今週の注目レース

京都牝馬ステークス(GⅢ)

阪神競馬場 1400メートル(芝)別定 (牝) 4歳以上オープン

データ分析

春の大舞台に向けた牝馬の戦い

毎年この時期の京都開催で行われてきた牝馬重賞。かつては芝1600メートル戦だったが、2016年からは芝1400メートルで行われ、今年は京都競馬場整備工事のため阪神・芝1400メートルで開催される。距離や開催場は違っていても、春の飛躍を目指す古馬牝馬がそろうことに変わりはない。ここでは過去10年のデータから傾向を調べてみた。

1番人気の信頼度は高め

過去10年で1番人気は5勝2着3回で連対率は80.0%と、かなり高い数値が出ている。しかも、距離が芝1400メートルに短縮された2016年以降の1番人気馬は5戦4勝の成績で、勝率が大幅にアップしている。ちなみに、1番人気が3着以下に敗れた年は、2019年が3連単153万馬券、2015年が3連単286万馬券と、いずれも大波乱になった。今年も1番人気を信用するのか、それとも思い切って大穴を狙うのかの二択で考えてみたい。〔表1〕

〔表1〕単勝人気別成績(過去10年)
単勝人気 成績 勝率 連対率 3着内率
1番人気 5-3-0-2 50.0% 80.0% 80.0%
2番人気 2-1-0-7 20.0% 30.0% 30.0%
3番人気 0-0-2-8 0% 0% 20.0%
4番人気 0-1-0-9 0% 10.0% 10.0%
5番人気 1-0-3-6 10.0% 10.0% 40.0%
6番人気以下 2-5-5-100 1.8% 6.3% 10.7%

勝率が高いのは4歳馬、穴をあけるのは6歳馬

過去10年では4歳馬が6勝と最も多く優勝しており勝率も高い。しかし、3着内率では4歳から6歳の間にそこまで大きな差は出ていない。3着以内に入った6歳馬には下位人気の馬が多く、2020年には13番人気のメイショウグロッケが3着、2015年には15番人気のゴールデンナンバーが2着、2013年には10番人気のベストクルーズが3着に入って高配当を演出している。〔表2〕

〔表2〕年齢別成績(過去10年)
年齢 成績 勝率 連対率 3着内率
4歳 6-3-2-47 10.3% 15.5% 19.0%
5歳 3-5-2-36 6.5% 17.4% 21.7%
6歳 1-2-5-40 2.1% 6.3% 16.7%
7歳 0-0-1-8 0% 0% 11.1%
8歳 0-0-0-1 0% 0% 0%

格上挑戦や昇級初戦の馬も通用

京都牝馬Sは、収得賞金1600万円毎に斤量が1キログラム増える別定戦なので、実績がズバ抜けた馬の出走が少なく、実力が拮抗したメンバーになりやすい。前走別成績を見ると、好走例が多いのは前走GⅢ組で、なかでも京都金杯から転戦してきた馬が〔2・1・2・3〕と活躍が目立っている。また、前走が2勝クラスや3勝クラスだった馬が通用している点にも注意が必要だ。〔表3〕

〔表3〕前走別成績(過去10年)
前走 成績 勝率 連対率 3着内率
GⅠ 1-1-0-10 8.3% 16.7% 16.7%
GⅡ 1-0-0-8 11.1% 11.1% 11.1%
GⅢ 5-4-4-45 8.6% 15.5% 22.4%
オープン特別 1-2-0-44 2.1% 6.4% 6.4%
3勝クラス 0-3-6-18 0% 11.1% 33.3%
2勝クラス 2-0-0-6 25.0% 25.0% 25.0%
海外のレース 0-0-0-1 0% 0% 0%
  • 注記:GⅢ格付け以前のターコイズS(2015年、2016年)もGⅢとして集計

軸は前走1、2着馬、穴狙いなら混合戦3着以下の馬

前走の条件(牝馬限定戦か否か)と着順別に成績を調べると、勝率が高いのは前走が牝馬限定戦で2着以内だった馬、3着内率が高いのは牡馬との混合戦で2着以内だった馬。どちらにしても軸馬は前走2着以内の馬から選びたい。なお、穴をあけることが多いのは牡馬との混合戦で3着以下に敗れていた馬で、牝馬限定戦に替わって激走するケースがよくある。2019年に9番人気で勝利したデアレガーロも、牡馬との混合戦を3連敗し人気を落としての出走だった。〔表4〕

(姫園 淀仁)

〔表4〕前走条件と着順別成績(過去10年)
前走条件と着順 成績 勝率 連対率 3着内率
牝馬限定戦2着以内 4-1-0-13 22.2% 27.8% 27.8%
牝馬限定戦3着以下 1-2-2-43 2.1% 6.3% 10.4%
混合戦2着以内 2-4-5-15 7.7% 23.1% 42.3%
混合戦3着以下 3-3-3-61 4.3% 8.6% 12.9%

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: