今週の注目レース

3歳重賞馬連 報知杯フィリーズレビュー(GⅡ)

阪神競馬場 1400メートル(芝)馬齢 (牝) 3歳オープン

出走馬情報

オパールムーン

牝3歳

調教師:昆貢(栗東)

  • 父:ヴィクトワールピサ
  • 母:コパノマルコリーニ
  • 母の父:マヤノトップガン
ここに注目!

小柄で仕上がりの早いイメージがある馬。実際、デビューからの2戦は少ない追い切り本数で結果を出しており、休み明けは苦にしないタイプと考えていいだろう。太めが残ることも考えにくく、仮に馬体重増があっても成長分と受け止めていいはずだ。

デビュー2戦目のファンタジーSで2着に好走し、収得賞金の加算に成功。マークした上がり3ハロン33秒5(以下推定)のタイムは出走馬中最速で、唯一の33秒台でもあった。その瞬発力はここでも上位と考えられるはずで、今回と同じ舞台で出した結果ということも含めて価値は高い。前走の阪神ジュベナイルフィリーズ(6着)でも上がり3ハロン33秒8の末脚を繰り出したが、これは出走馬中3位の数字だった。父ヴィクトワールピサ、母の父マヤノトップガンという血統に似つかわしくない、胴の詰まったコンパクトな馬体の持ち主。決め手を最大限に生かせるのは短距離で、1400メートルへの距離短縮はプラスに働きそうだ。

ヨカヨカ

牝3歳

調教師:谷潔(栗東)

  • 父:スクワートルスクワート
  • 母:ハニーダンサー
  • 母の父:Danehill Dancer
ここに注目!

調教段階からしっかりと動く馬で、かなり強めの負荷をかけられている今回も、迫力を感じる走りを見せていた。休み明けでも仕上がりに不足なしと考えていいだろう。むしろ、調教をしっかりと積んだことでテンションが上がり過ぎていないかをチェックしたい。

デビューから3連勝を記録して着実に収得賞金を加算。重賞初挑戦だったファンタジーSで初黒星を喫したものの、勝ったメイケイエールから0秒4差の5着と、まずまずの結果を残した。九州産馬の星として取り上げられることの多い馬だが、能力は高く、それを証明したのが前走の阪神ジュベナイルフィリーズでの0秒4差5着だ。相手強化とマイル戦への距離延長が不安視されたのか10番人気と評価を落としていたものの、1200メートルを走っていた時のようにスピードを生かしてハナに立ち、残り100メートル付近まで先頭をキープする見せ場十分の内容だった。ここで初重賞制覇を飾り、桜花賞に勢いをつけたいところだろう。

ポールネイロン

牝3歳

調教師:矢作芳人(栗東)

  • 父:オルフェーヴル
  • 母:イングランドローズ
  • 母の父:Dansili
ここに注目!

控える形では味が出ないタイプかもしれないが、フルゲートの短距離戦で桜花賞の優先出走権もかかる1戦。簡単には行かせてもらえないはずだ。レースを使うごとに体重が減り、前走は腹構えが少し薄く見えた。プラス体重での出走が望ましいだろう。

2着馬に8馬身差をつけて楽勝したメイクデビュー中京(芝1400メートル)のパフォーマンスで注目を集め、開催最終週に行われた2戦目のオープン特別・ききょうS(中京・芝1400メートル)は1分21秒1の2歳コースレコード(当時)で逃げ切って連勝。厳しいラップを刻んだこともあってか2着馬にクビ差まで詰め寄られたが、完勝と言える内容だった。一方、2番手に控える競馬を試した前走の阪神ジュベナイルフィリーズでは18着と大敗。道中で我慢をさせてみたものの、大きく失速した結果から判断すれば、マイルの距離は長く、1400メートルまでが守備範囲と考えていいのかもしれない。ベストの距離に戻る今回は、巻き返しの期待大だ。

ミニーアイル

牝3歳

調教師:武幸四郎(栗東)

  • 父:ミッキーアイル
  • 母:アイランドファッション
  • 母の父:Petionville
ここに注目!

デビュー時の馬体重が500キログラムで前走時が488キログラム。3歳牝馬にしては大型だが、前走程度の数字のほうが末脚の切れを生かせる印象を受けた。2度の小倉輸送を経て迎える休み明け3戦目。状態の維持がポイントになりそうだ。

半兄に昨年の金鯱賞2着馬サトノソルタス(父ディープインパクト)がいる良血馬。父ミッキーアイルはスピードをフルに生かす“逃げ”のスタイルでマイルGⅠ2勝に加えてスプリント戦でも活躍したが、本馬はレース序盤に無理をせず、末脚の切れで勝負する競馬を続けている。2勝目を決めた前走の1勝クラス・あざみ賞(小倉・芝1200メートル)も含め、デビューからの5戦全てでメンバー中3位以内の推定上がり3ハロンタイムを記録。今回も自身のスタイルを崩すことはなさそうだ。唯一掲示板(5着以内)を外したレースが今回と同じ舞台のファンタジーS(6着)であることから、距離克服がポイントになってくるだろう。

ゴールドチャリス

牝3歳

調教師:武幸四郎(栗東)

  • 父:トゥザワールド
  • 母:シルバーチャリス
  • 母の父:Rainbow Quest
ここに注目!

小柄な馬で、デビュー戦は408キログラムだったが、競馬を使いながら少しずつ馬体重を増やし、この中間もそれなりの負荷をかけた調整ができている。その馬格のイメージとは違い、ゴール前の急坂も無難にこなすタイプだ。

きょうだいから活躍馬は出ていないものの、祖母シルバーレーンから続く血統は活力があり、スプリンターズSと安田記念を制したブラックホークが代表格。最近では京都新聞杯勝ちのステイフーリッシュ、ダービー卿チャレンジTを勝ったロジチャリスも同牝系の出身だ。父トゥザワールドは競走実績だけでなく、母トゥザヴィクトリーの血統も評価されて種牡馬入りした良血馬で、ハイレベルな配合と言っていいだろう。キャリア6戦目だった前走のオープン特別・中京2歳S(中京・芝1200メートル)は、距離ロスのない立ち回りで導いた鞍上の手腕も光ったが、直線で見せた末脚の切れは目立っていた。今回のメンバーでも差のない競馬ができるはずだ。

ラヴケリー

牝3歳

調教師:高柳大輔(栗東)

  • 父:カレンブラックヒル
  • 母:ダームドゥラック
  • 母の父:シンボリクリスエス
ここに注目!

今回が3歳初戦になるが、2月半ばには時計を出し、3月3日の1週前追い切りでは栗東坂路で4ハロン51秒6の速い時計もマークした。前走より馬体がふっくらしているのが理想だろうが、仮に現状維持でも不安はないと考えたい。自在な脚質は多頭数で生きてくるはずだ。

デビュー2戦目の函館2歳S、前々走のファンタジーSと、重賞で2度の3着がある馬。しかし、収得賞金的にはまだ1勝クラスで、桜花賞へ出走するには是が非でも本レースで優先出走権を獲得したい。キャリア5戦で〔1・2・2・0〕と大崩れがなく、前述したように2度の3着はどちらも重賞。ファンタジーSでは先週のチューリップ賞を同着で制したメイケイエールから0秒3差と、高い能力をすでに証明している。前走の1勝クラス・黒松賞(中山・芝1200メートル、2着)は、自分のリズムで逃げた勝ち馬を捕らえ切れなかったが、その能力とレースセンスの高さを考えれば、今回も好勝負が可能だろう。

(松浪 大樹)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: