)
経験の有無 着度数 勝率 連対率 3着内率
あり 1-1-1-7 10.0% 20.0% 30.0%
なし 0-0-1-63 0% 0% 1.6%

前走の単勝人気も重要なポイント

前走が“国内のレース”だった馬について、前走の単勝人気別成績を見ると、1番人気だった馬が3着内率38.7%と優秀な成績を収めている。一方、5番人気以下だった馬は3着内率5.7%と苦戦している。臨戦過程を比較する際は、直近のレースにおける単勝人気も重視すべきだろう。〔表4〕

〔表4〕前走が“国内のレース”だった馬の、前走の単勝人気別成績(過去10年)
前走の単勝人気 着度数 勝率 連対率 3着内率
1番人気 4-5-3-19 12.9% 29.0% 38.7%
2番人気〜4番人気 5-2-4-40 9.8% 13.7% 21.6%
5番人気以下 0-3-2-83 0% 3.4% 5.7%
9-10-9-142 5.3% 11.2% 16.5%

7歳以上の馬は強調できない

過去10年の3着以内馬延べ30頭中27頭は、年齢が6歳以下だった。一方、7歳以上だった馬は3着内率5.7%と苦戦している。なお、中京競馬場で行われた2012年以降の過去9年に限ると〔1・0・0・45〕(3着内率2.2%)、2016年以降の過去5年に限ると〔0・0・0・28〕(3着内率0%)である。7歳以上の馬は割り引きが必要だ。〔表5〕

〔表5〕年齢別成績(過去10年)
年齢 着度数 勝率 連対率 3着内率
6歳以下 8-10-9-97 6.5% 14.5% 21.8%
7歳以上 2-0-1-50 3.8% 3.8% 5.7%

近年は基本的に内枠優勢

過去5年の3着以内馬延べ15頭中13頭は、枠番が「1枠から4枠」だった。一方、「5枠から8枠」だった馬は3着内率4.0%と苦戦している。1枠の馬は〔0・0・0・10〕(3着内率0%)だったものの、どちらかといえば近年は内枠優勢とみておきたい。〔表6〕

〔表6〕枠番別成績(過去5年)
枠番 着度数 勝率 連対率 3着内率
1枠〜4枠 3-5-5-27 7.5% 20.0% 32.5%
5枠〜8枠 2-0-0-48 4.0% 4.0% 4.0%

なお、枠番が「5枠から8枠」だったにもかかわらず3着以内に入った2頭は、いずれも前走の4コーナーの通過順が2番手以内、かつ前走の出走頭数が18頭だった。前走が多頭数で先行していた馬なら、外寄りの枠でも相応に高く評価すべきだろう。〔表7〕

〔表7〕枠番が「5枠から8枠」、かつ前走が“国内のレース”だった馬の、前走の4コーナー通過順ならびに出走頭数別成績(過去5年)
前走の4コーナー通過順ならびに出走頭数 着度数 勝率 連対率 3着内率
2番手以内、かつ出走頭数が18頭 2-0-0-4 33.3% 33.3% 33.3%
3番手以下、もしくは出走頭数が17頭以下 0-0-0-43 0% 0% 0%
2-0-0-47 4.1% 4.1% 4.1%
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

馬格のない馬が勝ち切れていない

過去5年の優勝馬5頭は、いずれも前走の馬体重が480キログラム以上だった。なお、前走が“JRAのレース”、かつ前走の馬体重が480キログラム未満だった馬で優勝を果たしたのは、現在のところ2009年のローレルゲレイロが最後である。馬体重の重い馬を重視した方がよさそうだ。また、この5頭は、“前年以降に4大場(東京・中山・京都・阪神)で行われた芝の重賞”において連対経験があった点、前走の単勝人気が4番人気以内だった点も共通している。〔表1〕〔表4〕などで挙げた傾向も考慮したい。〔表8〕

(伊吹 雅也)

〔表8〕優勝馬の、前走の馬体重、“前年以降に4大場(東京・中山・京都・阪神)で行われた芝の重賞”における最高着順、前走の単勝人気(過去5年)
年次 優勝馬 前走の馬体重 “前年以降に4大場(東京・中山・京都・阪神)で行われた芝の重賞”における最高着順 前走の単勝人気
2016年 ビッグアーサー 524kg 2着(2015年京阪杯) 1番人気
2017年 セイウンコウセイ 500kg 2着(2017年シルクロードS) 4番人気
2018年 ファインニードル 488kg 1着(2018年シルクロードSほか) 4番人気
2019年 ミスターメロディ 496kg 2着(2018年阪神C) 1番人気
2020年 モズスーパーフレア 494kg 1着(2019年オーシャンS) 2番人気

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: