今週の注目レース

エリザベス女王杯(GⅠ)

阪神競馬場 2200メートル(芝)定量 (牝) 3歳以上オープン

出走馬情報

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

ラッキーライラック

牝5歳

調教師:松永幹夫(栗東)

  • 父:オルフェーヴル
  • 母:ライラックスアンドレース
  • 母の父:Flower Alley
ここに注目!

今回と同じ阪神・芝2200メートルで行われた前々走の宝塚記念は6着だが、当時の敗因は水分を含んだ馬場状態(稍重)で、悲観することはない。阪神コースではGⅠを2勝。昨年の本レースを制しているように2200メートルの距離も問題なく、連覇に向けて視界良好だ。

2歳時にデビュー3連勝で阪神ジュベナイルフィリーズを制覇。3歳秋以降は勝ち負けに加われないことが多かったが、4歳秋を迎えて復活する。エリザベス女王杯でGⅠ2勝目を挙げると、続く香港ヴァーズ(G1・香港。芝2400メートル)でも2着に好走。5歳を迎えた今年は大阪杯を制し、初めて牡馬相手のGⅠタイトルをゲットした。その後は宝塚記念が稍重馬場で力を出し切れず6着、札幌記念はベストよりも前の位置取りとなったことがこたえた印象で3着と敗れたが、決して能力の衰えはない。本来の少し脚をためる形をとることができれば、本レース連覇の可能性は十分にあるだろう。

ラヴズオンリーユー

牝4歳

調教師:矢作芳人(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:ラヴズオンリーミー
  • 母の父:Storm Cat
ここに注目!

春は出走予定だったドバイシーマクラシックが現地到着後に中止となったことでリズムが狂ったのか、本調子を取り戻せないままだった。じっくりと立て直して迎えた秋は、春以上の走りを見せられるはずだ。

曽祖母は歴史的名牝のミエスク。全兄はドバイターフ(G1・UAE)を制したリアルスティールというかなりの良血馬。本馬は3歳時に無傷の4連勝でオークスを制覇して以降は勝利に手が届いていないが、早熟と判断するのは早計だろう。それぞれのレースを振り返ると、エリザベス女王杯(3着)とヴィクトリアマイル(7着)は休み明け。とりわけ後者は筋肉が落ちて、明らかに良化途上の体つきだった。前々走の鳴尾記念も決して万全のコンディションではなかったが、勝ったパフォーマプロミスとハナ差の2着なら評価を落とす内容ではない。前走の府中牝馬S(5着)は重馬場が最大の敗因だろう。今秋の最大目標に据えていた一戦で復活を果たし、2つ目のGⅠタイトルを手にしたい。

ノームコア

牝5歳

調教師:萩原清(美浦)

  • 父:ハービンジャー
  • 母:クロノロジスト
  • 母の父:クロフネ
ここに注目!

ハービンジャー産駒は時計がかかる芝に強いイメージだが、本馬は昨年のヴィクトリアマイルを1分30秒5のJRAレコード(当時)で制したように、速い時計での決着にも対応可能。半妹がクロノジェネシス(父バゴ)なら、2200メートルの距離にも対応できそうだ。

3歳時からトップレベルで走って、4歳時のヴィクトリアマイルでGⅠ初制覇。その後はマイル以下を主戦場とし、富士S1着、香港マイル(G1・香港。芝1600メートル)4着、ヴィクトリアマイル3着など、互角の戦いを続けてきた。久しぶりの中距離参戦となったのが前走の札幌記念。2000メートルは昨年1月の愛知杯(2着)以来だったが、中団からスムーズにさばいて差し切り、4つ目の重賞タイトルを手にした。その後は放牧を挟み、ここが秋の始動戦となる。本レースは3歳時に1度出走して勝ち馬から0秒6差の5着。当時はいくらか距離が長い印象を受ける走りだったが、成長した今なら違う結果が出ていいはずだ。

センテリュオ

牝5歳

調教師:高野友和(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:アドマイヤキラメキ
  • 母の父:エンドスウィープ
ここに注目!

デビューからの16戦で6着以下に敗れたのが2回だけという堅実派。昨年のエリザベス女王杯(4着)は好位からの競馬だったが、今年4戦は差しに回っているように、脚質に幅が出たのは強みだ。どんな展開になっても大崩れは考えづらいだろう。

アーモンドアイやラッキーライラックと同世代となる5歳のディープインパクト産駒。日本からオーストラリアへ移籍後に同地でG1を制したトーセンスターダムの全妹という良血馬だ。本馬はデビューから9戦で4勝、2着4回という堅実な成績を残してオープンクラス入り。その後は重賞を中心に使われて善戦止まりのレースが続いたが、前々走のマーメイドSが重賞初連対となる2着に入った。前走のオールカマーは強敵相手とあって9頭立ての5番人気だったが、ゴール前で粘るカレンブーケドール(2着)を捕らえて重賞初制覇を果たした。今がまさに充実期。昨年のエリザベス女王杯は4着だったが、成長を加味すれば、当時以上の成績が期待できる。

サラキア

牝5歳

調教師:池添学(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:サロミナ
  • 母の父:Lomitas
ここに注目!

デビュー戦の勝利こそ16頭立てだったが、それ以降の3勝はそれぞれ10頭立て、12頭立て、8頭立てで挙げている。逆に17頭立て以上では5戦して秋華賞の4着が最高着順。多頭数の競馬はプラス材料とは言えないかもしれない。

父がディープインパクト、母が2012年の独オークス(G1・ドイツ)勝ち馬という良血馬。半弟のサリオス(父ハーツクライ)は昨年の朝日杯フューチュリティSを制している。本馬は3歳春からオープンクラスで何度も好勝負を演じてきたが、勝ち星は挙げられず。今年の上半期も物足りない成績が続いたが、前々走のオープン特別・小倉日経オープン(小倉・芝1800メートル)を鮮やかに差し切って約2年ぶりの白星をゲット。返す刀で前走の府中牝馬Sも制し、重賞初制覇を果たした。水分を含んだ馬場状態が苦手な印象が強かっただけに、重馬場を克服しての勝利は地力強化の何よりの証明だろう。今回は400メートルの距離延長が鍵だが、目下の充実ぶりなら克服しても不思議はない。

リアアメリア

牝3歳

調教師:中内田充正(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:リアアントニア
  • 母の父:Rockport Harbor
ここに注目!

過去2回の2桁着順は桜花賞(10着)と秋華賞(13着)だが、ともに敗因は水分を含んだ馬場コンディションとはっきりしている。レースの上がり3ハロンタイムが35秒0を切れば4戦3勝、4着1回の好成績。ガラリ一変には良馬場が条件となりそうだ。

2歳6月のデビュー戦を大楽勝したことで、早々とクラシック最有力候補に挙げられた。続くアルテミスSも着差以上の完勝劇を演じて重賞ウイナーとなったが、その後のGⅠでは試練が続いた。阪神ジュベナイルフィリーズは陣営も首を傾げる走りで6着。3歳初戦の桜花賞は重馬場が合わず10着。オークスではようやく“らしさ”を取り戻したものの、4着が精いっぱいだった。休養を挟んで迎えた秋、始動戦のローズSで重賞2勝目を挙げたものの、本番の秋華賞は13着と大敗。現状では強さともろさが同居していると言わざるを得ない。全力を発揮すればここでも十分にチャンスはあるが、気性面や馬場状態など、レース当日になってみないと分からないところがある。

ソフトフルート

牝3歳

調教師:松田国英(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:ストロベリーフェア
  • 母の父:Kingmambo
ここに注目!

パドックではテンションの高さが目立つが、レースに行けば力を発揮できるタイプ。もちろん、落ち着いているに越したことはないが、多少うるさいぐらいなら割り引く必要はない。ディープインパクト産駒らしく、良馬場がベターだろう。

格上挑戦だが決して侮れない。春のクラシックには間に合わなかったが、夏を越してグンと成長した。休み明けの2勝クラス・夕月特別(中京・芝2000メートル)を4馬身差で快勝。勝ち時計の2分00秒0は前週のローズS(1着リアアメリア)に0秒1遅いだけという優秀なものだった。続く秋華賞はスタートで出遅れたものの、最後方から大外を回してグイグイと追い上げて、勝ち馬デアリングタクトから0秒3差の3着。発馬が五分なら・・と思える内容だった。現時点では3勝クラスの身だが、能力は優に重賞級。来年2月一杯で解散を迎える松田国英厩舎の“最後の大物”という呼び声も挙がっている。強敵に打ち勝って、名伯楽にGⅠタイトルを届けたい。

ウインマイティー

牝3歳

調教師:五十嵐忠男(栗東)

  • 父:ゴールドシップ
  • 母:アオバコリン
  • 母の父:カコイーシーズ
ここに注目!

稍重の忘れな草賞(リステッド。阪神・芝2000メートル)を快勝しており、ゴールドシップ産駒らしく水分を含んだ馬場は得意。過去3勝のレース上がり3ハロンタイムはそれぞれ35秒3、35秒3、35秒2だから、時計と上がりのかかる決着が理想だ。

今春は1勝クラス・デイジー賞(中山・芝1800メートル)、忘れな草賞(リステッド)と連勝してオークスに参戦した。重賞初挑戦がGⅠということもあってか13番人気の低評価だったが、中団からしっかり伸びて、直線では一瞬先頭に立つシーン。最後はデアリングタクト(1着)とウインマリリン(2着)に差されたものの、3着に食い込んだ。秋は紫苑Sが6着、秋華賞が9着と物足りない成績になっているが、ともにスタートの出遅れが痛かった印象。この中間はゲートの駐立練習を行うなど、陣営は弱点克服に余念がない。オークス3着の内容から見ても、能力は世代上位。スタートを五分に出て中団あたりで運べるようなら、他世代相手でも出番があっていい。

(岡崎 淳)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: