今週の注目レース

小倉大賞典(GⅢ)

小倉競馬場 1800メートル(芝)ハンデ 4歳以上オープン

データ分析

伏兵の台頭が目立つハンデ重賞

昨年は単勝10番人気馬が2着に入り、馬連の配当が2万円を超える波乱となった。2019年は14番人気馬が3着、2018年は15番人気馬が2着と、直近の3年は10番人気以下の伏兵馬が好走している波乱傾向の強い一戦だ。ここでは過去10年の結果から、好走馬に共通するポイントを探っていく。

ベテランが存在感を示す

過去10年の年齢別成績を調べると、4歳馬と5歳馬がそれぞれ3勝と勝利数は若い世代が優勢だ。ただ、3着内率はわずかながら7歳馬が上回っており、8歳以上の馬も3頭が3着以内に入るなど年長馬の好走例も少なくない。ちなみに、7歳馬は中4週以内だと〔2・4・2・8〕という成績で、3着以内馬は全てこのケースに当てはまっていた。〔表1〕

〔表1〕年齢別成績(過去10年)
年齢 成績 勝率 連対率 3着内率
4歳 3-1-2-18 12.5% 16.7% 25.0%
5歳 3-1-5-28 8.1% 10.8% 24.3%
6歳 2-2-0-36 5.0% 10.0% 10.0%
7歳 2-4-2-22 6.7% 20.0% 26.7%
8歳以上 0-2-1-21 0% 8.3% 12.5%

ハンデ57キログラム以上の馬が好成績

過去10年の負担重量別成績を見ていくと、58キログラムの馬は延べ4頭と頭数こそ少ないものの半数が連対を果たしている。57キログラムから57.5キログラムの馬も32.1%と3着内率が高く、これには2020年カデナ、2019年スティッフェリオと直近2年の優勝馬も含まれている。一方、54キログラム以下は3着以内馬の頭数、好走率ともいまひとつ。ハンデが軽めの馬は割り引きが必要だろう。〔表2〕

〔表2〕負担重量別成績(過去10年)
負担重量 成績 勝率 連対率 3着内率
53kg以下 0-2-1-22 0% 8.0% 12.0%
54kg 1-1-0-26 3.6% 7.1% 7.1%
55kg 3-1-4-28 8.3% 11.1% 22.2%
56kg、56.5kg 2-2-2-28 5.9% 11.8% 17.6%
57kg、57.5kg 3-3-3-19 10.7% 21.4% 32.1%
58kg 1-1-0-2 25.0% 50.0% 50.0%

同年または前年の重賞成績をチェック

ハンデは過去の実績を元に決められる。過去10年の小倉大賞典ではハンデが重めだった馬の成績が良好であることを踏まえ、前年以降のJRA重賞において3着以内に入った経験の有無別成績を調べてみた。すると3着以内馬延べ30頭中21頭にはその経験があった。また、この経験を持つ馬は過去10年のうち9回で優勝しており、優勝を逃した2018年も2着と3着に入っている。近走の重賞で好走している馬は、軸として信頼できる存在と言えそうだ。〔表3〕

〔表3〕前年以降のJRA重賞で3着以内に入った経験の有無別成績(過去10年)
経験の有無 成績 勝率 連対率 3着内率
あり 9-7-5-54 12.0% 21.3% 28.0%
なし 1-3-5-71 1.3% 5.0% 11.3%
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

単勝人気と前走の距離に注目

冒頭で触れたように近年は波乱傾向にあるが、過去10年の優勝馬は単勝6番人気以内の馬に限られており、候補は人気面からある程度は絞れそうだ。また、2016年のアルバートドックを除く9頭は前走が芝2000メートル以上のレースだった点も共通していることから、さらに絞り込む際には前走から距離を短縮してきた馬を重視するといいかもしれない。〔表4〕

(高那実 マヤ)

〔表4〕優勝馬の単勝人気と前走の距離(過去10年)
年度 優勝馬 単勝人気 前走の距離
2011年 サンライズベガ 6番人気 芝2200m
2012年 エーシンジーライン 5番人気 芝2000m
2013年 ヒットザターゲット 6番人気 芝2000m
2014年 ラストインパクト 1番人気 芝2400m
2015年 カレンブラックヒル 3番人気 芝2000m
2016年 アルバートドック 2番人気 芝1600m
2017年 マルターズアポジー 4番人気 芝2500m
2018年 トリオンフ 1番人気 芝2000m
2019年 スティッフェリオ 3番人気 芝2000m
2020年 カデナ 4番人気 芝2000m

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: