今週の注目レース

秋の2歳単勝馬連 朝日杯フューチュリティステークス(GⅠ)

阪神競馬場 1600メートル(芝・外)馬齢 牡・牝 2歳オープン

データ分析

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

翌年以降のビッグレースにもつながっていく2歳王者決定戦

2017年から2019年の朝日杯フューチュリティS出走馬のうち、翌年以降のJRAのGⅠにおいて優勝を果たした馬は、2020年11月末までの時点で既に6頭いる。その中には翌年のNHKマイルCを制した2017年4着のケイアイノーテック、2019年8着のラウダシオンのように、この朝日杯フューチュリティSで敗れた馬が後に出世した例も少なくない。今回は中山・芝1600メートルで行われていた2013年以前を含む過去10年のレース結果から、好走馬に共通するポイントを分析してみよう。

戦績の安定感がポイント

過去10年の3着以内馬30頭中27頭は、“1800メートル以上の重賞”を除くレースで5着以下に敗れた経験のない馬だった。一方、この経験があった馬は3着内率4.7%と苦戦している。1800メートル以上の重賞(札幌2歳S、東京スポーツ杯2歳S、京都2歳S)を除くレースで5着以下に敗れた経験のある馬は、過信禁物とみておいた方がよさそうだ。〔表1〕

〔表1〕“1800メートル以上の重賞”を除くレースで5着以下に敗れた経験の有無別成績(過去10年)
経験の有無 着度数 勝率 連対率 3着内率
あり 1-0-2-61 1.6% 1.6% 4.7%
なし 9-10-8-72 9.1% 19.2% 27.3%

9月下旬以降の戦績に注目

過去10年の3着以内馬30頭中27頭は、“同年9月21日以降のJRAの芝1400メートル以上のレース”において1着となった経験のある馬だった。一方、この経験がなかった馬は3着内率3.9%と苦戦している。9月下旬以降に芝1400メートル以上のレースを勝っていない馬は、評価を下げたい。〔表2〕

〔表2〕“同年9月21日以降のJRAの芝1400メートル以上のレース”において1着となった経験の有無別成績(過去10年)
経験の有無 着度数 勝率 連対率 3着内率
あり 9-8-10-60 10.3% 19.5% 31.0%
なし 1-2-0-73 1.3% 3.9% 3.9%

キャリア「4戦以内」の馬が中心

過去10年の3着以内馬30頭中28頭は、通算出走数が「4戦以内」だった。一方、「5戦以上」だった馬は3着内率6.5%と苦戦しており、3着以内に入ったのは現在のところ2012年1着のロゴタイプが最後である。キャリア5戦以上の馬は、苦戦する可能性が高いとみるべきだろう。〔表3〕

〔表3〕通算出走数別成績(過去10年)
通算出走数 着度数 勝率 連対率 3着内率
4戦以内 9-10-9-104 6.8% 14.4% 21.2%
5戦以上 1-0-1-29 3.2% 3.2% 6.5%

早生まれの馬が優勢

過去10年の3着以内馬30頭中25頭は、誕生月が「3月以前」だった。一方、「4月以降」だった馬は3着内率7.6%と苦戦している。2歳馬のレースということもあってか、比較的早い時期に生まれた馬の方が、好走する可能性が高いようだ。〔表4〕

〔表4〕誕生月別成績(過去10年)
誕生月 着度数 勝率 連対率 3着内率
3月以前 8-9-8-72 8.2% 17.5% 25.8%
4月以降 2-1-2-61 3.0% 4.5% 7.6%

近年は少頭数のレースを経由してきた馬が不振

阪神・芝1600メートルで行われた過去6年の3着以内馬18頭中10頭は、前走の出走頭数が「13頭以上」だった。該当馬は3着内率も31.3%と優秀な水準に達している。臨戦過程を比較する際は、前走が多頭数のレースだった馬を高く評価したい。〔表5〕

〔表5〕前走の出走頭数別成績(過去6年)
前走の出走頭数 着度数 勝率 連対率 3着内率
12頭以下 2-2-4-59 3.0% 6.0% 11.9%
13頭以上 4-4-2-22 12.5% 25.0% 31.3%

一方、前走の出走頭数が「12頭以下」だった馬のうち、前走が「JRAの重賞以外のレース」だった馬は全て4着以下に敗れている。前走が少頭数、かつ重賞以外のレースだった馬は、評価を下げるべきだろう。〔表6〕

〔表6〕前走の出走頭数が「12頭以下」だった馬の、前走別成績(過去6年)
前走 着度数 勝率 連対率 3着内率
JRAの重賞 2-2-4-30 5.3% 10.5% 21.1%
JRAの重賞以外 0-0-0-29 0% 0% 0%
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

3着以下に敗れたことのある馬は割り引きが必要

過去6年の優勝馬6頭は、いずれもJRAのレースにおいて全て2着以内に入っていた。〔表1〕で挙げた傾向からもわかる通り、このレースでは戦績の安定感を重視した方がよさそうだ。また、この6頭は“同年10月以降のJRAの芝1400メートル以上のレース”における最高着順が1着だった点、通算出走数が4戦以内だった点が共通しており、6頭中5頭は誕生日が3月以前だった。〔表2〕〔表3〕〔表4〕で示した傾向に合っているのが望ましい。〔表7〕

(伊吹 雅也)

〔表7〕優勝馬のJRAのレースにおける最低着順、同年10月以降のJRAの芝1400メートル以上のレースにおける最高着順、通算出走数、誕生日(過去6年)
年次 優勝馬 JRAのレースにおける最低着順 同年10月以降のJRAの芝1400m以上のレースにおける最高着順 通算出走数 誕生日
2014年 ダノンプラチナ 2着 1着(ベゴニア賞) 3戦 3月23日
2015年 リオンディーズ 1着(1戦1勝) 1着(2歳新馬) 1戦 1月29日
2016年 サトノアレス 2着 1着(ベゴニア賞) 4戦 2月25日
2017年 ダノンプレミアム 1着(2戦2勝) 1着(サウジアラビアRC) 2戦 4月3日
2018年 アドマイヤマーズ 1着(3戦3勝) 1着(デイリー杯2歳S) 3戦 3月16日
2019年 サリオス 1着(2戦2勝) 1着(サウジアラビアRC) 2戦 1月23日

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: