今週の注目レース

シリウスステークス(GⅢ)

中京競馬場 1900メートル(ダート)ハンデ 3歳以上オープン

出走馬情報

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

カフェファラオ

牡3歳

調教師:堀宣行(美浦)

  • 父:American Pharoah
  • 母:Mary's Follies
  • 母の父:More Than Ready
ここに注目!

豊富なスピードを武器としている馬で、時計のかかる地方競馬よりもJRAの競馬場のほうが向いていると考えていいだろう。500キログラムを超える大型馬でも休み明けを苦にせず、左回りコースも2戦2勝。あとは1900メートルの距離克服が鍵になりそうだ。

どのレースでも圧倒的な強さを示し、無傷の3連勝でユニコーンSを制覇。ハイペースを持ったままで追走し、1分34秒9の好タイムで押し切った内容は、過去のユニコーンSを勝った名馬たちをしのぐほどだった。2着デュードヴァンにつけた5馬身の着差はもちろんだが、2番手から抜け出した自身を除けば上位馬はすべて差し馬という状況も、本馬の強さを浮き彫りにするものと言っていいだろう。圧倒的な支持に応えられず、離された7着に敗れた前走のジャパンダートダービー(JpnⅠ。大井・ダート2000メートル)は、陣営によるとレース中に逆手前になり、リズムを崩したとのこと。それまでの戦績から、敗因が能力によるものでないことは明らかだろう。他世代相手の重賞でも上位争い必至だ。

ダイメイコリーダ

牡3歳

調教師:森田直行(栗東)

  • 父:エスケンデレヤ
  • 母:ミラクルフラッグ
  • 母の父:スパイキュール
ここに注目!

コーナーを4回通過するダートでは〔2・3・0・1〕の成績。2月のヒヤシンスS(リステッド。東京・ダート1600メートル、9着)の敗因がコースと距離であれば問題ないが、休み明けが理由であれば今回も少し気になるところ。仕上がり度合いはしっかりとチェックしたい。

母ミラクルフラッグは、芝の中・長距離GⅠを6勝したゴールドシップの半姉。母の父スパイキュールはキャリア10戦で、ダートに限れば7戦全勝の好成績を残した。芝よりもダート適性のほうが圧倒的に高い父エスケンデレヤの影響もあるだろうが、この母系こそ、本馬がダートのスタミナ勝負で強さを見せる一番の理由ではないだろうか。近3戦は全て2着に惜敗しているものの、内容はいずれもハイレベル。特に前走のジャパンダートダービー(JpnⅠ。大井・ダート2000メートル)の2着は自分からペースを作ってのもので、3着馬には5馬身の決定的な差をつけた。他世代相手の重賞は初めてだが、通用してもいいはずだ。

ダノンスプレンダー

牡4歳

調教師:安田隆行(栗東)

  • 父:ロードカナロア
  • 母:メジロスプレンダー
  • 母の父:シンボリクリスエス
ここに注目!

前走の3勝クラス・フィリピンT(阪神・ダート1800メートル)は、最後のコーナーを逆手前、直線では右手前と安定した走りではなかったにもかかわらず勝ち切った。中京コースは3歳春の1戦(2着)だけだが、前述した手前の観点から言えば、適性は高いのかもしれない。

ルヴァンスレーヴにサクセスブロッケンなど、ダートの一流馬も送り出している母の父シンボリクリスエスの影響が強いのか、本馬はロードカナロア産駒ながら、キャリアの全てをダートの中距離で走っている。短距離路線に活躍馬が多数いる安田隆行厩舎の管理馬という観点から見ても、ロードカナロア産駒らしくない馬と言えるかもしれない。4歳秋の現時点で8戦というキャリアだが、その内訳は〔4・2・2・0〕と3着以内を外したことがない。また、8戦中6戦で1番人気、そのうちの4戦が単勝オッズ1倍台と、常に注目を集めて走ってきた。昇級初戦での重賞挑戦となる今回は、今後の可能性を探る大事な一戦と言っていいだろう。

グレートタイム

牡5歳

調教師:藤原英昭(栗東)

  • 父:キングカメハメハ
  • 母:ミラクルレジェンド
  • 母の父:フジキセキ
ここに注目!

前走時はパドックでイレ込みが目立ち、返し馬からレースに向かう段階でも矯正できなかった。気性面に課題を見せたことは不安材料だが、逆に当日の気配次第で一気に注目度も増すはず。落ち着いて臨めているかどうかをチェックしたい。

ダート重賞8勝の大活躍をしたミラクルレジェンドを母に持ち、叔父は2012年の東京大賞典(GⅠ)を勝ったローマンレジェンド。本馬は3歳春のユニコーンSで2着に好走し、ジャパンダートダービー(JpnⅠ。大井・ダート2000メートル)では1着ルヴァンスレーヴ、2着オメガパフュームに続く3着に入った実績もある。骨折や脚部不安などもあり、同期のライバルには後れを取っているが、5歳秋にしてキャリアは16戦。そのうちの半数以上が2、3歳時のものなら、まだ伸びしろがありそうだ。久々にオープンクラスを走った前走のジュライS(リステッド。阪神・ダート1800メートル)は7着だったが、あれが本来の力ではないはず。重賞挑戦でも、実績馬と斤量差のあるハンデ戦なら巻き返しがあっていい。

ミツバ

牡8歳

調教師:加用正(栗東)

  • 父:カネヒキリ
  • 母:セントクリスマス
  • 母の父:コマンダーインチーフ
ここに注目!

キャリアを重ね、地方競馬で走るイメージが強くなっている。前々走の平安Sは11着と大敗。中京・ダートコースも、4戦中3戦がGⅠとはいえ〔0・0・0・4〕と結果が出ていない。時計の速い決着になればなるほど、スピード勝負への対応が鍵になってくる。

前走の帝王賞(JpnⅠ。大井・ダート2000メートル)は勝ち馬から1秒2差の7着に敗れたが、1着クリソベリルを筆頭に現在のダート路線の上位馬が一堂に会した一戦で、自身より上の着順だった馬は全てがGⅠ、JpnⅠ勝ち馬というメンバー構成。相手が強かったと言うべきだろう。自身にとって初のJpnⅠ制覇となった昨年の川崎記念(川崎・ダート2100メートル)を最後に勝利から遠ざかっており、8歳という年齢からも全盛期の力は望みづらいのかもしれないが、前述の川崎記念を含む重賞3勝、通算11勝の実績はメンバー最上位と呼ぶべきもの。ハンデGⅢなら、地力の差を見せても驚けない。

アルドーレ

牡5歳

調教師:昆貢(栗東)

  • 父:オルフェーヴル
  • 母:ティックルピンク
  • 母の父:フレンチデピュティ
ここに注目!

勝ったとはいえ、3コーナー過ぎからムチが入っていた前走のレース内容を見れば、小回りコースに向いた馬とは思えない。広いコースのほうが走りやすいはずで、3勝をマークする左回りコースとも相性がいい。今回の条件はベストと言えるはずだ。

1年1か月の長期休養明けだった4走前のオアシスS(リステッド。東京・ダート1600メートル)こそ11着と大敗したが、3走前のオープン特別・スレイプニルS(東京・ダート2100メートル)では5着、前々走のジュライS(リステッド。阪神・ダート1800メートル)では3着に好走。前走のオープン特別・阿蘇Sでは、逃げ込みを図るメイショウワザシ(2着)を差し切り、オープンクラス初勝利をマークした。5歳秋を迎えたが、その血統は晩成傾向。叔父オールブラッシュは5歳時に川崎記念(JpnⅠ)を制し、半姉アンジュデジール(父ディープインパクト)も4歳秋にJBCレディスクラシック(JpnⅠ)を勝っている。前走の勝利が本格化を示すものなら、重賞でも互角の走りができるだろう。

メイショウワザシ

牡5歳

調教師:南井克巳(栗東)

  • 父:アイルハヴアナザー
  • 母:メイショウワカツキ
  • 母の父:マンハッタンカフェ
ここに注目!

前走の好走(オープン特別・阿蘇S、2着)は、相性のいい小倉・ダート1700メートルというのもあっただろう。直線の長い中京コースは約1年3か月ぶりの出走になるが、条件クラスでも勝ち星がなく、最後の粘りを欠いていた。強力な先行馬がそろった印象の今回は、展開面も鍵になる。

オープンクラスでの勝利は今年3月のオープン特別・総武S(中山・ダート1800メートル)の1つだけだが、昨年のシリウスSでは勝ち馬から0秒3差の3着に好走し、今年のマーチSでも同0秒5差の5着に入っている。ある程度のポジションを取っての粘り込みを身上としているタイプだけに、流れが極端に速くなると大きく失速することもあるが、自分のスタイルで競馬ができたときは実にしぶとい。前走のオープン特別・阿蘇Sは3コーナー過ぎから早めにスパートし、4コーナーで先頭に立つ積極的な競馬が功を奏して2着と、久々にこの馬らしいところを見せた。阿蘇Sをステップにしての本レース挑戦は昨年と同じパターン。再度の好走もありそうだ。

(松浪 大樹)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: