今週の注目レース

ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス(GⅢ)

阪神競馬場 2000メートル(芝)馬齢 2歳オープン

データ分析

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

中長距離を志向する2歳精鋭が集う

オープン特別からGⅢに格上げされて今年で7回目を迎える京都2歳S。今年は京都競馬場の整備工事の影響で、阪神・芝2000メートルで行われることになった。開催場は替わるものの、将来の中長距離の大レースを目指す精鋭がそろうことに変わりはないはず。オープン特別時代も含めた過去10年のデータから傾向を探ってみた。

1番人気の信頼度が高い

過去10年の単勝人気別成績では、1番人気が勝率50.0%、3着内率が90.0%と好成績を残している。特に近年は4年連続で1番人気が連対中で、馬連も4年連続で1000円未満の配当になっている。2週前にはデイリー杯2歳S、1週前には東京スポーツ杯2歳Sが行われる上、2週後には阪神ジュベナイルフィリーズがあり牝馬の出走も見込みづらいため、京都2歳Sは多頭数のレースになりにくい。結果的に実力上位の人気馬が力を出しやすい環境が生まれるようだ。今年も少頭数なら上位人気馬を信頼したい。〔表1〕

〔表1〕単勝人気別成績(過去10年)
単勝人気 成績 勝率 連対率 3着内率
1番人気 5-2-2-1 50.0% 70.0% 90.0%
2番人気 1-2-1-6 10.0% 30.0% 40.0%
3番人気 2-0-1-7 20.0% 20.0% 30.0%
4番人気 0-1-1-8 0% 10.0% 20.0%
5番人気 0-3-2-5 0% 30.0% 50.0%
6番人気〜9番人気 2-2-3-32 5.1% 10.3% 17.9%
10番人気以下 0-0-0-8 0% 0% 0%

デビュー戦と前走が共に1800メートル以上の馬が好走

京都2歳Sは2歳馬にとって初めての2000メートル重賞。やはり陣営がデビュー時から中長距離路線を視野に入れている馬が好走しやすいようで、デビュー戦の距離が1800メートル以上だった馬と1600メートル以下だった馬では好走率に大きな差が出ている。また、1800メートル以上のデビュー戦を勝利していた馬の好走が多くなっている。1800メートルや2000メートルの新馬戦でデビュー勝ちをしていたような馬に注目したい。〔表2〕

〔表2〕デビュー戦の距離と着順別成績(過去10年)
デビュー戦 成績 勝率 連対率 3着内率
1600m未満 1-0-0-15 6.3% 6.3% 6.3%
1600m 1-0-1-17 5.3% 5.3% 10.5%
1800m・1着 4-3-3-12 18.2% 31.8% 45.5%
1800m・2着以下 1-5-1-12 5.3% 31.6% 36.8%
2000m・1着 3-2-3-8 18.8% 31.3% 50.0%
2000m・2着以下 0-0-2-3 0% 0% 40.0%

また、前走の距離別に見ても、1600メートル以下と1800メートル以上では好走率に大きな差が出ている。重賞となった2014年以降の3着以内馬は全て前走で1800メートル以上のレースに出走していた。〔表3〕

〔表3〕前走の距離別成績(過去10年)
前走の距離 成績 勝率 連対率 3着内率
1600m未満 0-0-0-4 0% 0% 0%
1600m 0-1-0-19 0% 5.0% 5.0%
1800m 6-6-5-24 14.6% 29.3% 41.5%
2000m 4-3-5-20 12.5% 21.9% 37.5%

キャリアは1、2戦が望ましい

表にあるように好走馬の大半はキャリア1、2戦だった。2019年は2戦2勝で臨んだマイラプソディが優勝し、2着が2戦1勝のミヤマザクラ、3着も2戦2勝のロールオブサンダーとなり、キャリア2戦組がワンツースリーを決めた。2018年もキャリア2戦以下の馬が3着以内を独占と、ここ2年で馬券に絡んだ馬は全てキャリア2戦だった。〔表4〕

〔表4〕通算出走回数別成績(過去10年)
通算出走回数 成績 勝率 連対率 3着内率
1戦 5-3-4-11 21.7% 34.8% 52.2%
2戦 2-3-5-14 8.3% 20.8% 41.7%
3戦 1-3-0-19 4.3% 17.4% 17.4%
4戦 1-1-1-13 6.3% 12.5% 18.8%
5戦 1-0-0-3 25.0% 25.0% 25.0%
6戦以上 0-0-0-7 0% 0% 0%

前走と同じ騎手が手綱を握る馬を狙いたい

前走から同じジョッキーが騎乗している馬と、乗り替わりがあった馬を比較すると、前者のほうが明確に成績が良い。同日に他場で重賞が行われないため、有力馬に同じ騎手が続けて乗りやすい土壌があるのだろう。〔表5〕

(姫園 淀仁)

〔表5〕騎手別成績(過去10年)
騎手 成績 勝率 連対率 3着内率
継続騎乗 7-6-8-23 15.9% 29.5% 47.7%
乗り替わり 3-4-2-44 5.7% 13.2% 17.0%

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: