今週の注目レース

スプリンターズステークス(GⅠ)

中山競馬場 1200メートル(芝・外)定量 3歳以上オープン

データ分析

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

秋のGⅠシーズン開幕を告げるスプリント王決定戦

スプリンターズSは3歳から古豪まで幅広い年齢層から優勝馬が出ているGⅠ。比較的上位人気馬が強いのだが、時に二桁人気の馬が激走を見せることもある。そんなつかみどころがないGⅠでも切り口次第では攻略できるはず。新潟競馬場で行われた2014年を含む過去10年のデータから好走馬の特徴を分析してみた。

ジョッキーが継続騎乗している馬を狙え

最初にチェックしたいのは騎手の乗り替わりの有無だ。騎手が乗り替わっていた馬は過去10年間でまったく勝てておらず、連対率もわずか1.5%にとどまっている。早い段階からここを目標にしてきた有力スプリンターは、騎手の確保も早い段階からできているのだろう。ここまで極端な傾向が出ているなら、乗り替わりとなった馬は軽視したい。スプリンターズSの予想は、前走と同じ騎手が乗っている馬を中心に組み立てるのがセオリーである。〔表1〕

〔表1〕騎手別成績(過去10年)
騎手 成績 勝率 連対率 3着内率
前走と同じ 10-9-4-70 10.8% 20.4% 24.7%
乗り替わり 0-1-6-60 0% 1.5% 10.4%

前走の単勝人気も頼りになる指標

前走欄でぜひ確認しておきたいのは単勝人気である。表にあるように、前走で1番人気に支持されていた馬が過去10年で5勝と好成績を挙げている。それに加えて、1番人気から4番人気までと5番人気以下とでは好走率に大きな差が出ている。2018年に11番人気で2着に入ったラブカンプーや、2014年に13番人気で優勝したスノードラゴンも前走では4番人気以内だった。馬券の軸は前走で上位人気に支持されていた馬から選びたい。〔表2〕

〔表2〕前走の単勝人気別成績(過去10年)
前走の単勝人気 成績 勝率 連対率 3着内率
1番人気 5-2-3-20 16.7% 23.3% 33.3%
2番人気 0-4-2-15 0% 19.0% 28.6%
3番人気 3-2-1-21 11.1% 18.5% 22.2%
4番人気 1-1-1-11 7.1% 14.3% 21.4%
5番人気 0-0-0-7 0% 0% 0%
6〜9番人気 0-0-3-33 0% 0% 8.3%
10番人気以下 0-1-0-15 0% 6.3% 6.3%
  • 注記:前走が海外のレースだった馬を除く

内と外に睨みをきかせられる中寄りの馬番が優勢

新潟競馬場で行われた2014年を除く過去9回の馬番別の成績をまとめると、中寄りの馬番が好成績となっている。スタートが決まらず包まれると厳しい展開になる内寄りの馬番(1番から5番)、距離ロスのある馬群の外を回らされるリスクがある外寄りの馬番(11番から16番)に対し、柔軟なレースができる中寄りの馬番(6番から10番)となった馬が好結果を残しやすいようだ。〔表3〕

〔表3〕馬番別成績(中山競馬場で行われた過去9回)
馬番 成績 勝率 連対率 3着内率
1〜5番 1-3-6-35 2.2% 8.9% 22.2%
6〜10番 6-3-2-33 13.6% 20.5% 25.0%
11〜16番 2-3-1-47 3.8% 9.4% 11.3%

ミスタープロスペクター系が圧倒中

スプリンターズSではミスタープロスペクター系種牡馬の産駒が過去10年で6勝を挙げている。特に近年は他系統を圧倒中で、2019年は1着のタワーオブロンドンだけでなく、2着のモズスーパーフレアと3着のダノンスマッシュも父がミスタープロスペクター系と、3着以内を独占。2018年は1着馬と3着馬、2017年は3着以内馬全ての父がミスタープロスペクター系だった。さらに、上位人気に支持された時の信頼度が高く、1、2番人気時の成績は〔5・1・1・1〕で、勝率は62.5%、3着内率は87.5%に達している。〔表4〕

〔表4〕優勝馬の父と系統(過去10年)
年度 優勝馬 系統
2010年 ウルトラファンタジー Encosta de Lago ノーザンダンサー系
2011年 カレンチャン クロフネ ノーザンダンサー系
2012年 ロードカナロア キングカメハメハ ミスタープロスペクター系
2013年 ロードカナロア キングカメハメハ ミスタープロスペクター系
2014年 スノードラゴン アドマイヤコジーン グレイソヴリン系
2015年 ストレイトガール フジキセキ サンデーサイレンス系
2016年 レッドファルクス スウェプトオーヴァーボード ミスタープロスペクター系
2017年 レッドファルクス スウェプトオーヴァーボード ミスタープロスペクター系
2018年 ファインニードル アドマイヤムーン ミスタープロスペクター系
2019年 タワーオブロンドン Raven's Pass ミスタープロスペクター系
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

春のGⅠ・GⅡ実績に注目

直近のサマースプリントシリーズで活躍していた馬に注目が集まることが多いが、過去10年の優勝馬にほぼ共通しているのが春のGⅠ・GⅡ実績だ。GⅠ・GⅡ不出走だった2016年のレッドファルクスを除く延べ9頭には、同年春のGⅠで3着以内、もしくはGⅡ1着の実績があった。ちなみに、2014年のスノードラゴンは単勝13番人気という評価の低い中での優勝だった。各馬の成績を比較する際は、春シーズンの実績を忘れないようにしておきたい。〔表5〕

(姫園 淀仁)

〔表5〕優勝馬の同年春のGⅠ・GⅡ実績(過去10年)
年度 優勝馬 同年春の主な実績
2010年 ウルトラファンタジー 香港ローカルG2・1着
2011年 カレンチャン 阪神牝馬S・1着
2012年 ロードカナロア 高松宮記念・3着
2013年 ロードカナロア 安田記念・1着ほか
2014年 スノードラゴン 高松宮記念・2着
2015年 ストレイトガール ヴィクトリアマイル・1着
2016年 レッドファルクス GⅠ・GⅡ不出走
2017年 レッドファルクス 京王杯SC・1着
2018年 ファインニードル 高松宮記念・1着
2019年 タワーオブロンドン 京王杯SC・1着

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: