今週の注目レース

フェブラリーステークス(GⅠ)

東京競馬場 1600メートル(ダート)定量 4歳以上オープン

データ分析

春のダート王者決定戦

2021年最初のGⅠとなるフェブラリーSは、春のダート王者を決める戦いとなる。2019年の勝ち馬インティ、2016年の覇者モーニンは、前年秋にはまだ3勝クラスに出走していたが、そこから一気に頂点まで上り詰めた。2021年のダート界を牽引するのはどの馬になるのか、ここでは過去10年のデータを分析する。

前走に注目

過去10年の出走馬について前走別の成績をまとめると、優勝馬は根岸S・東海S・チャンピオンズC・オープン特別のいずれかに出走していた。その中でもGⅠのチャンピオンズCから臨んだ馬は3着内率で40.0%を叩き出している。また、前走が川崎記念・東京大賞典という地方競馬のダートグレード競走だった馬は1着こそないものの、3着内率の数値は25%以上になっている。この辺りは予想する上で参考にできそうだ。〔表1〕

〔表1〕前走別成績(過去10年)
前走 成績 勝率 連対率 3着内率
根岸S 4-2-2-48 7.1% 10.7% 14.3%
東海S 3-1-1-13 16.7% 22.2% 27.8%
チャンピオンズC 2-2-2-9 13.3% 26.7% 40.0%
オープン特別 1-0-0-9 10.0% 10.0% 10.0%
川崎記念 0-3-1-12 0% 18.8% 25.0%
東京大賞典 0-2-3-12 0% 11.8% 29.4%
武蔵野S 0-0-1-1 0% 0% 50.0%
その他のレース 0-0-0-24 0% 0% 0%
  • 注記:チャンピオンズCにはレース名変更前(2013年以前)のジャパンカップダートを含む

7歳以上の馬は苦戦傾向

過去10年の年齢別成績では、優勝馬はいずれも4歳から6歳で、7歳と8歳以上の2組はともに連対率10%未満となっており、8歳以上は3着内率でも10%を下回っている。好走率・3着以内馬の数で勝る6歳以下の馬を重視したほうがよさそうだ。〔表2〕

〔表2〕年齢別成績(過去10年)
年齢 成績 勝率 連対率 3着内率
4歳 3-1-1-22 11.1% 14.8% 18.5%
5歳 4-3-4-23 11.8% 20.6% 32.4%
6歳 3-2-3-30 7.9% 13.2% 21.1%
7歳 0-3-1-32 0% 8.3% 11.1%
8歳以上 0-1-1-21 0% 4.3% 8.7%

1番人気が強い

過去10年の単勝人気別成績をまとめると、1番人気組が3着内率で80.0%という高い数値を記録している。しかも、1番人気馬はここ7年連続で3着以内に入っている。なお、過去7年で3着以内に入った6番人気以下の馬は5頭だけだが、そのうち2頭が16頭立ての16番人気だった。〔表3〕

〔表3〕単勝人気別成績(過去10年)
単勝人気 成績 勝率 連対率 3着内率
1番人気 4-2-2-2 40.0% 60.0% 80.0%
2番人気 2-2-1-5 20.0% 40.0% 50.0%
3番人気 1-1-2-6 10.0% 20.0% 40.0%
4番人気 1-1-1-7 10.0% 20.0% 30.0%
5番人気 0-2-0-8 0% 20.0% 20.0%
6番人気〜9番人気 1-1-4-34 2.5% 5.0% 15.0%
10番人気以下 1-1-0-66 1.5% 2.9% 2.9%

外寄りの馬番がやや優勢

過去10年の馬番別成績では、真ん中から外寄りの馬番の成績が上位になっている。前項で単勝16番人気の2頭が3着以内に入っていることに触れたが、その2頭は13番(2014年1着コパノリッキー)、15番(2020年2着ケイティブレイブ)と共に外寄りの馬番だった。その他に2012年に7番人気で優勝したテスタマッタも馬番は16番だった。外寄りの馬番となった馬は、少し評価を上げてみるのも面白そうだ。〔表4〕

〔表4〕馬番別成績(過去10年)
馬番 成績 勝率 連対率 3着内率
1番〜4番 3-2-2-33 7.5% 12.5% 17.5%
5番〜8番 1-2-2-35 2.5% 7.5% 12.5%
9番〜12番 3-1-6-30 7.5% 10.0% 25.0%
13番〜16番 3-5-0-30 7.9% 21.1% 21.1%
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

前走の時期と着順に注目

過去8年の優勝馬延べ8頭について、年明け初戦の成績を調べると、6頭は東海Sか根岸Sに出走して1着だった。また、残る2頭は年明け初戦がこのフェブラリーSで、前年最後のレースでは共に9着以下に敗れていた。勝ち馬の候補を絞り込む際は、東海Sか根岸Sで1着だった馬と、前走が前年のレースだった馬が狙い目と言えそうだ。〔表5〕

(河野 道夫)

〔表5〕優勝馬の年明け初戦の着順(過去8年)
年度 優勝馬 年明け初戦の着順
2013年 グレープブランデー 東海S1着
2014年 コパノリッキー 年明け不出走
2015年 コパノリッキー 東海S1着
2016年 モーニン 根岸S1着
2017年 ゴールドドリーム 年明け不出走
2018年 ノンコノユメ 根岸S1着
2019年 インティ 東海S1着
2020年 モズアスコット 根岸S1着

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: