今週の注目レース

京阪杯(GⅢ)

阪神競馬場 1200メートル(芝)別定 3歳以上オープン

データ分析

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

開催場の変更がポイントになりそうな古馬スプリント重賞

京都競馬場の整備工事に伴い、今年の京阪杯は阪神・芝1200メートルで行われる。京都・芝1200メートルで行われた2010年から2019年の京阪杯は、3着以内馬延べ31頭中23頭(2016年は3着同着)が1枠から4枠の馬だった。圧倒的に内枠優勢なレースがコースの変更によってどう変わるのかも、見どころの一つと言えそうだ。今回は過去10年のレース結果から、好走馬に共通するポイントを分析してみたい。

開催場が変わっても内枠が活躍する可能性が

2010年から2020年に阪神・芝1200メートルで行われた、3歳以上もしくは4歳以上のオープンクラスのレース(2010年から2019年のセントウルS、2011年の高松宮記念、2011年・2020年のCBC賞、2017年から2019年のタンザナイトS)における枠番別成績を調べると、「1枠から3枠」が「4枠から8枠」よりも高い3着内率をマークしている。〔表1〕

〔表1〕2010年から2020年に阪神・芝1200メートルで行われた、3歳以上もしくは4歳以上のオープンクラスのレースにおける枠番別成績
枠番 着度数 勝率 連対率 3着内率
1枠〜3枠 8-6-8-58 10.0% 17.5% 27.5%
4枠〜8枠 8-10-8-134 5.0% 11.3% 16.3%
  • 注記:2010年から2019年のセントウルS、2011年の高松宮記念、2011年・2020年のCBC賞、2017年から2019年のタンザナイトSが対象

なお、2010年から2020年に阪神・芝1200メートルで行われた、3歳以上もしくは4歳以上オープンクラス、かつ出走頭数が15頭以上のレース(2010年から2012年・2014年・2015年・2018年のセントウルS、2011年の高松宮記念、2011年・2020年のCBC賞、2017年から2019年のタンザナイトS)における枠番別成績を調べると、「1枠から3枠」が3着内率31.3%だったのに対し、「4枠から8枠」は同12.5%とやや苦戦している。阪神・芝1200メートルで行われる今年も、特に多頭数となった場合は、内寄りの枠に入った馬を重視すべきだろう。〔表2〕

〔表2〕2010年から2020年に阪神・芝1200メートルで行われた、3歳以上もしくは4歳以上のオープンクラス、かつ出走頭数が15頭以上のレースにおける枠番別成績
枠番 着度数 勝率 連対率 3着内率
1枠〜3枠 7-6-8-46 10.4% 19.4% 31.3%
4枠〜8枠 5-6-4-105 4.2% 9.2% 12.5%
  • 注記:2010年から2012年・2014年・2015年・2018年のセントウルS、2011年の高松宮記念、2011年・2020年のCBC賞、2017年から2019年のタンザナイトSが対象

前走好走馬が優勢

過去10年の3着以内馬延べ31頭中22頭は、前走の着順が「4着以内」だった。一方、「5着以下」だった馬は3着内率8.8%と苦戦している。基本的には前走好走馬が強いレースだ。〔表3〕

〔表3〕前走の着順別成績(過去10年)
前走の着順 着度数 勝率 連対率 3着内率
4着以内 7-8-7-47 10.1% 21.7% 31.9%
5着以下 3-2-4-93 2.9% 4.9% 8.8%
  • 注記:2016年は3着同着

なお、前走の着順が「5着以下」だった馬のうち、前走の4コーナーの通過順が「6番手以下」だった馬は、3着内率が3.1%にとどまっている。前走の5着以下、かつそのレースで先行していなかった馬は、評価を下げるべきかもしれない。〔表4〕

〔表4〕前走の着順が「5着以下」だった馬の、前走の4コーナーの通過順別成績(過去10年)
前走の4コーナーの通過順 着度数 勝率 連対率 3着内率
5番手以内 2-2-3-30 5.4% 10.8% 18.9%
6番手以下 1-0-1-63 1.5% 1.5% 3.1%

重賞を主戦場としてきた馬が中心

過去10年の3着以内馬延べ31頭中25頭は、同年6月以降のJRA重賞において8着以内となった経験のある馬だった。一方、この経験がなかった馬は3着内率8.7%と苦戦しており、2015年以降の過去5年に限れば〔0・1・1・32〕(3着内率5.9%)とさらに好走率が下がっている。大敗が続いている馬はもちろん、今年の夏以降に重賞のレースを使われていない馬も、上位に食い込む可能性は低いと見るべきだろう。〔表5〕

〔表5〕同年6月以降のJRA重賞において8着以内となった経験の有無別成績(過去10年)
経験の有無 着度数 勝率 連対率 3着内率
あり 7-9-9-77 6.9% 15.7% 24.5%
なし 3-1-2-63 4.3% 5.8% 8.7%
  • 注記:2016年は3着同着

なお、同年6月以降のJRA重賞において8着以内となった経験がなかった馬のうち、前走の着順が「2着以下」だった馬は3着内率2.0%とさらに苦戦している。前記した経験がない上、直近のレースで敗れていた馬は、思い切って評価を下げた方がよさそうだ。〔表6〕

〔表6〕同年6月以降のJRA重賞において8着以内となった経験がなかった馬の、前走の着順別成績(過去10年)
前走の着順 着度数 勝率 連対率 3着内率
1着 3-1-1-15 15.0% 20.0% 25.0%
2着以下 0-0-1-48 0% 0% 2.0%

近年は牝馬が不振

過去5年の3着以内馬延べ16頭中13頭は、牡・せん馬だった。一方、牝馬は3着内率9.4%と苦戦している。2019年は3着以内馬3頭中2頭が牝馬だったものの、近年の傾向を重視するならば、牝馬は過信禁物と見ておくべきかもしれない。〔表7〕

(伊吹 雅也)

〔表7〕性別成績(過去5年)
着度数 勝率 連対率 3着内率
牡・せん 5-4-4-40 9.4% 17.0% 24.5%
0-1-2-29 0% 3.1% 9.4%
  • 注記:2016年は3着同着

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: