今週の注目レース

日刊スポーツ賞中山金杯(GⅢ)

中山競馬場 2000メートル(芝)ハンデ 4歳以上オープン

出走馬情報

ディープボンド

牡4歳

調教師:大久保龍志(栗東)

  • 父:キズナ
  • 母:ゼフィランサス
  • 母の父:キングヘイロー
ここに注目!

京都新聞杯で重賞勝ちを飾り、日本ダービーが5着、菊花賞では4着と健闘している。有馬記念は収得賞金順で出走がかなわなかったが、本レースに目標を切り替えて調整過程はすこぶる順調。4歳初戦の中山金杯を制して、さらなる飛躍に繋げたい。

昨春の日本ダービーは、ジワッと前に取りついてスローペースのなか3番手を追走。直線も懸命に粘って5着に善戦した。夏場を休養に充て、約4か月の休み明けとなった前々走の神戸新聞杯は、好スタートを決め、他馬の出方をうかがいながら先行策。直線で1度は先頭のシーンを作って、見せ場十分の4着に入った。前走の菊花賞は、折り合いをつけて好位の5、6番手を進み、2周目の3コーナーから徐々に進出を開始。直線でコントレイル(1着)、アリストテレス(2着)に離されたものの、しぶとく脚を伸ばして4着に健闘した。前走で3000メートルを克服したが、血統背景を踏まえれば2000メートル前後がベスト。今年の活躍を占う意味でも、目が離せない一戦だ。

ヴァンケドミンゴ

牡5歳

調教師:藤岡健一(栗東)

  • 父:ルーラーシップ
  • 母:アンフィルージュ
  • 母の父:アグネスタキオン
ここに注目!

前々走のカシオペアS(リステッド。京都・芝1800メートル)は、速い時計での決着に対応して3着。前走の福島記念では、全4勝を挙げる得意舞台だったとはいえ重賞で連対(2着)を果たしており、近況の充実ぶりは本物だ。

昨夏の七夕賞では、中団追走から直線でしぶとく脚を伸ばして勝ち馬から0秒3差の3着に好走した。約3か月半の休み明けとなった前々走のカシオペアS(リステッド)は、スッと控えて後方待機策。3コーナー過ぎで馬群が固まり、追い出しを待つ場面はあったが、メンバー中最速タイとなる上がり3ハロン34秒2(推定)の末脚で勝ち馬から0秒2差の3着に追い上げた。1番人気に支持された前走の福島記念は、中団馬群を進み、3コーナー過ぎから外を回って進出を開始。勝ったバイオスパークとはコース取りの差が出たが、懸命に脚を伸ばしてクビ差2着に入った。福島コースに良績が集中しているが、地力強化は顕著で、コース替わりも問わないはずだ。

カデナ

牡7歳

調教師:中竹和也(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:フレンチリヴィエラ
  • 母の父:French Deputy
ここに注目!

昨年2月の小倉大賞典で、3歳3月の弥生賞以来となる勝ち星で重賞3勝目を挙げた。今回は約2か月の間隔が空いたが、本レースに照準を合わせて順調な乗り込みを消化。調教では好調時と遜色のない動きを見せており、力の出せる態勢が整っていそうだ。

昨年の小倉大賞典は、後方のインでじっくり脚を温存。4コーナーでは馬群をさばきながら徐々に外へ持ち出されると、直線で鮮やかに突き抜けて快勝した。続く大阪杯は、スッと内に潜り込み、最後方を追走。直線も内ラチ沿いを狙い、メンバー中最速となる上がり3ハロン33秒5(推定)の末脚で勝ち馬から0秒2差の4着に善戦した。宝塚記念12着、新潟記念6着を経て、前々走の毎日王冠では、勝ったサリオスには離されたものの、2着馬とは0秒1差の4着に健闘。前走の天皇賞(秋)は8着に敗れたが、GⅠ馬7頭がそろっていたことを踏まえれば、レース内容は悪くなかった。強敵にもまれた経験を生かして、4つ目の重賞タイトルを狙う。

バイオスパーク

牡6歳

調教師:浜田多実雄(栗東)

  • 父:オルフェーヴル
  • 母:ナナヨーティアラ
  • 母の父:マイネルラヴ
ここに注目!

キャリアを重ねるごとにコツコツと地力をつけて、2番人気に支持された前走の福島記念で初の重賞タイトルを獲得。展開に左右されない自在性があり、初めての中山コースも不問だろう。引き続き好調をキープしており、今回も上位争いが濃厚だ。

重賞初挑戦となった昨夏の函館記念は、好位のインを追走。ハイペースで前に行った組には厳しい展開だったが、直線で狭いスペースを突いて抜け出し、最後までしぶとく脚を伸ばして勝ち馬から0秒3差の3着に好走した。前々走の京都大賞典は9着に敗れたが、好メンバーがそろったなかで、正攻法のレース運びから勝ち馬に0秒6差なら、レース内容は悪くなかった。前走の福島記念は、脚をためて中団インを追走。4コーナーも内をロスなく立ち回り、直線で先行馬2頭の外へ出すと、最後はヴァンケドミンゴ(2着)との追い比べを制し、キャリア25戦目で重賞制覇を達成した。前走後は本レースに照準を合わせて熱心に乗り込みを消化。目下の充実ぶりなら、重賞連勝も期待できそうだ。

ヒシイグアス

牡5歳

調教師:堀宣行(美浦)

  • 父:ハーツクライ
  • 母:ラリズ
  • 母の父:Bernstein
ここに注目!

不良馬場だった3歳6月のラジオNIKKEI賞(9着)を除けば、掲示板(5着)を外さない安定感を誇る。条件クラスとはいえ、休養を挟んで目下2連勝と本格化ムード。休み明けを1度使った上積みも大きく、重賞でもポテンシャルは引けを取らない。

約7か月の休み明けとなった前走の3勝クラス・ウェルカムS(東京・芝2000メートル)は、好スタートを決めて、スッと先行策。スローペースのなか、道中は流れに乗って折り合いに専念。ラスト2ハロンのレースラップが11秒2、11秒3という瞬発力勝負を、残り100メートル付近で抜け出し勝利した。以前と比べて馬体の緩さがなくなり、精神面でも落ち着きが出て、心身ともに成長は確か。レース後の回復も早く、中間も入念に乗り込んでおり、状態面はさらに上向いている様子だ。3歳春のスプリングSで勝ち馬から0秒2差5着の実績を残しているように、重賞でも通用する下地はあり、実績馬とのハンデ差を生かせれば、遜色のない競馬ができそうだ。

ダーリントンホール

牡4歳

調教師:木村哲也(美浦)

  • 父:New Approach
  • 母:Miss Kenton
  • 母の父:Pivotal
ここに注目!

共同通信杯で重賞ウイナーの仲間入りを果たし、皐月賞では6着に入った素質馬。今回は日本ダービー(13着)以来約7か月の休み明けになるが、3歳時より着実にパワーアップ。他世代との初対戦でどのようなパフォーマンスを発揮できるのか、注目の一戦だ。

昨年初戦となった共同通信杯は、流れに乗って道中は折り合いに専念。4コーナー手前から押し上げ、直線はビターエンダー(2着)との激しい追い比べをハナ差制し、3着以下を4馬身引き離して重賞タイトルを獲得した。続く皐月賞は、スタートで後手を踏んだこともあり、脚をためて後方待機策。4コーナーでコントレイル(1着)に離されたが、最後までしぶとく脚を伸ばして6着に入った。前走の日本ダービーもスタートがひと息で、後方を追走。ラスト100メートルで脚色が鈍って13着に敗れたが、スローペースの展開だったことを踏まえれば、レース内容は悪くなかった。500キログラムを優に超える大型馬だが、乗り込み量は豊富で、久々でも仕上げに抜かりはない。

テリトーリアル

牡7歳

調教師:西浦勝一(栗東)

  • 父:Teofilo
  • 母:コンサヴァトワー
  • 母の父:Street Cry
ここに注目!

昨秋のオクトーバーS(リステッド。東京・芝2000メートル)で通算7勝目をマーク。昨年の中山金杯では11番人気の低評価を覆して勝ち馬と0秒1差の3着に入ったように、適度に上がりのかかる中山・芝コースとは相性がいい。今回もチャンスは十分にあるだろう。

約4か月半の休み明けとなった3走前のオクトーバーS(リステッド)は、好スタートを決めて2番手を追走すると、中団馬群が大きく離れる展開。直線は逃げたパンサラッサ(2着)との追い比べを制して快勝した。前々走の福島記念は、トーラスジェミニ(8着)を行かせて2番手をキープ。淀みのない流れになり、差し馬が上位を占めたことを踏まえれば、直線で1度は完全に抜け出しての0秒2差3着は立派の一言だ。前走の中日新聞杯は9着だったが、スローペースの瞬発力勝負では分が悪く、敗因は明らか。中間も引き続き順調で、状態面は高いレベルで安定しており、立ち回りひとつで重賞タイトルに手が届いても不思議はない。

ウインイクシード

牡7歳

調教師:鈴木伸尋(美浦)

  • 父:マンハッタンカフェ
  • 母:イクスキューズ
  • 母の父:ボストンハーバー
ここに注目!

昨年の中山金杯2着を筆頭に、中山の芝1800メートルから2000メートルでは掲示板(5着以内)を外さない堅実な成績を残している。明けて7歳だが、気力の衰えは感じられず、馬体も若々しい。これまで培った豊富なキャリアと、立ち回りの巧さを生かして上位を狙う。

昨年の中山金杯は、他馬の出方をうかがいながら、スッと前に取りついて好位を追走。絶好の手応えで直線を向くと、一完歩ごとにじわじわと差を詰めたが、勝ったトリオンフにアタマ差の2着と惜敗した。オープンクラス昇級後は勝ち星から遠ざかっているものの、距離の長かった日経賞(8着)と札幌日経オープン(リステッド。札幌・芝2600メートル、8着)を除けば崩れておらず、展開に左右されない自在性がセールスポイントだ。ディセンバーS(リステッド。中山・芝1800メートル)からの臨戦は昨年同様のローテーションで、休み明けを使いながら状態面も上向いており、念願の重賞タイトル獲得を目指す。

(京増 真臣)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: