今週の注目レース

日刊スポーツ賞シンザン記念(GⅢ)

中京競馬場 1600メートル(芝)別定 3歳オープン

出走馬情報

ククナ

牝3歳

調教師:栗田徹(美浦)

  • 父:キングカメハメハ
  • 母:クルミナル
  • 母の父:ディープインパクト
ここに注目!

母はデビューから2連勝でオープン特別・エルフィンSを勝ち、桜花賞で2着、オークスでも3着と、GⅠ級の能力を証明してみせた。祖母クルソラはアルゼンチンのG1勝ち馬で、牝系は高い能力を秘めていると言っていいだろう。

前走のアルテミスSは、スタートを五分に出て道中は中団を追走。序盤はじっくりと運び、脚をためながらのレースとなった。4コーナーでもまだ後方だったが、直線で進路を探りながらスパートをかけ、残り200メートル手前で進路が確保できると一気に加速。勝ち馬ソダシには迫ることはできなかったが、メンバー中最速の上がり3ハロン33秒4(推定)の末脚で2着まで追い上げた。そのソダシは続く阪神ジュベナイルフィリーズも制覇。相手関係を考えれば、牡馬相手になる今回の1戦でも勝ち負けを演じることは十分可能だろう。前走と同様の、左回りで直線の長い中京・芝1600メートルという条件も合っているはずで、重賞初制覇のチャンスだ。

バスラットレオン

牡3歳

調教師:矢作芳人(栗東)

  • 父:キズナ
  • 母:バスラットアマル
  • 母の父:New Approach
ここに注目!

伯母のシリアスアティテュードは、イギリスとカナダで合わせてG1を2勝。その産駒には、重賞を3勝し、天皇賞(春)でも2着に好走したスティッフェリオがいる。血統面からも、本馬も重賞タイトルを手にするだけの素質があるとみてよさそうだ。

前走の朝日杯フューチュリティSは、スタートから積極的なレース運びで、3、4番手を進んだ。モントライゼ(10着)が後続を大きく離す逃げを打つなか、折り合いもぴったりで追走。直線でもじりじりと末脚を伸ばし、8番人気ながら4着に健闘した。勝ち馬グレナディアガーズとは0秒5差と、GⅠでも大きく崩れなかった点は地力の証明と言えるだろう。前々走の京都2歳Sでは6着だったが、距離が2000メートルで少し長かった印象。今回は前走と同じ1600メートル戦なので、条件は合っているはずだ。札幌2歳Sでも3着に入ったように、ここなら実績上位の存在。安定感のあるレースぶりを続けており、今回も崩れることなく走ってくるだろう。

レゾンドゥスリール

牡3歳

調教師:須貝尚介(栗東)

  • 父:ハーツクライ
  • 母:ローブティサージュ
  • 母の父:ウォーエンブレム
ここに注目!

母はデビュー勝ちを飾ると、続くファンタジーSでも2着となり、3戦目の阪神ジュベナイルフィリーズでGⅠ馬に輝いた。本馬は新馬勝ち直後の重賞挑戦と条件は簡単ではないが、いきなり通用するだけのポテンシャルは秘めていると言えるだろう。

前走のメイクデビュー阪神(芝1600メートル)は、スタートがひと息で中団からの競馬。道中からポジションを押し上げて1度は先頭に並ぶ勢いだったが、抑えが利いて3番手で直線を向いた。全身を使ったダイナミックなフォームで加速すると、前を行く馬をかわし、ラスト200メートル過ぎに先頭へ立った。前々で運びながら、メンバー中最速タイの上がり3ハロン33秒4(推定)をマーク。2着に3/4馬身差をつけて初陣を白星で飾った。内容としては、まだまだ上積みを感じさせるもので、今回はさらにパフォーマンスを上げてくるだろう。3日の追い切りでは栗東坂路でラスト1ハロン12秒5(4ハロン53秒5)と鋭い伸びを見せており、状態面の上積みも大きそうだ。

ダディーズビビッド

牡3歳

調教師:千田輝彦(栗東)

  • 父:キズナ
  • 母:ケイティーズギフト
  • 母の父:フレンチデピュティ
ここに注目!

近親にGⅠを3勝したアドマイヤムーン。半兄ケイティープライド(父ディープインパクト)は重賞勝ちこそないものの、通算5勝を挙げ、函館記念2着など重賞でも勝ち負けを演じた。血統背景は優秀で、本馬も相当な能力の持ち主だろう。

前走の1勝クラス・こうやまき賞(中京・芝1600メートル)は、スタートこそ五分だったが後方からレースを進めた。馬群と大きく離れた外からポジションを上げて、3コーナーでは3番手。手応え十分のまま直線に入り、鞍上のスパートに応えて末脚を伸ばして先頭に立つと、後続の追撃も振り切って、2着馬に1馬身1/4差をつける完勝で2勝目を挙げた。道中でやや行きたがる面を見せていたように、折り合い面が鍵とはなるが、前走と同じ舞台で重賞に挑めるという点は大きな強調材料だろう。デビュー以来4戦で唯一連対を外したのが、不良馬場だった前々走のサウジアラビアロイヤルC(10着)で、良馬場での競馬が理想と言えそうだ。

ロードマックス

牡3歳

調教師:藤原英昭(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:パーフェクトトリビュート
  • 母の父:Dubawi
ここに注目!

ここまで左回りでは3戦して1勝、2着1回。2着はGⅡ(京王杯2歳S)でのもので、今回が初めての中京コースとはいえ、条件としては合致していると言えるだろう。末脚が大きな武器だけに、展開には左右されやすいが、今回も能力をしっかりと出せそうだ。

前走の朝日杯フューチュリティSは、中団やや後方からレースを進めた。リズムよく追走し、直線は進路を外に取って末脚を発揮。上がり3ハロン34秒1(推定)はメンバー中3位で、上位の数字をマークした。4コーナー2番手だったグレナディアガーズがそのまま押し切ったように、決して展開が向いたと言えないなかで6着まで追い上げており、GⅠの相手でも戦えることを証明したと言っていいだろう。母パーフェクトトリビュートは、イギリスのG3勝ち馬で、血統的にも重賞タイトルを手にするだけの素質があるはず。不良馬場のメイクデビュー東京(芝1600メートル)を勝っているように、馬場状態を問わない点も大きな武器となるだろう。

ブルーシンフォニー

牡3歳

調教師:伊藤圭三(美浦)

  • 父:スクリーンヒーロー
  • 母:ブルーストーン
  • 母の父:コマンズ
ここに注目!

これまでの3戦全て左回りでレースを経験。今回は初めての中京コースだが、条件としては悪くないだろう。1600メートルで2戦1勝、2着1回と、距離も歓迎材料と言えそうだ。まだ重賞タイトルに手が届いていないが、ここで待望の勝利といきたい。

前走の京王杯2歳Sは、少し出遅れる形でスタートを切った。道中は後方を追走し、直線は馬群の外から追い上げを図ったが、8着まで。前々走の新潟2歳S(2着)では五分のスタートを切っており、今回も発馬が鍵となりそうだ。その新潟2歳Sでは、後方からレースを進め、途中で動いていくレース運び。馬群の内からするするとポジションを上げ、4コーナー3番手で直線を向いた。最後は勝ち馬の決め手に屈したものの2着はしっかりと確保し、地力を示した。長くいい脚を使えるタイプだけに、瞬発力比べよりも上がりがかかる展開が理想。先月に続く中京開催で、ある程度力を要する馬場コンディションになっていれば、チャンスも広がるだろう。

ファルヴォーレ

牡3歳

調教師:高橋義忠(栗東)

  • 父:ドゥラメンテ
  • 母:フリティラリア
  • 母の父:アドマイヤムーン
ここに注目!

伯母のアイスフォーリスは、フローラSで2着、オークスでも3着に入り、早くから活躍できる仕上がりの早さと大舞台でも戦える素質を示した。日本ダービーを制した父を含め、本馬もまだまだ上を目指せる素質馬と言えそうだ。

前走の1勝クラス(阪神・芝1400メートル)は、待望の2勝目を挙げる好結果となった。道中は最後方から運んだものの、冷静に脚をため直線の爆発力につなげた。馬の間を縫うように末脚を伸ばすと、ぐんぐんと前を行く馬たちとの差を詰めて残り100メートル付近で先頭に立ち、そのまま力強い脚取りで押し切ってみせた。メンバー中最速の上がり3ハロン34秒0(推定)をマークしたように、2着馬とクビ差という着差以上に強い内容での勝利だった。今回は200メートルの距離延長が課題だが、3走前の新潟2歳Sでは1600メートル戦で4着に駆けているので、難なくこなせるだろう。新潟で未勝利勝ちを収めており、左回りも問題なし。条件は合っているはずだ。

ピクシーナイト

牡3歳

調教師:音無秀孝(栗東)

  • 父:モーリス
  • 母:ピクシーホロウ
  • 母の父:キングヘイロー
ここに注目!

近親のウキヨノカゼは、新馬勝ちを収めると続くフェアリーSで2着に入り、デビュー3戦目のクイーンCで重賞初制覇を達成した。本馬は今回が重賞初挑戦と実績面では劣るが、侮れない存在となるだろう。

前走の1勝クラス・秋明菊賞(阪神・芝1400メートル)は、発馬で後手を踏み、最後方からの競馬。それでもすぐに馬群に取りつき、先頭まで6、7馬身の圏内でレースを進めた。直線は内ラチ沿いに進路を選択して、じりじりと末脚を伸ばしたものの3着。勝ち馬がハナを切ったブルースピリットだったことからも、スタートの遅れが響いた敗戦だった。前々走のメイクデビュー中京(芝1400メートル、1着)では五分の発馬を決めているので、ゲートの課題を克服する可能性は十分にあるだろう。12月30日の1週前追い切りでは栗東坂路で4ハロン51秒9(ラスト1ハロン12秒4)の好時計をマークしており、万全の状態で出走できそうだ。

(山口 大輝)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: