今週の注目レース

小倉2歳ステークス(GⅢ)

小倉競馬場 1200メートル(芝)馬齢 2歳オープン

データ分析

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

短距離戦線の素質馬が集う小倉2歳王者決定戦

昨年の3着馬ラウダシオンは、今年のNHKマイルCでGⅠ制覇を成し遂げた。この他にも、2018年1着のファンタジストが同年の京王杯2歳Sを、2016年1着のレーヌミノルが翌年の桜花賞を制すなど、この小倉2歳Sで上位に食い込んだ馬が後に格の高いレースを勝った例は少なくない。今秋以降の短距離重賞を展望するうえでも見逃せない一戦と言えそうだ。今回は過去10年のレース結果から、好走馬に共通するポイントを分析してみよう。

前走のパフォーマンスに注目

過去10年の3着以内馬30頭中28頭は、前走の上がり3ハロンタイム(推定)順位が「3位以内」だった。一方、「4位以下」だった馬は3着内率6.5%と苦戦している。〔表1〕

〔表1〕前走の上がり3ハロンタイム(推定)順位別成績(過去10年)
前走の上がり3ハロンタイム(推定)順位 着度数 勝率 連対率 3着内率
3位以内 10-9-9-95 8.1% 15.4% 22.8%
4位以下 0-1-1-29 0% 3.2% 6.5%

また、過去10年の3着以内馬30頭中29頭は、前走の4コーナー通過順が「6番手以内」だった。一方、「7番手以下」だった馬は3着内率7.1%と苦戦している。ちなみに、2014年以降の3着以内馬18頭は、いずれも前走の上がり3ハロンタイム(推定)順位が3位以内、かつ前走の4コーナー通過順が6番手以内だった。前走の上がり3ハロンタイム(推定)順位が「4位以下」だった馬や、前走で中団や後方からレースを進めていた馬はそれぞれ評価を下げたい。〔表2〕

〔表2〕前走の4コーナー通過順別成績(過去10年)
前走の4コーナー通過順 着度数 勝率 連対率 3着内率
6番手以内 10-10-9-111 7.1% 14.3% 20.7%
7番手以下 0-0-1-13 0% 0% 7.1%

前走との間隔がポイント

過去10年の小倉2歳Sにおける前走との間隔別成績を見ると、「連闘」、「中1週」だった馬は全て2着以下に敗れている。「中2週」だった馬は6頭が連対しているが、3着内率は14.3%にとどまっており、「中3週以上」の好走率が最も高くなっている。臨戦過程を比較する際は、前走から「中3週以上」で臨む馬を高く評価した方がよさそうだ。〔表3〕

〔表3〕前走との間隔別成績(過去10年)
前走との間隔 着度数 勝率 連対率 3着内率
連闘 0-1-1-13 0% 6.7% 13.3%
中1週 0-1-1-20 0% 4.5% 9.1%
中2週 3-3-1-42 6.1% 12.2% 14.3%
中3週以上 7-5-7-49 10.3% 17.6% 27.9%

キャリア「2戦以内」の馬が中心

過去10年の3着以内馬30頭中27頭は、通算出走数が「2戦以内」だった。一方、「3戦以上」だった馬は3着内率7.3%と苦戦している。キャリア3戦以上の馬は過信禁物とみるべきだろう。〔表4〕

〔表4〕通算出走数別成績(過去10年)
通算出走数 着度数 勝率 連対率 3着内率
2戦以内 9-9-9-86 8.0% 15.9% 23.9%
3戦以上 1-1-1-38 2.4% 4.9% 7.3%

なお、通算出走数が「3戦以上」だった馬で3着以内に入った3頭は、いずれも前走の着順が1着、かつ2着馬とのタイム差が0秒7以上だった。キャリア「3戦以上」だった馬の中で、前走を勝っていない馬や、勝っていたとしても2着馬に大きなタイム差をつけていなかった馬は、苦戦必至とみておきたい。〔表5〕

〔表5〕通算出走数が「3戦以上」だった馬の、前走の着順ならびに2着馬とのタイム差別成績(過去10年)
前走の着順ならびに2着馬とのタイム差 着度数 勝率 連対率 3着内率
1着、かつ2着馬とのタイム差が0秒7以上 1-1-1-3 16.7% 33.3% 50.0%
1着、かつ2着馬とのタイム差が0秒6以内、もしくは2着以下 0-0-0-35 0% 0% 0%

前走で「5枠から8枠」だった馬が好成績

過去10年の3着以内馬30頭中22頭は、前走の枠番が「5枠から8枠」だった。一方、「1枠から4枠」だった馬は3着内率11.8%と苦戦している。直近のレースでの枠番が5枠から8枠だった馬の方が、上位に入る確率は高いようだ。〔表6〕

〔表6〕前走の枠番別成績(過去10年)
前走の枠番 着度数 勝率 連対率 3着内率
1〜4枠 2-4-2-60 2.9% 8.8% 11.8%
5〜8枠 8-6-8-64 9.3% 16.3% 25.6%

なお、前走の枠番が「1枠から4枠」だった馬で3着以内に入った8頭のうち4頭は、前走の着順が1着、かつ2着馬とのタイム差が0秒7以上だった。前走が1枠から4枠で2着以下に敗れていた馬や、勝っていたとしても2着以下の馬に大きなタイム差をつけられなかった馬は、評価を下げるべきかもしれない。〔表7〕

〔表7〕前走の枠番が「1枠から4枠」だった馬の、前走の着順ならびに2着馬とのタイム差別成績(過去10年)
前走の着順ならびに2着馬とのタイム差 着度数 勝率 連対率 3着内率
1着、かつ2着馬とのタイム差が0秒7以上 1-3-0-5 11.1% 44.4% 44.4%
1着、かつ2着馬とのタイム差が0秒6以内、もしくは2着以下 1-1-2-55 1.7% 3.4% 6.8%
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

馬格や前走のデータをチェックしておきたい

過去10年の優勝馬10頭は、いずれも前走の馬体重が442キログラム以上482キログラム以下だった。極端に馬体重の軽い馬や重い馬は勝ち切れない可能性が高いとみるべきだろう。なお、同じく過去10年の優勝馬10頭は、前走の上がり3ハロンタイム(推定)順位が3位以内だった点、前走の4コーナー通過順が3番手以内だった点、前走との間隔が中2週以上だった点も共通している。〔表1〕、〔表2〕、〔表3〕で挙げたポイントもそれぞれ重視した方がよさそうだ。〔表8〕

(伊吹 雅也)

〔表8〕優勝馬の、前走の馬体重、前走の上がり3ハロンタイム(推定)順位、前走の4コーナー通過順、前走との間隔(過去10年)
年次 優勝馬 前走の馬体重 前走の上がり3ハロンタイム(推定)順位 前走の4コーナー通過順 前走との間隔
2010年 ブラウンワイルド 450kg 1位 2番手 中2週
2011年 エピセアローム 458kg 1位 1番手 中5週
2012年 マイネルエテルネル 460kg 2位 1番手 中4週
2013年 ホウライアキコ 446kg 1位 1番手 中4週
2014年 オーミアリス 442kg 2位 3番手 中4週
2015年 シュウジ 482kg 2位 1番手 中5週
2016年 レーヌミノル 458kg 2位 3番手 中3週
2017年 アサクサゲンキ 452kg 1位 1番手 中2週
2018年 ファンタジスト 448kg 3位 2番手 中6週
2019年 マイネルグリット 478kg 2位 3番手 中2週

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: