今週の注目レース

朝日杯セントライト記念(GⅡ)

中山競馬場 2200メートル(芝・外)馬齢 3歳オープン

データ分析

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

3歳クラシックの最終関門に向け実績馬と素質馬が激突

開催時期が10月となった2000年以降の菊花賞における3着以内馬60頭中、当レースに出走していた馬は11頭いた。もう一つの菊花賞トライアルである神戸新聞杯は37頭となっており、好走馬の数自体は大きく見劣りするものの、2019年にサトノルークスが単勝8番人気で2着、2017年にクリンチャーが同10番人気で2着、2015年にキタサンブラックが同5番人気で1着となるなど、近年はセントライト記念組が評価を覆した例が少なくない。約1か月後の“本番”を展望するうえでも見逃せない一戦だ。今回は過去10年のレース結果を中心に、好走馬に共通するポイントを分析してみよう。

実績や前走の末脚に注目

過去10年の3着以内馬30頭中20頭は、“JRAのオープンクラスのレース”において1着となった経験のある馬だった。該当馬は3着内率も45.5%と優秀な水準に達している。まずは重賞やオープン特別を勝ったことがある馬に注目したい。〔表1〕

〔表1〕“JRAのオープンクラスのレース”において1着となった経験の有無別成績(過去10年)
経験の有無 着度数 勝率 連対率 3着内率
あり 7-6-7-24 15.9% 29.5% 45.5%
なし 3-4-3-105 2.6% 6.1% 8.7%

一方、“JRAのオープンクラスのレース”において1着となった経験がなかった馬のうち、前走がJRAのレースだった110頭の中で、そのレースの上がり3ハロンタイム(推定)順位が「2位以下」だった馬は3着内率4.8%とより苦戦している。まだオープンクラスで優勝を果たしたことがない馬同士を比較する際は、前走の末脚に注目するのがよさそうだ。〔表2〕

〔表2〕“JRAのオープンクラスのレース”において1着となった経験がなく、かつ前走がJRAのレースだった馬の、そのレースの上がり3ハロンタイム(推定)順位別成績(過去10年)
前走の上がり3ハロンタイム(推定)順位 着度数 勝率 連対率 3着内率
1位 3-2-1-21 11.1% 18.5% 22.2%
2位以下 0-2-2-79 0% 2.4% 4.8%

臨戦過程がポイント

過去10年の3着以内馬30頭中16頭は、前走が「日本ダービー」だった。該当馬は3着内率も45.7%と優秀な水準に達している。「日本ダービー」からの直行組は高く評価すべきだろう。〔表3〕

〔表3〕前走別成績(過去10年)
前走 着度数 勝率 連対率 3着内率
日本ダービー 7-5-4-19 20.0% 34.3% 45.7%
日本ダービー以外 3-5-6-110 2.4% 6.5% 11.3%

なお、前走が日本ダービー以外のレースだった馬のうち、そのレースの距離が1800メートル以外だった馬は3着内率6.7%と苦戦している。臨戦過程を比較する際は、前走が「日本ダービー」だった馬と、「1800メートル」だった馬を重視したい。〔表4〕

〔表4〕前走が「日本ダービー以外」だった馬の、そのレースの距離別成績(過去10年)
前走の距離 着度数 勝率 連対率 3着内率
1800m 3-1-4-27 8.6% 11.4% 22.9%
1800m以外 0-4-2-83 0% 4.5% 6.7%

馬格が明暗を分けそう

過去10年の3着以内馬30頭中23頭は、前走の馬体重が「470キログラム以上」だった。一方、「470キログラム未満」だった馬は3着内率11.7%とやや苦戦している。ちなみに、2015年以降の過去5年に限ると前走で「470キログラム未満」だった馬は〔0・1・1・30〕(3着内率6.3%)である。馬格のない馬は過信禁物とみておきたいところだ。〔表5〕

〔表5〕前走の馬体重別成績(過去10年)
前走の馬体重 着度数 勝率 連対率 3着内率
470kg未満 1-4-2-53 1.7% 8.3% 11.7%
470kg以上 9-6-8-76 9.1% 15.2% 23.2%

なお、前走の馬体重が「470キログラム未満」だった馬のうち、当レースでの馬番が「1番、2番」だった馬は、優勝こそないものの3着内率は44.4%に達している。その反面、「3番から18番」だった馬は3着内率5.9%と苦戦している。馬格がなく、3番から外の馬番となった馬は、評価を下げるべきだろう。〔表6〕

〔表6〕前走の馬体重が「470キログラム未満」だった馬の、セントライト記念での馬番別成績(過去10年)
馬番 着度数 勝率 連対率 3着内率
1番、2番 0-2-2-5 0% 22.2% 44.4%
3番〜18番 1-2-0-48 2.0% 5.9% 5.9%

近年はキャリアの浅い馬が優勢

過去5年に絞り込むと3着以内馬15頭中、2015年2着のミュゼエイリアン、2019年1着のリオンリオンを除く13頭は、通算出走数が「6戦以下」だった。一方、「7戦以上」だった馬は3着内率4.9%と苦戦している。近年の傾向を重視するならば、キャリアが浅い馬に注目したい。〔表7〕

〔表7〕通算出走数別成績(過去5年)
通算出走数 着度数 勝率 連対率 3着内率
6戦以内 4-4-5-21 11.8% 23.5% 38.2%
7戦以上 1-1-0-39 2.4% 4.9% 4.9%
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

前走との間隔が中6週以内だった馬は不振

過去5年の優勝馬5頭は、いずれも前走との間隔が中7週以上だった。また、これら5頭は、前走の馬体重が470キログラム以上だった点も共通している。勝ち馬を絞り込む際は、前走との間隔や、〔表5〕の項目で述べた前走での馬体重に注目したい。〔表8〕

(伊吹 雅也)

〔表8〕優勝馬の前走との間隔、前走の馬体重(過去5年)
年次 優勝馬 前走との間隔 前走の馬体重
2015年 キタサンブラック 中15週 520kg
2016年 ディーマジェスティ 中15週 472kg
2017年 ミッキースワロー 中7週 484kg
2018年 ジェネラーレウーノ 中15週 498kg
2019年 リオンリオン 中15週 474kg

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: