今週の注目レース

京阪杯(GⅢ)

阪神競馬場 1200メートル(芝)別定 3歳以上オープン

出走馬情報

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

レッドアンシェル

牡6歳

調教師:庄野靖志(栗東)

  • 父:マンハッタンカフェ
  • 母:スタイルリスティック
  • 母の父:Storm Cat
ここに注目!

芝1200メートル戦では、これまで6戦3勝、3着1回と安定して力を発揮している。4着以下の2戦も、GⅠで強敵相手だった前走のスプリンターズS(6着)、騎手が異常を感じ無理をさせなかった今年2月のシルクロードS(18着)と敗因は明確。この距離なら今回も好勝負必至だ。

前走のスプリンターズSは、スタートしてからスッと控えて後方でレースを進めた。リズムよく運び、直線を向くと鋭い末脚で猛追を見せたが6着。それでも、GⅠの強敵を相手に勝ち馬から0秒7差なら、GⅢになる今回は上位争いが期待できるだろう。実際、前々走の北九州記念では、ゲートを出たなりで進み、内ラチ沿いをそつなく追走。道中も抜群の手応えで、直線ではスムーズに外に出されるとグングン加速して一瞬でモズスーパーフレア(2着)をかわし去り、ゴール前では1馬身3/4差をつける快勝だった。3走前のCBC賞では今回と同じ阪神・芝1200メートルで3着を確保したように、舞台適性も十分で、不安材料は少ないと言えるだろう。

プリモシーン

牝5歳

調教師:木村哲也(美浦)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:モシーン
  • 母の父:Fastnet Rock
ここに注目!

今回は、初めて1200メートル戦に出走する点が鍵となりそうだ。後方からレースを進め、直線で末脚を爆発させるタイプなので、道中の位置取りが重要になるだろう。ただ、前向きさがある馬だけに、これまで以上に折り合いに苦労することなく競馬ができるかもしれない。

昨年のヴィクトリアマイルで2着に入るなど、能力の高さは疑いようがないものがある。当時は勝ち馬ノームコアとクビ差の接戦で、走破時計の1分30秒5は従来のJRAレコードより0秒2速いものだった。また、メンバー中最速の上がり3ハロン33秒0(推定)をマークしており、GⅠレベルの爆発力を秘めている。近走は結果が出ていないが、今年も東京新聞杯で牡馬を相手に勝利を収めているように、能力は健在。前走の関屋記念では15着に敗れてはいるが、力差での敗戦というよりは能力を発揮できなかったことによる負けに思えた。リフレッシュを挟んだ今回は、あらためて持ち前の鋭い伸び脚に期待したい。

フィアーノロマーノ

牡6歳

調教師:高野友和(栗東)

  • 父:Fastnet Rock
  • 母:Heart Ashley
  • 母の父:Lion Heart
ここに注目!

阪神コースではこれまで4戦を経験し、2勝、2着2回と連対率100パーセントの好成績をマークしている。芝1200メートル戦も今回が3戦目となり、そろそろ慣れが見込める頃。札幌から阪神に舞台が替わる今回は、重賞ウイナーの底力を発揮できる可能性が高い。

前走のキーンランドCはスタートで後手を踏んだものの、すぐに鞍上がうながして中団で道中を運んだ。終始気合をつけられたまま3コーナーで馬群の外を回ってポジションを押し上げたものの、直線で失速して10着でレースを終えた。結果的には推定上がり3ハロンタイムの上位馬が1着から3着を占めたように、強気の競馬が裏目に出た形となった。前々走の函館スプリントSでは勝ち馬から0秒4差の4着と走っているように、重賞でも戦える能力があることは確かだ。18日の1週前追い切りでは、栗東坂路で一杯に追われてラスト1ハロン12秒0(4ハロン52秒7)をマーク。調子の良さをうかがわせる伸びを見せており、状態面の問題なく出走できるだろう。

リバティハイツ

牝5歳

調教師:高野友和(栗東)

  • 父:キングカメハメハ
  • 母:ドバウィハイツ
  • 母の父:Dubawi
ここに注目!

前走のオパールS(リステッド。京都・芝1200メートル)で約2年半ぶりの白星を挙げた。もともとデビュー4戦目にして重賞勝ち星を挙げた素質の持ち主。あらためて能力の高さを示した格好だ。勢いそのままに重賞挑戦となる今回も、高い能力を発揮できるだろう。

前走のオパールS(リステッド)では、中団前めでレースを進め、スムーズな追走で脚をためた。直線は末脚を爆発させ、抜群の切れ味を披露。ゴール寸前でケープコッド(2着)を捕らえ、1/2馬身差で勝利を収めた。芝1200メートル戦は初めての挑戦だったが、難なくクリアしてみせたように、適性はかなり高そうだ。引き続き同距離の今回も期待が持てる。重馬場の前走で結果を出しており、牝馬ながらパワーもあるタイプ。馬場状態が不問な点も大きな武器となるだろう。18日の1週前追い切りでは、栗東坂路で4ハロン52秒7(ラスト1ハロン12秒1)をマーク。引き続き好調をキープしている様子で、重賞でも再度勝ち負けに加わりそうだ。

カレンモエ

牝4歳

調教師:安田隆行(栗東)

  • 父:ロードカナロア
  • 母:カレンチャン
  • 母の父:クロフネ
ここに注目!

母は4歳時のスプリンターズSでGⅠ初制覇を飾ると、翌年の高松宮記念も制し、JRAの芝スプリントGⅠを連勝。父はいわずとしれたGⅠ6勝の名スプリンターで、血統的には初めての重賞挑戦でも侮れない存在となりそうだ。ここから出世街道を歩めるのか、期待は大きい。

前走の3勝クラス・長篠S(中京・芝1200メートル)は、好スタートを決めてハナに立つ勢いだったが、スッと控えて先行集団でレースを進めた。3番手で淡々と道中を運ぶと、余力を持ったまま直線へ。仕掛けられてからもすぐに反応し、ラスト1ハロンで先頭に立つと、最後までリードを守って1馬身1/4差の勝利を飾った。前々走の3勝クラス・佐世保S(小倉・芝1200メートル)ではアタマ差の2着に敗れたとはいえ、前半600メートル通過タイム32秒2とかなりの速いペースで流れたなか、3番手を追走したもので、展開を考えればむしろ能力の高さを証明する一戦だった。今回は昇級初戦での重賞挑戦とはなるが、近2走の内容からもいきなり通用していいだろう。

アンヴァル

牝5歳

調教師:藤岡健一(栗東)

  • 父:ロードカナロア
  • 母:アルーリングボイス
  • 母の父:フレンチデピュティ
ここに注目!

2歳時に3連勝を決めるなど早期から活躍を見せた才女も、5歳の秋を迎えた。それでも、今年も重賞で連対を果たすなど息の長い活躍を続けており、能力の衰えは感じられない。今回もしっかりと能力を発揮できれば、上位争いに加わってくるだろう。

前走の北九州記念は五分のスタートから、無理をすることなく馬なりで道中は終始後方でレースを進めた。4コーナーではまだ後方2、3番手だったが、直線で目の覚めるような末脚を披露し、4着(同着)まで追い上げた。上がり3ハロンタイムも34秒3(推定)と上位の数字をマーク。あらためて脚質の自在性を感じさせるレース内容だった。今回と同じ阪神・芝1200メートルで行われたCBC賞では、積極的なレース運びで道中を3、4番手で進むと、逃げ切ったラブカンプーは捕らえられなかったものの、しっかりと2着は確保。3着レッドアンシェルに2馬身差をつけ、力を示した。直線の坂で脚が鈍ることもなく、今回も持っている能力を発揮できそうだ。

シヴァージ

牡5歳

調教師:野中賢二(栗東)

  • 父:First Samurai
  • 母:Indian Bay
  • 母の父:Indian Charlie
ここに注目!

6戦連続でメンバー中最速の推定上がり3ハロンタイムをマークしており、末脚の威力は現在の短距離界でも屈指の存在と言えるだろう。その分、展開に左右されやすい面はあるが、今回も鋭い脚を見せてくれるはず。自身の競馬に徹して、初の重賞タイトルをつかみたい。

前走のスワンSは、いつも通り後方からレースを進め、道中は後方2番手を追走。3、4コーナーでは馬群の大外を回りながら直線で矢のような伸びを見せ、メンバー中最速の上がり3ハロン33秒4(推定)をマークした。5着に敗れたとはいえ、逃げたカツジがそのまま押し切ったように展開も不向きだったことを考えると、流れ次第で重賞制覇を飾る脚力はあるはずだ。今回は走り慣れた芝1200メートルに戻り、短距離の速い流れになれば、持ち前の武器が存分に生きそうだ。18日の1週前追い切りでは、栗東CWコースで、馬なりながらラスト1ハロン11秒7(6ハロン84秒1)の切れ味を披露。休み明け3戦目で調整も順調に進められており、前走以上の着順が期待できるだろう。

タイセイアベニール

牡5歳

調教師:西村真幸(栗東)

  • 父:ベーカバド
  • 母:ハロードリーム
  • 母の父:ブライアンズタイム
ここに注目!

近3戦連続で重賞に挑戦。結果こそ出ていないが、あと一歩の競馬は続けており、流れや展開次第では勝ち負けに加わってもいいだろう。出世には時間を要したが、レースを経験しながら着実に力をつけてきた馬で、そろそろタイトルに手が届いても不思議はない。

 前走のセントウルSでは、前半600メートル通過タイムが33秒0と速いペースで流れるなか、後方寄りの中団でじっくりと脚をためた。3コーナー過ぎに仕掛けられると鋭い反応で加速し、最後までしぶとい伸び脚を見せて4着に健闘。続くスプリンターズSでも2着に好走した勝ち馬ダノンスマッシュから0秒3差と際どい勝負ができており、前走と同じぐらいの走りができれば今回も好勝負が期待できる。18日の1週前追い切りでは、栗東坂路で4ハロン52秒7、ラスト1ハロン12秒1の好タイムをマーク。力強い動きを見せており、状態面でも良好とみていいだろう。しっかりと負荷をかけられた調整が続けられており、力を出せる態勢が整っていそうだ。

(山口 大輝)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: