今週の注目レース

京都牝馬ステークス(GⅢ)

阪神競馬場 1400メートル(芝)別定 (牝) 4歳以上オープン

出走馬情報

リバティハイツ

牝6歳

調教師:高野友和(栗東)

  • 父:キングカメハメハ
  • 母:ドバウィハイツ
  • 母の父:Dubawi
ここに注目!

近3戦は1200メートル戦に出走。1400メートルは昨年5月の安土城S(リステッド。京都、12着)以来5戦ぶりだが、1200メートルでは多少追走が忙しく見えたので、むしろプラスかもしれない。3歳時にフィリーズレビューを制しているように、距離実績は申し分ない。

3歳春のフィリーズレビューで重賞初制覇。その後も3歳秋のオープン特別・ポートアイランドS(阪神・芝1600メートル)が3着、ターコイズSが2着、そして4歳春の安土城S(リステッド)が2着と、何度も好勝負を演じてきた。4歳夏以降は勝ち負けに届かないレースが続いたものの、昨年10月のオパールS(リステッド。京都・芝1200メートル)を制し、2年7か月ぶりの白星をゲット。その後の2戦も重賞で勝ち馬から0秒5差以内で走っており、能力は示している。今回は1400メートルへの距離延長となるが、もちろん守備範囲。クラブの規定でここがラストランとなる可能性もあり、2つ目の重賞タイトルを手にして、第二の馬生に向かいたい。

シャインガーネット

牝4歳

調教師:栗田徹(美浦)

  • 父:オルフェーヴル
  • 母:ベルベットローブ
  • 母の父:Gone West
ここに注目!

休み明けの前走は折り合いを欠くシーンがあった。これは久しぶりの実戦が影響した部分もあるかもしれないが、マイルが長い可能性もある。いずれにしても、重賞を勝っている1400メートルへの距離短縮は悪くないはずだ。

父はオルフェーヴル。半兄に北海道スプリントC(JpnⅢ)勝ちのアドマイヤサガス(父フジキセキ)、半姉にダートで4勝を挙げたローブデソワ(父スペシャルウィーク)がおり、パワーに秀でた血統構成と言える。本馬は2歳時にメイクデビュー中山(芝1600メートル)、1勝クラス・赤松賞(東京・芝1600メートル)と2連勝。重賞初挑戦となったフェアリーSは4着だったが、続くファルコンSを中団から差し切って重賞初制覇を果たした。NHKマイルC(6着)の後は休養に出て、復帰戦となった前走のターコイズSは9着。中団から伸び切れなかったが、他世代との初対戦だったことを考慮すれば、悲観する内容ではない。休み明け2戦目の今回は、勝ち負けが期待される。

ビッククインバイオ

牝4歳

調教師:牧光二(美浦)

  • 父:キングズベスト
  • 母:アニメイトバイオ
  • 母の父:ゼンノロブロイ
ここに注目!

過去4勝のうち3勝を1400メートルで挙げている。右回りの5戦は全て中山・芝1600メートルで、いずれも勝利に手が届いていないが、敗因は距離と考えたい。右回りが苦手と結論づけるのは早計だ。

2歳6月の未勝利(東京・芝1600メートル)で初勝利を挙げると、強敵へのチャレンジを続けながら出世の階段を上がってきた。他世代との初対決だった昨年6月の2勝クラス・相模湖特別を勝って放牧へ。復帰戦の3勝クラス・白秋Sこそ6着だったが、続く3勝クラス・奥多摩S(いずれも東京・芝1400メートル)を制してオープンクラス入りを決めた。昇級後の2戦はターコイズSが5着、ニューイヤーS(リステッド。中山・芝1600メートル)が7着とワンパンチ足りないが、共にマイルは微妙に長かったイメージ。1400メートルへの短縮はプラス材料だろう。母アニメイトバイオは2010年のローズSの覇者。母仔2代での重賞制覇を達成したい。

ギルデッドミラー

牝4歳

調教師:松永幹夫(栗東)

  • 父:オルフェーヴル
  • 母:タイタンクイーン
  • 母の父:Tiznow
ここに注目!

掲示板(5着以内)を外している近3戦は、前に壁を作りづらい外枠の2桁馬番だった。1桁馬番に限れば、6戦して2勝、2着1回、3着2回と堅実。とにもかくにも折り合いがポイントで、うまく脚がたまれば一変があっていい。

父はオルフェーヴル、半兄には2018年の鳴尾記念を制したストロングタイタン(父Regal Ransom)や、オープンクラスで活躍を続けるミラアイトーン(父Lonhro)がいる良血馬だ。本馬は2歳7月のメイクデビュー中京(芝1600メートル)を勝ち、3歳3月の1勝クラス(阪神・芝1400メートル)で2勝目をゲット。その後はマイル重賞に矛先を向けて、重賞初挑戦となったアーリントンCは0秒3差の2着。続くNHKマイルCでも勝ったラウダシオンから0秒3差の3着に食い下がった。しかし、夏以降は6着、12着、14着という着順になっている。課題の一つが折り合いなので、1400メートルへの距離短縮はプラス。全力を発揮できれば好勝負するだけの力はある。

カリオストロ

牝4歳

調教師:加用正(栗東)

  • 父:エイシンフラッシュ
  • 母:アルピナブルー
  • 母の父:フジキセキ
ここに注目!

逃げ馬らしく、ガラリ一変は得意。これまで7着以下に敗れた次のレースでは1着(2番人気)、1着(3番人気)、2着(12番人気)と好走を続けている。前走は最下位の17着と大敗したが、度外視して狙う手はある。

曽祖母は女傑ヒシアマゾンという良血馬。本馬は昨年5月の橘S(リステッド。京都・芝1400メートル)を2番手から押し切ってオープンクラス初勝利をマーク。他世代との初対戦となった北九州記念は最下位の18着に敗れたが、続く信越S(リステッド。新潟・芝1400メートル)では逃げ粘って2着に好走した。前走のオーロC(リステッド。東京・芝1400メートル)では再び17着と着順を落としたが、脚質的に負けるときは大敗もあるタイプだ。阪神・芝1400メートルでは、2歳12月の1勝クラス・万両賞を2歳コースレコード(当時)で圧勝するなど3戦2勝。敗れた1戦もハイペースで逃げたフィリーズレビューの4着だから、コース適性は示している。ここで重賞初制覇を狙う。

リリーバレロ

牝6歳

調教師:堀宣行(美浦)

  • 父:ロードカナロア
  • 母:ヴィートマルシェ
  • 母の父:フレンチデピュティ
ここに注目!

前々走が直線一気、前走は2番手からの押し切りと自在性がある。また、推定上がり3ハロン33秒台前半の末脚を使う一方、重馬場でも3戦2勝、2着1回の好成績を残しているように、馬場状態も問わない。条件を問わずに走れるのは強みだ。

父は名種牡馬のロードカナロア、祖母は1997年の桜花賞を圧勝したキョウエイマーチで、いかにもスピードに秀でた配合と言える。本馬はデビューが3歳6月と遅れ、4戦目の未勝利(新潟・芝1600メートル)で初勝利。その後も体質の弱さから使い込めず、出世が遅れた。昨年5月の2勝クラス・高尾特別(東京・芝1400メートル)を勝つと、8か月半ぶりの実戦となった前走の3勝クラス・トリトンS(中京・芝1600メートル)も制して2連勝。6歳2月にしてオープンクラス昇級となった。クラブの規定で現役は3月いっぱいまでなので、ここが最初で最後の重賞チャレンジとなる可能性が高い。実績では見劣りするものの、ポテンシャルでは引けを取らないので、一気の相手強化でも五分に戦えていい。

イベリス

牝5歳

調教師:角田晃一(栗東)

  • 父:ロードカナロア
  • 母:セレブラール
  • 母の父:ボストンハーバー
ここに注目!

過去3勝は逃げ切りか番手からの押し切り、近2戦は逃げる競馬を選択しているが、実は控える競馬もできるタイプだ。スタミナを求められると厳しいが、ロスなく運ぶことができればここでもチャンスはある。

半姉ベルカント(父サクラバクシンオー)は芝1400メートル以下の重賞を5勝した快速馬。父ロードカナロアの名前を出すまでもなく、本馬もスピードに特化したタイプだ。2歳時に未勝利(新潟・芝1200メートル)、500万下・さざんか賞(阪神・芝1200メートル)と2連勝。3歳春にはアーリントンCを逃げ切って、重賞初制覇を果たしている。その後は3歳時のセントウルSと4歳時のオープン特別・UHB賞(札幌・芝1200メートル)でマークした3着が最高着順だが、前走の阪神Cも勝ったダノンファンタジーから0秒5差の6着と、決して衰えたわけではない。少なくとも牝馬同士のGⅢなら、上位争いできる力はあるはずだ。

アイラブテーラー

牝5歳

調教師:河内洋(栗東)

  • 父:トーセンラー
  • 母:タケショウレジーナ
  • 母の父:ダンスインザダーク
ここに注目!

とにかくスタートが鍵。この中間はしっかりとゲート練習を積んでいるので、あとは実戦でどうか。実績は十分で、1400メートルの距離も守備範囲。五分に発馬を出ることさえできれば、好勝負になるだろう。

3歳2月のメイクデビュー京都(芝1600メートル)を快勝すると、続く500万下(阪神・芝1400メートル)こそ2着だったが、3走目の500万下(阪神・芝1400メートル)、2勝クラス・舞子特別(阪神・芝1400メートル)、3勝クラス・桂川S(京都・芝1200メートル)と3連勝。重賞初挑戦の京阪杯でも2着に好走すると、4歳初戦となった淀短距離S(リステッド。京都・芝1200メートル)でオープンクラス初勝利を手にした。近3走は18着、4着、16着と一進一退だが、3走前は状態ひと息、前走は大きく出遅れたので参考外だろう。巻き返しに向け、まずはスタートをしっかりと決めたい。

(岡崎 淳)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: